積立NISAは上限額超えたらどうなる?
(画像=fuelle編集部)

つみたてNISAは運用で利益が出ても税金がかかりませんが、無制限に非課税となるわけではありません。上限が設定されています。そのため、「つみたてNISAの上限額を超えるとどうなるの?」「上限を超えないようにするにはどうすればいい?」といった疑問がある人もいるのではないでしょうか。この記事ではそんな疑問を解消します!

この記事でわかること
  • つみたてNISAの投資可能な上限金額は年間40万円
  • 積み立ては金融機関のシステム上、上限を超えてしまうことは基本的にない
  • ただし「分配金の再投資」があると上限を超えてしまうことがある
  • 金融機関の多くは上限を超えた分は課税口座に移し、発生した利益には税金がかかる
  • とはいえ上限を超えることを恐れず、年間40万円まで使い切りたい
  • 枠を使い切るには、ボーナス設定などのある金融機関を選ぶのがおすすめ

つみたてNISAのおすすめ証券会社
2022年6月時点
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
会社名 楽天証券 SBI証券 マネックス証券 auカブコム証券 松井証券 SMBC日興証券 大和証券 野村證券 みずほ証券 SBIネオトレード証券
取扱銘柄数 181本 183本 152本 171本 173本 158本 22本 7本 3本 1本
最低投資金額 100円 100円 100円 100円 100円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円
積立コース 毎月
毎日
毎月
毎週
毎日
毎月
毎日
毎月 毎月 毎月 毎月/毎週/毎日/隔月/3ヵ月ごと/4ヵ月ごと/6ヵ月ごと 毎月 毎月 毎月
ポイント還元 楽天ポイント Tポイント
Pontaポイント
dポイント
Vポイント
マネックスポイント Pontaポイント 松井証券ポイント
クレジット
カード決済
ポイント還元率
楽天カード
1%(※1)
三井住友カード
0.5%(※2)
マネックスカード
1.1%
au PAYカード
1%
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
詳細はこちら
公式サイトへ
※1.2022年9月より1%または0.2%
※2.三井住友カードの一般カード。一部のカードは1%または2%
※ランキング根拠はこちら

積立NISAの上限額はいくら?超えたらどうなる?

積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=fuelle編集部)

つみたてNISAの上限金額となる年間40万円を超えた場合は、原則設定自体ができないことがほとんどです。そのため上限金額を超える心配はほぼありません。ただしまれに上限を超えてしまうケースがあり、その場合は課税口座で買付されてしまう可能性があります。詳細を解説します。

積立NISAの投資上限額は「年間40万円」

まずは、つみたてNISAの上限金額を確認しましょう。つみたてNISAは、年間40万円が非課税投資枠として定められていて、その金額の範囲内で対象となる投資信託を購入できます。非課税期間は最長20年なので、40万円×20年=800万円が非課税で利用できる上限です。

決められた枠の範囲内で買付した銘柄から利益がいくら出ても、課税されません。

一般的に課税口座で買付して配当金や売却益が出た場合は、20.315%(復興特別所得税を含む)の税金がかかります。そのため同じ運用成果でも、つみたてNISAを利用したほうが課税口座で買付した投資より税負担がない分、手元に残るお金が多くなるためお得です。

そもそも設定ができないので、上限は超えないことがほとんど

「年間40万円」という上限を超えてしまうと、どうなるのでしょうか?そもそも各金融機関のシステム上では、設定の時点で超過しないように制限されていることがほとんどです。そのため基本的には、「ついうっかり超えてしまった」という事態には陥りません。

楽天証券では、上限を超えて入力するとエラーが出る

例えば楽天証券の場合、対象銘柄を選んで「積立注文」のボタンをクリックして進んでいくと以下のような画面が出てきます。

2.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=楽天証券より引用しfuelle編集部作成)

「積立金額の設定」で、毎月いくらずつ積み立てていくかの入力が必要です。しかし上図の場合は、すでに上限金額まで投資しているため「積立可能額:0円」「つみたてNISA限度額:0円」と記載されています。

残りの枠以上の金額を入力しようとすると、以下のようにエラー画面が出て先に進めません。

3.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=楽天証券より引用)

ここでは楽天証券の例を挙げましたが、上限オーバーの金額を入力するとエラーになるのはほかの証券会社や銀行でもほぼ同じです。この楽天証券の例のように、年40万円の範囲内でないと手続きを完了できないため「間違えて多く積み立てすぎた」という事態にはならないでしょう。

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

たまにある上限を超えるケースは「分配金の再投資」

ただしつみたてNISAで上限を超えてしまうケースは、まれにあります。「分配金の再投資」が原因です。

「分配金の再投資」とは?

