増やす
2019/07/25

憧れの馬主生活!「一口馬主」の仕組みや出資方法を解説

一口馬主になるためには

一口馬主になるためには以下のフローを参照するといいだろう。

(1)一口馬主クラブの情報を集める
(2)一口馬主クラブの会員登録をする
(3)一口馬主クラブを通じて競走馬に出資をする

まず一口馬主クラブの情報を集めなければならない。気になる一口馬主クラブに資料請求をすると、そのクラブの特徴を知ることができる。既に説明したとおり、競走馬に関する意思決定はできないため、自分の考えと合致するクラブを見つけると良い。

続いて一口馬主クラブの会員登録をする。登録するクラブが決まったら「入会申込書」を提出する。本人確認書類等や入会金を提出すれば会員になれる。なお、基本的にクラブによる審査はない。

最後に一口馬主クラブを通じて競走馬に出資をする。出資には期限があり、それまでに出資をしなければならない。なお、万口にならなくても、クラブが買い取るので安心していい。

一口馬主のリターンの現実……

一口馬主の黒字率は「約13%」程度と言われている。なお、リターン率は分かっていない。

黒字率とは、文字通り黒字になる割合のことだ。つまり、裏を返すと約87%の人が赤字になる訳である。これは競走馬の強さによって賞金が変わるため仕方のないことである。

もし競走馬がG1レースで1着になれば数千万円~数億円の賞金を獲得することになる。なお、受取金額は賞金金額の6割~7割程度を口数で分割した金額が一般的だ。

したがって、一口馬主はハイリスクハイリターンの投資だと言えるだろう。そのため、投資先として選ぶのか、それとも趣味として始めるのかは注意しておきたいことである。

一口馬主について見てきたがいかがだっただろうか。馬主になることはロマンだ。そして一口馬主なら普通に馬主になるよりも簡単に馬主になれる。もし将来的に馬主になりたいと考えているなら、一口馬主サービスを活用してみるのもいいだろう。

文・吉田昌弘(フリーライター)/ZUU online

【こちらの記事もおすすめ】
1万円から始められる投資って?
リスク許容度がわかる10のチェックリスト
「おつり投資」「ポイント投資」って?
楽ちん「投信つみたて」とは?
投資のはじめの第一歩
1 2
Page 2 of 2
PREV 投資を始めるときに知っておきたい「独立系の運用会社」とは
NEXT 「不動産投資」について学べる書籍5選

続きを読む

Feature