つみたてNISAで人気の証券会社としてよく名前が挙がる「SBI証券」。人気の秘密はどのようなものでしょうか?また同じくつみたてNISAで人気の「楽天証券」との違いも気になりますよね。

この記事では、SBI証券でつみたてNISAを始めるメリットについて、Tポイントと連携したポイントプログラムの内容、楽天証券との比較などさまざまな角度からチェックしてみます。

まずは「つみたてNISA」の基本を知ろう

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=umaruchan4678/stock.adobe.com)

SBI証券でつみたてNISAを始める前に、つみたてNISAについて知っておきましょう。

少額の積立投資を支援する国の制度である

つみたてNISAは長期で少額の積立分散投資を行う人を支援する、国の少額非課税投資制度です。2018年1月より始まりました。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。
出典:金融庁『つみたてNISAの概要』

その投資対象商品は、法令で以下のような条件を満たすものと定められています。

• 販売手数料が0円(ノーロード)で信託報酬が低い
• 頻繁に分配金が支払われない など

それにもとづき、つみたてNISAで買える投資対象商品は厳選された投資信託のみです。具体的には「公募株式投資信託」と「上場株式投資信託(以下・ETF)」が投資対象商品となります。

\つみたてNISAにおすすめのネット証券/

つみたてNISAにおすすめの証券会社
2021年8月時点
会社名 SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券 auカブコム証券
商品数 175本 177本 170本 151本 157本
売買手数料 無料 無料 無料 無料 無料
最低投資金額 100円 100円 100円 100円 100円
ポイント還元 Tポイント 楽天スーパー
ポイント
資産形成ポイント
松井証券ポイント マネックスポイント 毎月ポイント
積立コース 毎月
毎週
毎日
毎月
毎日
毎月 毎月 毎月
ココがおすすめ 豊富な
商品ラインナップ
楽天ポイント
が貯まる
マネックスポイントが貯まる サポートが手厚い 現物株式の取引手数料が最大5%割引
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ

NISAと「つみたてNISA」の違い

ここで、同じ少額非課税投資制度であるNISAとの違いについて見ていきましょう。つみたてNISAとNISAの違いを表にしてみました。

NISA(一般NISA) つみたてNISA
利用できる人 日本在住の20歳以上
(口座開設年の1月1日現在)
日本在住の20歳以上
(口座開設年の1月1日現在)
投資対象商品 株式投資信託、国内・海外上場株式、
国内・海外ETF、ETN
(上場投資証券)、
国内・海外REIT、新株予約権付社債
(ワラント債)
公募株式投資信託および
上場株式投資信託(ETF)
※長期の積立・分散投資に
適した一定の投資信託
非課税対象 上記の対象商品から
得られる分配金や譲渡益
上記の対象商品から得られる
配当金・分配金・譲渡益
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円
非課税期間 最大5年 最大20年
投資可能期間 2014年~2023年 2018年~2037年
購入方法 自分で購入時期や
購入額を決める
定期的に一定額が
自動購入される

このようにつみたてNISAとNISA(一般NISA)は内容が大きく異なります。特に大きな相違点は、投資対象商品、非課税投資枠、非課税期間、購入方法です。

つみたてNISAは長期で少額ずつ運用することを前提としており、投資初心者でも低リスクで無理なく投資ができるようになっています。対して、NISAはまとまった金額を5年以内の短期スパンで運用していく形となっているため、ある程度投資に慣れた人におすすめできるといえるでしょう。
大岩楓(元銀行員ライター)

つみたてNISAのメリットとデメリット

つみたてNISAの主なメリット・デメリットは、以下の通りです。

つみたてNISAのメリット
  • 配当金や売却金などの利益が非課税
  • 長期非課税期間で少額の積み立て投資が可能

通常は利益にかかる20.315%の税金がゼロになるのは非常に大きなメリットです。

つみたてNISAのデメリット
  • 開設できるNISA口座が一人1口座のみ
  • つみたてNISAと一般NISAの併用ができない

以上に加えて、利用者にとってデメリットに感じることはほかにもあります。

まず、1年間の投資枠が40万円と限られているため、年間の投資枠が余っても翌年以降に繰り越せません。さらに損失が出てもほかの証券口座で出た利益で損失を相殺する「損益通算」ができないことになっているので注意が必要です。

