ライフ
2018/10/07

アメリカはいつまで世界一の経済大国でいられる?

資料2 経済成長率と人口増加幅予測ランキング

期待されるアジアのインフラ投資

こうした中、今後の世界経済の成長のエンジンを確認するという意味で、アジアのインフラ需要が期待されている。そこで以下では、2030年にかけてアジアのインフラ投資がどの程度期待され、地域や分野別ではどういう傾向があるかを見てみよう。

実際にそうした予測を、アジア開発銀行が2017年にアジアのインフラ需要予測を公表しており、地域別や分野別の予測も公表している。これによれば、アジアのインフラ需要は2016年から2030年にかけて累計で26兆ドルにも上ると予想されている。

さらに、その推移をみると、2015年時点では0.9兆ドルとなっているのが、2016-2020年にかけては年平均1.3兆ドル、2021-2030年に至っては年平均1.9兆ドルの予測となっている。従って、アジアのインフラ投資は2016-2030年にかけて世界の名目GDPの4~7%の水準で推移することになる。また地域別・分野別で見れば、特に東アジアや南アジアの電力や交通・運輸関連の需要拡大が期待されることが見込まれる。

以上より、今後は世界経済におけるアジアの存在感が高まる可能性が高く、いかにこの需要を取り込むことができるか否かが、長期的な日本経済の今後を左右するといえよう。

資料3 アジアのインフラ需要予測


文・永濱利廣(第一生命経済研究所 経済調査部 首席エコノミスト)/ZUU online

【こちらの記事もおすすめ】
女性を超える関心度!?「オトコの美活」意識調査結果
住宅ローン控除(減税)をフル活用するための基本の「き」
実はハイリスクなライフイベントTOP5。転職、住宅購入、結婚……
2018年マンションの「駆け込み」需要が起きるってホント?
じぶん時間がもっと増える「ちょこっと家事代行」3選
1 2
Page 2 of 2
PREV 年収300万円でも大丈夫 気楽に過ごす4つのコツとは?
NEXT 低金利だからこそ気をつけたい「住宅ローン」を借りた後のこと

続きを読む

Feature