貯める&備える
2020/06/18

老後資金3000万を準備した夫婦に待っていた悲劇

老後破産にならないための3つの心得

人生100年時代、60歳で定年を迎える人は、さらに40年間の残りの人生があります。定年後の暮らしは現役時代のそれとは大きく異なり、毎月の給与が突然なくなることに不安を感じる人もいるでしょう。老後も安心して暮らすには、定年退職前の入念な老後資金計画と備えが欠かせません。

老後破産を防ぐために重要なポイントは以下の3点です。
  1. 支出を把握する
  2. 収入を増やす
  3. リスクに備える

老後の備えはお早めに

老後必要な資金は人それぞれ。自分の生活水準や世帯構成、住環境などを総合的に考え、不足のないよう備えておきたいですね。準備は早すぎることはないので、今からできることを少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。

文・fuelle編集部

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
将来お金持ちになる男性の共通点5つ

1 2
Page 2 of 2
PREV 30代共働き夫婦で貯金は300万円 賃貸・マイホームどちらにすべき?
NEXT 社会人の貯金額の目安を年齢別に紹介。40歳で貯金500万円は少ない?

続きを読む






Feature