貯める&備える
2020/02/08

会社員でもすぐに始められる!お得な節税方法3つ

医療費控除の準備をする(通院などの領収書を集める)

医療費控除は見逃しがちな節税方法の一つです。1世帯で年間10万円以上医療費を払っている場合は、所得が控除されるため該当する場合はぜひ活用しましょう。医療を受けて医療保険などを受け取った場合は、支払った医療費を補てんしたとみなされますので支払った医療費から支給された保険金はマイナスするようにします

また、2017年から始まったセルフメディケーション税制も忘れてはいけません。健康診断を受けることにより対象となる市販薬などを1万2,000円以上購入することで控除の対象となります。

iDeCo(イデコ)とふるさと納税は、すぐにでも始められる節税であり、医療費控除もまた、医療費がかかった際には覚えておきたい節税方法です。今払っている税金を少しでも節約したい場合は、ぜひとも確認しておきましょう。
 
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。
 
大手Slerにてシステムエンジニアを経験後、フリーランスのライターに。FX・保険・不動産・フィンテックなど、金融に関する記事を多く手掛ける。
 


【こちらの記事もおすすめ】
iDeCo(個人型確定拠出年金)はSBI証券と楽天証券どちらがおすすめ?FPが解説
iDeCo(個人型確定拠出年金)そろそろ始めたい!金融機関と運用商品ランキング
iDeco(個人型確定拠出年金)におすすめの金融機関は?失敗しない選び方も解説!
iDeCo(個人型確定拠出年金)で節税できる仕組みを解説。年収500万円でいくら得する?
iDeCo博士になろう!iDeCoについて徹底解説
1 2
Page 2 of 2
PREV ネット銀行のリスク5つ&対処方法を紹介
NEXT 所得補償保険は私にも必要?検討ポイントとメリット・デメリット

続きを読む






Feature