しかしこれらのデメリットがあっても、非課税というのは大きな魅力。デメリットに注意しながら上手に利用すれば、大きな恩恵を受けられるでしょう。

以上をふまえたうえで、次はSBI証券のつみたてNISAについて説明します。

出典:金融庁『あなたとNISA』

\つみたてNISAにおすすめのネット証券/

つみたてNISAにおすすめの証券会社
2021年8月時点
会社名 SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券 auカブコム証券
商品数 175本 177本 170本 151本 157本
売買手数料 無料 無料 無料 無料 無料
最低投資金額 100円 100円 100円 100円 100円
ポイント還元 Tポイント 楽天スーパー
ポイント
資産形成ポイント
松井証券ポイント マネックスポイント 毎月ポイント
積立コース 毎月
毎週
毎日
毎月
毎日
毎月 毎月 毎月
ココがおすすめ 豊富な
商品ラインナップ
楽天ポイント
が貯まる
マネックスポイントが貯まる サポートが手厚い 現物株式の取引手数料が最大5%割引
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ
申し込む
公式サイトへ


SBI証券でつみたてNISAを始める6つのメリット

ここからは、SBI証券でつみたてNISAを始めるメリットを6つお伝えします。

①取扱商品が多い
②100円から積立投資できる
③積立回数の選択肢が多い
④「NISA枠ぎりぎり注文」で効率的に投資できる
⑤三井住友カードで「クレカ積立」ができる
⑥「カートつみたて」で複数銘柄の積立設定が一括でできる

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット① 取り扱い商品が多い

SBI証券で取り扱うつみたてNISAの投資対象商品数は、2021年8月28日時点で175本です。

金融庁が定めた投資対象商品数が199本(2021日8月28日時点・2021年6月18日発表の最新情報に基づく)ですから、約88%の本数をSBI証券で取り扱っていることになります。

商品の選択肢も多く、ニーズに合った商品が見つかりやすいでしょう。

SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット② 100円から積立投資できる

SBI証券のつみたてNISAは、一部の商品を除き最小で100円から積立投資ができます。その最大のメリットは非課税枠を有効に使えることです。

例えば、年間の非課税枠40万円のうち39万9,900円使った場合でも100円から投資できる投資対象商品に投資すれば、きっちり非課税枠を使い切れます。

通常は最小積立投資額を1,000円にしているところが多い中、そのような少額の投資もできるのはSBI証券の大きなメリットだといえるでしょう。

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット③ 積立回数の選択肢が多い

積立回数の選択肢が多いのもSBI証券の強みです。積立回数は以下の5つから選べます。

1. 毎日:毎日同じ日の違う時間ごとに分散投資できる
2. 毎週:好きな曜日を選んで投資できる
3. 毎月:1ヵ月のうち好きな1日を選んで投資できる
4. 複数日:好きな日付を複数選んで投資できる
5. 隔月:隔月での投資もできる

これだけ積立回数がバラエティに富んでいれば自分に合った積み立てが可能でしょう。

SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット④ 「NISA枠ぎりぎり注文」で効率的に投資できる

投資額がつみたてNISAの非課税投資枠を超えそうな場合、「NISA枠ぎりぎり注文」ができるのもSBI証券ならではのメリットです。

例えば「毎月の投資額よりつみたてNISA非課税枠の残りが少ない」場合、積み立て設定金額を下げて買い付けができます。可能な限りNISAの非課税枠を使い切るための注文方法です。

SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット⑤ 三井住友カードで「クレカ積立」ができる

三井住友カードがあれば、クレジット決済でつみたてNISAの買い付けも可能です。 一度設定すれば自動的に積み立てが始まるので入金の手間がかかりません。

このサービスでは、つみたてNISAを含むSBI 証券での投信積立で0.5%のVポイント(SBIグループのサービスで使える共通ポイント)が還元されます。

三井住友カードをお持ちの場合は、ぜひ「クレカ積立」の設定を行いましょう。

SBI証券でつみたてNISAを始めるメリット⑥ 「カートつみたて」で複数銘柄の積立設定が一括でできる

SBI証券にはつみたてNISA設定専用画面があり、そこで複数銘柄の積立設定が一括でできます。また画面上には、つみたてNISA投資可能枠の利用状況がひと目で分かるグラフも表示されます。

その他にもSBI証券のメリットとしてTポイントがたまる「Tポイントサービス」がありますが、それについてはのちほど詳しく説明します。
大岩楓(元銀行員ライター)

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券のつみたてNISAで注意すべき点

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=metamorworks/stock.adobe.com)

SBI証券でつみたてNISAを始める場合に注意すべき点は次の2点です。

① 注文を行った日と実際の買付日がずれる場合がある
② NISA枠を使い切れないケースもある

SBI証券つみたてNISAの注意点① 注文を行った日と実際の買付日がずれる場合がある

SBI証券のつみたてNISAは、注文を行った日の翌日以降に買付が行われる場合があります。

また買付の記録がアカウントページに掲載される日が、買付日より3営業日以後となる点も注意が必要です。買付の確認はそれ以降に行いましょう。

SBI証券つみたてNISAの注意点② NISA枠を使い切れないケースもある

SBI証券つみたてNISAには複数の積立コースがあり、コースごとに1回に積み立てる金額の上限額が決まっています。

例えば年の後半からつみたてNISAを始めた場合は40万円の年間投資枠を使い切れません。その場合は別途「ボーナス設定」や「NISA枠ぎりぎり注文」の設定が必要です。

以上の注意点についても理解したうえでつみたてNISAを始めましょう。

SBI証券つみたてNISA口座の開設手順

SBI証券でつみたてNISAを始める手順を解説します。口座開設の方法はオンラインと郵送の2つですがここではオンラインでの口座開設手順を説明します。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=fuelle編集部作成)

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券つみたてNISA口座の開設手順 1. 口座開設の申し込みを行う

SBI証券でつみたてNISA口座を開設する手続きは、「すでにSBI証券で総合口座をもっているかどうか」で異なります。

・SBI証券で総合口座を持っていない人→「総合口座」の開設と「つみたてNISA口座」の開設を同時に行います。
・SBI証券で総合口座を持っている人→「つみたてNISA口座」の開設だけを行います。

ここでは、「SBI証券の総合口座を持っていないケース」で流れを説明します。次の手順で申し込みを進めましょう。

総合口座をすでに持っている人は、 「SBI証券で総合口座を持っている人」のつみたてNISA口座の開設手順 で進め方を確認してください。
  • SBI証券の新規口座開設ページにアクセスします。
  • メールアドレスを登録します。
  • SBI証券から登録メールアドレスに届いた認証コードを入力します。
  • フォームに必要事項を入力します。
    申込者の情報(居住国、住所氏名、生年月日など)を入力
    「つみたてNISAを申し込む」にチェックを入れる
  • 入力内容および各種規約を確認します。
  • 口座開設方法を選択します(「ネットで口座開設」または「郵送」)
    最短翌営業日に総合口座を開設できる「ネットで口座開設」がおすすめです。
ステップ4で「つみたてNISAに申し込む」にチェックを入れるのを忘れないようにしてください。

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券つみたてNISA口座の開設手順2. 本人確認書類を提出する

続いて、本人確認書類を提出します。書類の提出方法は以下の2つのケースに分かれます。自分が①と②のどちらに該当するのかを確認して必要な書類を揃えましょう。

① その場で本人確認書類を
スマホ撮影して提出できる人
以下のいずれかを選択
●マイナンバーカード

●マイナンバー通知カード+
運転免許証の組み合わせ
② その場でスマホ撮影した
本人確認書類を送れない人
(以下参照)


