増やす
2018/05/17

ファッション・アパレル企業の株主優待5選 5万円弱から始められるお得な銘柄

(写真=miya227/Shutterstock.com)
(写真=miya227/Shutterstock.com)
株式投資の魅力の1つに「株主優待」があります。これは上場している企業が、株主に対して自社の商品やサービスの優待品を贈る制度。今回はアパレル・ファッション系企業の株主優待を5つご紹介します。

まずは、5万円以下で株式が買える銘柄から、10万円以下、15万円以下、30万円以下と値段ごとにみていきましょう(株価はすべて2018年5月8日の終値。文中、株式購入の手数料や割引券利用による利回りへの影響は考慮していません)。

【5万円以下】RIZAPグループでサプリや下着などをカタログから――マルコ

(写真=RobsPhoto/Shutterstock.com)

プロポーションを整えるための“体型補整下着”を販売するマルコ <9980> は、2016年7月にRIZAPグループ <2928> の一員となりました。それに伴い、株主優待品も下着や服装品、ダイエットをサポートする健康食品やサプリメント、スキンケア用品、雑貨、書籍まで多彩なラインアップとなっています。

100株保有で2,000円相当の商品を優待品カタログから選ぶことができます。そのほか、20%割引券がもらえます。3万2,500円で株式を購入して1年間保有すると4,000円相当なので利回りは10%以上になります。
  • 権利確定日 3月末日・9月末日(この時までに株をもっていないと優待は受けられません)
  • 株価 340円
  • 必要額 340円×100株(1単元)以上=3万4,000円以上
  • 公式サイト:https://www.maruko.com/ir/ (IR情報ページ)

【5万円以下】もらうと嬉しいブランドタオルなど――ダイドーリミテッド

(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

日本を代表するトラッドブランド「ニューヨーカー」など4つの有名ブランドを持つダイドーリミテッッド <3205> は、アパレル事業の他に不動産事業も展開しています。小田原ダイナシティという商業施設を元の工場跡地に開発・運営を行っている歴史ある会社です。

株主優待は100株以上で自社関連商品4,500円相当、2018年3月期はニューヨーカー「今治タオル2枚セット」でした。ブランドタオルはもらえると嬉しいアイテムですよね。毎回タオルとは限りませんが、品質の高いブランド小物はもらって嬉しい優待品と言えるでしょう。

2017年3月の配当実績は1株10円です。100株を4万7,000円で購入した場合、年間の配当金1,000円と優待品4,500円相当で利回りは約12%です。
1 2 3
Page 1 of 3
PREV 「応援したい会社に投資」は高リスク?なぜ個別株は「資産形成」に向かないのか
NEXT つみたてNISAは「お金がない」「投資がわからない」人向きだった