分配金の再投資とは何なのか、ここで整理しておきましょう。

分配金とは、投資信託の収益から投資家に還元するお金のことで、決算時に支払われるのが一般的です。ただし、運用成果や今後の運用戦略を考慮したうえで運用会社が決めるため、決算期ごとに毎回支払われるとは限らず、金額も決まっていません。
出典:SMBC日興証券 初めてでもわかりやすい用語集

基本的に分配金は発生するたびに受け取れるものですが、受け取らずにそのまま再度投資に回すこと(再投資)もできます。ほとんどの金融機関では、銘柄ごとに受け取り方法を「受取型」か「再投資型」のどちらかを自分で選択できます。「再投資型」を選択すると、発生した分配金は自動的に対象の投資信託の再購入へ充当されます。

再投資すると、利益が利益を生んで効率良くお金を増やせる可能性が高まります。これを「複利の効果」と呼び、長期運用の際におすすめされることが多いでしょう。

しかしつみたてNISAの場合は、この再投資により上限を超えてしまう可能性があるのです。

分配金の再投資は、非課税投資枠を消費してしまう

再投資は、つみたてNISAの「非課税投資枠」を消費します。つまり分配金が多ければ多いほど、非課税枠が減ってしまうのです。

4.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=著者作成)

すでに上限金額まで積み立てる設定になっている場合、分配金の再投資で上限を超過してしまいます。

5.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=著者作成)

例えば毎月3万3,333円ずつ積み立てて、3万3,333円×12ヵ月=39万9,996円の投資を行う人の場合を考えてみましょう。残り4円だけ残して上限ほぼギリギリまで設定している状態です。 この状態でもし投資信託の分配金「5,000円」が発生して、さらに「受取型」ではなく「再投資型」に設定していた場合、このうち4,996円分が非課税枠を超過してしまうことになります。

なおつみたてNISAの対象銘柄はほとんどの場合、分配金はないと考えていいでしょう。

つみたてNISAは、数ある投資信託の中でも金融庁が定める基準をクリアして「長期・分散・積立投資に適している」と認められたものだけに投資できる仕組みです。そのクリアすべき基準の中には「頻繁に分配金が支払われない」という項目もあるため、分配金に重きを置くような投資信託はそもそも入っていないのです。これが、「上限を超えるのはまれ」と述べた理由の一つです。

分配金の有無や過去の金額など、各投資信託の分配方針は「目論見書(もくろみしょ:投資信託の説明書)」を見ればわかります。確認方法は後述しますので、あらかじめ確認しておくと安心です。
馬場愛梨(ばばえりFP事務所代表)

投資枠が残っていないときに分配金の再投資が行われるとどうなる?

非課税投資枠がほとんど残っていない状態で再投資が発生した場合、多くは超えた分が課税口座での再投資になります。課税口座で再投資されるということは、そこで出た利益に対し課税されてしまうということです。

例えば上限金額40万円までつみたてNISAで投資していた人が、投資信託の分配金として1,000円を得て再投資する場合、この1,000円分は枠を超過してしまいます。上限を超えた分は課税口座で再投資される金融機関が多く、この1,000円で運用して出た利益に対し20.315%が課税されます。

なお金融機関によって、枠を超過した分の取り扱いは多少異なります。例えばネット証券各社は、以下のように案内しています。

SBI証券 課税口座での再投資
楽天証券 課税口座での再投資
松井証券 非課税枠が残っていたとしても課税口座での再投資
auカブコム証券 ・課税口座での再投資
・年の途中で分配金再投資が実施されて枠が足りなくなった場合、
年末の積み立てが買付エラーになる

「枠を超過した分の分配金の再投資がどういった扱いになるのか」が気になる人は、自分がNISA用の口座を開設している金融機関に直接問い合わせてみましょう。

分配金で上限を超えないようにするには

6.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=fuelle編集部)