・スマホを持っていない人
・上記書類の組み合わせができない人
・撮影済みの本人確認書類を利用したい人
・「ステップ1」で「郵送」を選んだ人
以下のいずれかを選択
●マイナンバーカード+
その他本人確認書類1種類

●マイナンバー通知カード+
その他本人確認書類2種類


【その他本人確認書類一覧】
・運転免許証
・運転経歴証明書
・住民基本台帳カード(写真付き)
・日本国パスポート
・住民票の写し
・各種健康保険証
・印鑑証明書

①の「その場で本人確認書類をスマホ撮影して提出できる人」は所定の手順で本人書類を撮影してSBI証券に送信します。

②に該当する人は以下のいずれかの方法で本人確認書類を送ります。

本人確認書類をスマホ撮影できない人の【書類提出方法】
・ネット経由で送る場合:所定の手順で本人確認書類の画像をSBI証券に送信する
・郵送する場合:SBI証券から郵送される口座開設手続き書類に添付して返送する

SBI証券つみたてNISA口座の開設手順3. 開設の連絡が届くので確認する

以上の手続きが終わると、申し込みから2営業日以降に総合口座とつみたてNISA口座(仮)開設の連絡が届きますので確認しましょう。

その後SBI証券が税務署につみたて口座開設の審査を依頼し、それに通るとつみたてNISA口座が本開設されて取引ができるようなります。

「SBI証券で総合口座を持っている人」のつみたてNISA口座の開設手順

すでにSBI証券に総合口座がある人は以下のステップでつみたてNISA口座開設手続き進めます。

  • 「NISA・つみたてNISAに申し込む」ボタンから申し込み画面に進む
  • 申し込みでフォームの入力と必要書類のアップロードを行う

なお必要書類のアップロード方法は、SBI証券でマイナンバーの登録が済んでいるか否かで異なります。自分はどちらに当てはまるのかを確認して書類を用意しましょう。

マイナンバー登録済みの場合 マイナンバー未登録の場合
本人確認書類1種類

・マイナンバーカード
・運転免許証
・日本国内パスポート
・健康保険証
・印鑑登録証明書
・マイナンバーの記載がない住民票の写し
・在留カード
・特別永住者証明書
マイナンバーカード+
その他本人確認書類1種類

※その他本人確認書類は左記の
運転免許証以下と同じ

その後の進め方はSBI証券総合口座・つみたてNISA口座同時開設の場合と同じです。

つみたてNISAの税務署審査に関する注意事項

ここで、つみたてNISAの税務署審査についての注意点を記しておきます。以下に該当すると税務署の審査には通りません。

・他の金融機関につみたてNISAまたはNISAの口座がある
つみたてNISA・NISAともに口座は1つの金融機関でしか作れません。SBI証券でつみたてNISを始めたい場合は、まず金融機関の変更手続きを取る必要があります。

・NISAの口座を持っている
つみたてNISAは、NISAと併用できないため、つみたてNISAを始める場合は、NISAの口座を閉鎖する必要があります(2021年時点)。

自分が当てはまらないか、手続きを始める前にチェックしておきましょう。

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券のつみたてNISAでTポイントを貯める!「Tポイントサービス」とは?

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=metamorworks/stock.adobe.com)

SBI証券には、取引状況に応じたTポイントが貯められるほか、貯まったポイントをポイント投資に使える「Tポイントサービス」があります。

Tポイントとは
全国のTポイント提携先で使える共通ポイント。インターネットの提携先も多数あります。利用金額によってポイントを貯めたり、使ったりすることができます。

SBI証券のつみたてNISAを「保有しているだけ」でTポイントが貯まる

SBI証券の「Tポイントサービス」は、SBI証券の利用状況に応じてTポイントがたまるサービスです。「新規口座開設」や「国内株式の取引」など、SBI証券での様々な取引やサービスの利用でポイントをゲットできます。

もちろんつみたてNISAでの投資信託もポイント獲得対象。

対象となる投資信託の月間平均保有額に応じて、毎月以下のTポイントが付与されます。
・1,000万円以上で0.2%
・1,000万未満で0.1%

※つみたてNISAは「投信マイレージサービス」(投資信託の保有金額に対してポイントが付与されるサービス)の対象としてTポイントが付与されます。

Tポイントが貯まればSBI証券でポイント投資もできる

貯まったTポイントは一定の条件の下でポイント投資に使うこともできます。

SBI証券ではつみたてNISAで貯まったTポイントを100円からポイント投資に使うことができます。つみたてNISAの投資信託にはポイント投資が可能な銘柄が多数あるので、ぜひトライしてみてください。

また、SBI証券で「Tカード番号登録」を行うと、さらにお得な形でポイント投資ができます。

Tカード登録とは?
SBI証券のTポイントサービスの一つです。現在所有するTカード番号をSBI証券に登録すると、SBI証券での取引以外で貯まったTポイントもポイント投資に使えるようになります。

以上の恩恵を受けるためにも、Tポイントサービスに申し込む際はTカード登録もセットで行いましょう。

SBI証券の「Tポイントサービス」を利用するには

前述した「Tポイントサービス」を利用するためには、「Tポイントサービス」への申込が必須です。ここではその方法について詳しく説明します。また「Tカード登録」の申し込み手順もあわせて説明します。

SBI証券「Tポイントサービス」の申し込み手順

手順1. SBI証券トップページより「口座管理」→「お客様情報設定・変更」→「ポイント・外部ID連携」をクリックし、ポイントプログラムのトップ画面を表示します。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=SBI証券Webサイトより引用)

手順2.「ポイントサービス」画面の「保有Tポイント数・履歴はこちら」をクリックし、 Tポイント画面を出します。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=SBI証券Webサイトより引用)

手順3. Tポイント画面の「Tポイント利用状況・保有ポイント数」より「SBI証券Tポイントサービス」欄の「申し込む」ボタンをクリックします。

手順4. 利用規約を読んだ後に「申し込む」ボタンを押すと申し込みが完了します。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=SBI証券Webサイトより引用)

以上の手続が終わったら、つみたてNISA口座のTポイントがつき、貯まったTポイントはポイント投資にも使えるようにもなります。

SBI証券「Tカード番号登録」の設定手順

手順1. SBI証券トップページより「口座管理」→「お客様情報設定・変更」→「ポイント・外部ID連携」をクリックし、ポイントプログラムのトップ画面を表示します。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=SBI証券Webサイトより引用)

手順2.「保有Tポイント数・履歴はこちら」をクリックし 「Tポイント」のトップ画面を表示します。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=SBI証券Webサイトより引用)

手順3.「Tカード番号登録」の「実施する」をクリックし、Tカード登録画面に進みます。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=SBI証券Webサイトより引用)

手順4. 「上記の内容を確認し同意しました」にチェックを入れてYahoo!JAPANにログインします。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=SBI証券Webサイトより引用)

手順5. Tカード番号確認画面で番号を確認した後「登録する」を押します。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=)

以上の手続きが終わると、Tカードに貯まったポイントをすべてポイント投資に使用することも可能です。

SBI証券のつみたてNISA、人気商品ベスト5

SBI証券のつみたてNISA、人気商品ベスト5(2021年8月の月間積立設定件数)をご紹介します。

SBI証券のつみたてNISA、人気商品ベスト5
ファンド名 基準価額 総資産 信託報酬
1 SBI-SBI・V・S&P500
インデックス・ファンド
1万5,653円 2,971億
700万円
0.0938%程度
2 SBI-SBI・V・全米株式
インデックス・ファンド
1万273円 203億
5,600万円
0.0938%程度
3 三菱UFJ国際-
eMAXIS Slim全世界株式
(オール・カントリー)
1万5,629円 2,574億
4,800万円
0.1144%以内
4 三菱UFJ国際-eMAXIS
Slim米国株式(S&P500)
1万7,067円 5,978億
1,100万円
0.0968%以内
5 三菱UFJ国際-eMAXIS
Slimバランス(8資産均等型)
1万3,258円 1,095億
1,500万円
0.154%以内