対策1:分配金が出ない銘柄を選ぶ

再投資で上限を超えないようにするには、まずは「分配金が出ない投資信託」を選ぶといいでしょう。前述したようにつみたてNISAでは分配金が頻繁に出ない投資信託が多く、例えばSBI証券では2022年8月現在、直近では184本中2本のみでした。

7.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用しfuelle編集部にて作成)

分配金の状況を確認するには、証券会社の公式サイトにある銘柄検索機能を使うと効率的です。SBI証券の「投資信託パワーサーチ」を例に手順を説明します。

【SBI証券で分配金の確認をする方法】
① SBI証券公式サイトトップページの「投信」タブをクリックする
② 「つみたてNISA対象銘柄」をクリックする
③ 「分配金情報」タブをクリックする

8.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用しfuelle編集部にて作成)

④ 「直近分配金」欄を確認する

9.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用しfuelle編集部にて作成)

ここが0円の場合は、直近で分配金は出ていないということです。

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

より確実に対策したいなら、さらに以下のような方法も検討してみましょう。

対策2:分配金は現金で受け取るようにする

先述の通り、受け取り方法は「受取型」と「再投資型」の2種類から自分で選択できます。そのため「受取型」に設定しておけば、再投資されることはありません。これで上限オーバーの心配をせずに済みます。

楽天証券など一部の金融機関では、分配金の再投資による上限オーバーを防ぐため、つみたてNISAに限っては「再投資型」ではなく「受取型」を初期設定にしています。こういった金融機関であれば特に意識して設定しなくても、自動的に問題が起きにくいようになっているので安心です。

分配金の設定を変更したいときは、マイページにログインして自分が投資している銘柄の一覧を表示させ「分配金受取方法」や「分配金コース設定」の欄で「変更」をクリックします。

例えばSBI証券では、以下のような画面で設定します。

10.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券のデモ画面より引用)

一括で変更設定したり、銘柄ごとに設定したりすることもできます。

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

ただ、一度積み立てを始めると途中で変更できない金融機関もあります。例えば先述した楽天証券では途中変更できません。

※NISA口座の場合、すでに保有している投資信託の分配金コースは変更できません。
積立設定のみ変更してください。
出典:楽天証券

途中で変更できない金融機関で積み立てを始める際は、慎重に選択することが必要です。「再投資型を希望する」「受取型にしたかったのにできなかった」といった場合は、次の対策をとりましょう。

対策3:分配金が出ていたら積立金額を変える

分配金を「再投資型」に設定していても上限を超えないようにする対策はできます。対策1や2に比べて手間はかかりますが、分配金が出たときそれに合わせて積立金額の設定を変更することも対策の一つです。

決算期に分配金が再投資されていないかをチェック

まず自分が投資している銘柄は分配金が出るのかを確認しましょう。

【金融機関のマイページで確認する方法】
分配金の有無は、金融機関のマイページなどで簡単に確認できます。例えば楽天証券では、保有商品の一覧の画面を開くと以下のように表示されます。

11.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=楽天証券より引用)

上図のような表示なら投資信託の分配金「0円」つまり「分配金が出ていない」状態です。この状態ならもし「再投資型」に設定していても、確認した段階では再投資する分配金がないので上限を超えることはありません。

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

【銘柄の目論見書で確認する方法】
分配金の有無や金額は、目論見書(もくろみしょ:投資信託の説明書)でも確認できます。目論見書は分配金だけでなく、その投資信託の投資方針や手数料など、投資の決断をするうえで重要な情報が記載されている書面です。

投資信託説明書(交付目論見書)とは、購入しようとしている投資信託ついて投資判断に必要な重要事項を説明をした書類のことで、投資信託を購入する前に必ず投資家に渡されます。
出典:一般社団法人投資信託協会

投資信託の注文の際には、必ず目論見書の確認が必要です。一般的にどの金融機関でも注文画面で手続きを進めていくと自動的に表示され、確認しないと先に進めないようになっています。

目論見書は、投資前でも各証券会社で公開している投資信託の紹介ページなどからチェック可能です。例えばSBI証券の場合、投資信託名(以下の例は「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」)の右あたりに「目論見書」というボタンがあります。

12.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用しfuelle編集部作成)