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

1位 SBI-SBI・V・S&P500インデックス・ファンド

「バンガード・S&P500ETF」を通して、円換算ベースで S&P500指数(米国の代表的な株価指数)に連動した利益をめざすインデックス・ファンドです。

2位 SBI-SBI・V・全米株式インデックス・ファンド

「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF」を通じて円換算ベースのCRSP USトータル・マーケット・インデックスに連動する投資成果をめざすインデックス・ファンドです。

3位 三菱UFJ国際-eMAXIS SLIM 全世界株式(オール・カントリー)

日本を除く先進国の株価動向を示す「MSCIコクサイ」に連動した利益をめざすインデックス・ファンドです。日本以外の49ヵ国の株式2,981銘柄(2020年11月30日時点)に分散投資できます。

4位 三菱UFJ国際-eMAXIS SLIM 米国株式(S&P500)

米国のS&P500指数(配当込み円換算ベース)に連動した利益をめざすインデックス・ファンドです、この1本で、米国主要産業約500社に投資できます。

5位 三菱UFJ国際-eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

日本を含む世界各国の株式・公社債・不動産投資信託証券市場に投資するファンドです。投資対象資産の指数を均等比率で組み合わせた合成ベンチマークに連動する成果をめざします。

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券のつみたてNISAは、市場に連動し信託報酬が安く低リスクで運用するインデックスファンドが根強い人気です。

しかし最近は資産を守る要素が強くなおかつリターンも期待できる一部のアクティブファンドや、株式と債券を組み合わせたバランスファンドに挑戦する人も増えているようです。

SBI証券でつみたてNISAができるようになったら上述した「Tポイントサービス」のメリットや申込方法についても確認してみましょう。
大岩楓(元銀行員ライター)

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券の特徴

「SBI証券」自体の特徴についてもチェックしておきましょう。

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=fuelle編集部作成)

SBI証券の特徴1:NISA口座数は主要ネット証券NO.1

ネット証券最大手と言われるSBI証券。実際に証券総合口座数も主要ネット証券ナンバーワンの数字です。SBI証券は以下の項目で主要ネット証券NO.1。つみたてNISAを含むNISA口座数もトップとなっています。

証券総合口座数 603万口座
預り資産残高 19兆3千億円
NISA口座数(つみたてNISA含む) 213万口座
出典:SBI証券(2021年3月末現在)

SBI証券の特徴2:IPOの取り扱い数業界トップ

IPO銘柄(新規上場・公開銘柄)の取扱数は業界トップ。2021年3月通期のIPO銘柄取扱数は80社。IPO全銘柄における関与率は93%となっています。

SBI証券の特徴3:各種サービスが充実している

先述したTポイントサービスやクレカ積立のほか、夜間でも株取引できる業界初の「夜間PTS」、つみたてNISAの取引もスマホでできる「かんたん積立アプリ」などの各種サービスが充実しています。

以上の特徴から個人投資家を中心に人気が高いSBI証券は、つみたてNISAを始める人にもおすすめできる証券会社です。

SBI証券と楽天証券のどちらがお得?

(画像=lovelyday12 / stock.adobe.com)

最後に、よく比較される「SBI証券」と「楽天証券」はどちらがお得なのか、チェックしてみましょう。

SBI証券と楽天証券の比較

SBI証券 楽天証券
商品数 175本 177本
積立のサイクル 毎日、毎週、毎月、
複数日、隔日
毎月、毎日
最小積立金額 100円 100円
ポイント投資の可否 100ポイントから可
(1ポイント1円換算)
100ポイントから可
(1ポイント1円換算)

上の表は、特に比較されるポイントをまとめたものです。各項目について解説します。

・商品数
商品数の多さでは楽天証券がSBI証券をわずかに上回りますが、おおむね同程度です。

・積み立てのサイクル
SBI証券は5つのサイクルがありますが楽天証券は毎月のみです。さまざまなサイクルで複数のファンドを積み立てたいならSBI証券を選ぶといいでしょう。

・最小積立金額
SBI証券、楽天証券ともに100円(1ポイント1円で換算)から投資できます。

・ポイント投資
どちらも100ポイント(1ポイント1円換算)から可能です。

SBI証券と楽天証券で迷ったらポイント制度で選んでも

上でチェックしたように、商品数や最小積立金額などは基本的にはSBI証券と楽天証券はほぼ互角と言えるでしょう。どうしても決められないという人は、ポイント制度で選んでみるのも一つの手です。

投資により付与されるポイントはそれぞれ以下となります。

  • SBI証券:Tポイント・Vポイント(三井住友カードのみ)
  • 楽天証券:楽天ポイント(楽天証券ポイント・楽天スーパーポイント)

楽天証券は、楽天銀行との連携でさらに楽天ポイントがつく「ハッピープログラム」や「マネーブリッジ」などがあります。

一方、2021年6月30日より、SBI証券は新たに三井住友カードで積立投資信託が買える「クレカ積立」が開始されています。また2021年6月30日~12月10日までポイントが3倍の1.5%になる「スタートアップキャンペーン」も実施中です。加えて、三井住友カードユーザーなら「クレカ積立」でVポイントも貯まります。

以上のことを理解したうえで、自分にとってお得感が強い証券会社を選ぶことがおすすめです。

■積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

■投資信託の保有だけで楽天ポイントがたまる、貯まったポイントで積立投資も可能

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

豊富な商品数から選べるSBI証券のつみたてNISAでTポイントもゲットしよう

sbi証券,tポイント,つみたてnisa
(画像=miya227/stock.adobe.com)

SBI証券が展開するつみたてNISAは170本を超えています。多様なラインナップからお好きな投資信託を選ぶことができるでしょう。

また積み立てのサイクルが5つもあり、非課税投資枠を無駄なく使えるサービスやポイント投資、Tポイントを増やせるポイントプログラムも利用できるのも大きな魅力です。

つみたてNISAに興味のある人は、一度SBI証券のホームページをチェックしてみましょう。

SBI証券のつみたてNISAとTポイントについて Q&A

Q

A
SBI証券のつみたてNISAでTポイントは貯まる?
貯まります。対象となる投資信託の月間平均保有額に応じて毎月Tポイントが付与されます。貯まったTポイントはポイント投資にも使えるようにもなります。

Q

A
SBI証券でつみたてNISAを始めるメリットは?
いくつかありますが、最大のメリットは取り扱い商品の多さです。金融庁が定めた投資対象商品数が199本(2021年8月28日時点)に対し、約88%の本数をSBI証券で取り扱っていることになります。そのためニーズに合った商品が見つかりやすいでしょう。

Q

A
SBI証券のつみたてNISAはいくらから積み立てられる?
一部の商品を除き最小で100円から積立投資ができます。少額の投資もできるのはSBI証券の大きな特徴です。

大岩楓
元銀行員ライター。預金・為替業務に長く携わった経験をもとに、節約などの記事を多数執筆。現在はジャンルを広げて教育系の資格を生かした記事まで幅広く執筆。
元銀行員ライター。預金・為替業務に長く携わった経験をもとに、節約などの記事を多数執筆。現在はジャンルを広げて教育系の資格を生かした記事まで幅広く執筆。

【こちらの記事も読まれています】
つみたてNISAにおすすめの口座ベスト3
FP直伝!つみたてNISAの選び方3つのポイント
つみたてNISAの商品はどう選ぶ?FP厳選おすすめ商品3つ
つみたてNISAで投資初心者におすすめの証券会社はどこ?5社
NISAとiDeCoはどちらがお得?特徴や違いをFPが解説

ネット証券おすすめ一覧