各投資信託の目論見書には、以下のような記載があります。

13.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用しfuelle編集部にて作成)

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)の場合は、「毎年4月25日が決算日となり、そこで分配金額が決まる」ことが読み取れるでしょう。決算日は、投資信託ごとに異なり、年2回以上決算日がある場合もあります。

目論見書をさらに読み進めると、運用実績が記載されたページがあり、そこでも直近の分配金の有無や金額の確認が可能です。

14.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用しfuelle編集部にて作成)

上図の右下にある「分配の推移」を見ると、この投資信託では2019年4月~2022年4月まで「0円」となっていて直近の分配金がないことがわかります。

再投資されていたら積立金額を調整

上述の方法で分配金の有無を確認して、もし決算後に分配金があったら次の手続きをしてみましょう。分配金が発生した分だけ毎月の積立金額を減らして調整すれば上限金額オーバーを避けることが可能です。

例えば上限金額の40万円まで積み立てる設定になっていて11月に1,000円の分配金が発生した場合は、12月の積立金額を1,000円減らします。年の途中で気付いたら、1ヵ月だけ1,000円減らすのではなく10ヵ月間100円ずつ減らすといった調整をしてもよいでしょう。

積立額の変更は、金融機関のマイページでできます。金融機関によって操作は多少異なりますがマイページ→「積立設定一覧」→「積立設定変更」→「金額設定変更」のように進んでいけば、手元のスマホやパソコンだけで手軽に手続きできるでしょう。

例えば楽天証券では、以下のような画面が出てきます。

15.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=楽天証券より引用)

変更したい銘柄名と同じ行にある「変更」ボタンを押して、新たな積立金額を入力しましょう。金額を減らすのではなく、積立自体をやめたいときは「変更」の隣にある「解除」ボタンをクリックします。

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

つみたてNISAの積立金額は、いつでも何度でも変更できます。
馬場愛梨(ばばえりFP事務所代表)

積立NISAで上限を超えないようにぴったり投資枠を使い切る方法

16.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=fuelle編集部)

非課税枠の超過が気になるからといっても「低い金額で積み立てを続ける」といったことは、あまりおすすめできません。なぜなら非課税投資枠は、残さずに使い切ったほうが効率の良い運用ができるからです。

ここでは、つみたてNISAで非課税枠を使い切ったほうがよい理由や、ぴったりと使い切る方法について見ていきましょう。

非課税枠は使い切るのがお得

非課税投資枠は「年間40万円投資しないといけない」というものではなく、あくまで投資できる上限金額が決まっているだけです。そのため年間10万円など上限金額に満たない投資金額でも、自分の生活に支障が出ない金額で挑戦するのがよいでしょう。

ただ課税口座で投資した場合は、20.315%(復興特別所得税を含む)の税金がかかるため、つみたてNISAをフル活用したほうがお得です。できるだけ非課税投資枠の上限金額近くまで投資して、メリットを最大限受けられるようにするのが賢い活用方法といえます。

20年後の非課税の差をシミュレーションで確認

以下は、毎月「3,000円ずつ」「1万円ずつ」「3万円ずつ」を年3%で運用しながら積み立てた場合の20年後の予想金額です。

17.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=fuelle編集部作成)
毎月の投資金額 投資元金
(20年間)
利益
(20年間)
投資元金+利益
(20年間)
課税される場合の税額
(利益の20.315%)
つみたてNISAでお得になる金額
3,000円 72万円 約26万4,906円 約98万4,906円 約5万3,816円
1万円 240万円 約88万3,020円 約328万3,020円 約17万9,386円
3万円 720万円 約264万9,060円 約984万9,060円 約53万8,157円

上の表は、あくまでもざっくりとしたシミュレーションです。しかし毎月の積立金額が大きいほど、つみたてNISAのメリット(本来かかるのに支払わずに済む税額)が大きくなることがわかります。

制度を恩恵をしっかり受けたいなら、やはり上限ぴったり使い切るのがいいでしょう。

毎月の上限額を投資しているだけでは投資枠をぴったり使い切れない

実はつみたてNISAでは、「毎月の上限額」まで投資していても非課税枠をぴったり使い切れません。2つのケースについて解説します。

・1年間、毎月同じ金額ずつ積み立てる場合
・年の途中からつみたてNISAを始める場合

毎月3万3,333円の積み立てだと40万円ぴったりにならない

つみたてNISAでは、一定の期間ごとに「あらかじめ設定した金額」をコツコツと投資していきます。年間40万円までというルールがあるので、たとえば以下のような積み立て方が考えられます。

毎月(月1回積み立てる)コース 40万円÷12ヶ月=3万3,333円/回
毎週(週1回積み立てる)コース 40万円÷52週=7,692円/回
毎日(営業日ごとに1回積み立てる)コース 40万円÷243日=1,646円/回

積み立てる頻度や日にちの選択肢は、金融機関ごとに異なります。選択する金融機関やコースによっては1,000円単位でしか積み立てられず、その場合は月3万3,000円×12ヵ月=39万6,000円です。

せっかくの非課税枠なので資金に余裕があればきっちり使い切りたいところですが、これでは 40万円の上限が使いきれず年間で4,000円分の枠が残ってしまいます。

1円単位で積み立てられる金融機関であっても、月3万3,333円×12ヵ月=39万9,996円で4円残ります。このように「40万円」は12ヵ月では割り切れないため、どうしても端数が出てしまうのです。

年の途中から始めると初年は上限まで使い切れない

年の途中からつみたてNISAを始めるときも要注意です。毎月積み立てる場合、一般的に月3万3,333円ずつ(3万3,333円×12ヵ月=39万9,996円)が上限となります。

1~12月まで毎月積み立てる場合は、その設定でほぼ上限まで使い切ることが可能です。しかし例えば9月から始めた場合は、3万3,333円ずつだと3万3,333円×4ヵ月(9~12月)=13万3,332円しか使うことができません。

1月から始めた場合 9月から始めた場合
1月 3万3,333円 /
2月 3万3,333円 /
3月 3万3,333円 /
4月 3万3,333円 /
5月 3万3,333円 /
6月 3万3,333円 /
7月 3万3,333円 /
8月 3万3,333円 /
9月 3万3,333円 3万3,333円
10月 3万3,333円 3万3,333円
11月 3万3,333円 3万3,333円
12月 3万3,333円 3万3,333円
年間合計投資額 39万9,996円 13万3,332円
非課税枠の残金 4円 26万6,668円

いくら非課税枠が残っていたとしても翌年に持ち越すことはできません。つまり40万円全部使い切っても4万円しか使わなくても、すべて翌年1月にはリセットされて「残り40万円」の状態に戻ります。投資できる資金的な余裕があるにもかかわらず、非課税枠を使い切れずに残してしまうのはもったいないといえるでしょう。

では、どのような設定をすれば非課税枠をフル活用できるのでしょうか。

上限を超えないように限度額いっぱいまで積み立てる方法

ここでは、どう設定すれば上限まで使い切れるのか、具体的な設定方法について見ていきましょう。非課税投資枠を残さず使い切りたいときは、以下のような設定を活用します。

・ボーナス設定
・増額設定(楽天証券)
・NISA枠ぎりぎり注文(SBI証券)

上のような設定を使えば、年間40万円の枠を1円も残さず使い切ることも可能です。ただしこれらの設定は、どの金融機関でも行えるわけではありません。大手ネット証券(インターネット専業の証券会社)では、上のような設定に対応していることが多いですが、店舗型の証券会社や銀行などではできないこともあります。

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

ボーナス設定

ボーナス設定とは、特定の月だけ積立額を多くする設定のことです。金融機関によっては「ボーナス月設定」「ボーナス月コース」などと呼んでいるところもあります。

年1~2回だけ毎月の積立分に上乗せして積み立てられるため、比較的金銭的な余裕が生まれやすい「ボーナスが出る月」に合わせて設定する人が多いでしょう。ただ6月や12月に限らず自分の都合で増額月は自由に選べます。

ボーナス設定を活用すれば、以下の例のように非課税枠の上限金額40万円ぴったり使い切ることも可能です。

【ボーナス設定の例】
通常(ボーナス設定なし) ボーナス設定あり
1月 3万3,333円 3万円
2月 3万3,333円 3万円
3月 3万3,333円 3万円
4月 3万3,333円 3万円
5月 3万3,333円 3万円
6月 3万3,333円 3万円
ボーナス月:2万円追加
7月 3万3,333円 3万円
8月 3万3,333円 3万円
9月 3万3,333円 3万円
10月 3万3,333円 3万円
11月 3万3,333円 3万円
12月 3万3,333円 3万円
ボーナス月:2万円追加
年間合計投資額 39万9,996円 40万円
非課税枠の残金 4円 0円
ボーナス設定は、楽天証券やSBI証券などいくつかの金融機関で利用可能です。しかし「クレジットカード決済で積み立てる場合はボーナス設定不可」といった細かい規定がある場合もあります。ポイントを貯めるためにクレジットカードでのつみたてNISAを検討している人は注意しましょう。
馬場愛梨(ばばえりFP事務所代表)

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

増額設定(楽天証券)

楽天証券では、ボーナス設定とは別に「増額設定」が利用できます。増額設定は、設定した年度だけ適用されるため、年の途中からつみたてNISAをスタートした場合に有効です。つまり翌年度は設定した金額はリセットされます。

楽天証券では前述したボーナス設定でも年の途中から非課税上限額の消化はできますが、ボーナス設定だと翌年以降も設定が継続して反映されるため、注意が必要です。

なお上述のボーナス設定のことを「増額設定」と呼んでいる金融機関もあるので、混同しないようにしましょう。

以下の例のように増額設定を使えば、年の途中からスタートした場合でも枠をすべて使い切ることができます。

【楽天証券の増額設定の例】
通常(増額設定なし) 増額設定あり
1月 / /
2月 / /
3月 / /
4月 / /
5月 / /
6月 / /
7月 / /
8月 / /
9月 3万3,333円 3万3,333円
増額:6万6,667円
10月 3万3,333円 3万3,333円
増額:6万6,667円
11月 3万3,333円 3万3,333円
増額:6万6,667円
12月 3万3,333円 3万3,333円
増額:6万6,667円
年間合計投資額 13万3,332円 40万円
非課税枠の残金 26万6,668円 0円

ボーナス設定は、1年につき1ヵ月か2ヵ月しか設定できませんが、増額設定にはそのような規定はありません。主につみたてNISA開始1年目の調整のための設定なので、2年目以降は自動的に増額がなくなり通常の積み立て(上の例の場合は毎月3万3,333円ずつの積み立て)に戻ります。

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

NISA枠ぎりぎり注文(SBI証券)

SBI証券では「NISA枠ぎりぎり注文」という設定が可能です。この設定を使えば分配金の再投資などの影響で上限を超えてしまいそうなときにも自動的に調整してくれます。

18.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用)

積立金額が残りの非課税枠より多い場合、通常であれば買付不可となります。例えば残りの非課税枠が2万円しかないのに3万円の発注となった場合は、エラーが出て買付ができないため、残っている非課税枠の2万円を使い切れません。

しかし、あらかじめ「NISA枠ぎりぎり注文」の設定をしておけば、枠の範囲内ぎりぎりまで注文を受け付けてくれます。超えた分は発注されず、課税口座での再投資になることもありません。

前段の「分配金で上限を超えないようにするには」で述べたような対策をしなくても上限を超えることがないので手間もかからず安心です。

設定は、マイページから積立設定の一覧を表示させ以下の通り操作するだけなので簡単にできます。

19.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=SBI証券より引用)

「NISA枠ぎりぎり注文」のような設定がない金融機関を利用している場合は、先述したボーナス設定などを活用してうまく使い切りましょう。

つみたてNISA用の口座は、すべての金融機関のなかで1人1金融機関しか選べません。つみたてNISAを検討中で、まだ金融機関を決めていない場合は「枠を使い切れるような設定ができるか?」という点も考慮しながら自分にとって使いやすいところを探してみてはいかがでしょうか。
馬場愛梨(ばばえりFP事務所代表)

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

積立NISAにおすすめの証券会社

楽天証券

楽天証券
(画像=楽天証券より引用)
楽天証券のつみたてNISAおすすめポイント

  • 取扱銘柄数がSBI証券と並びトップクラス
  • 楽天ポイントが貯まる

楽天証券のつみたてNISA取扱銘柄数は181本と非常に充実しています(2022年6月16日時点)。より多くの選択肢から選びたい人は楽天証券でつみたてNISAを始めましょう。楽天ポイントを貯めている人にもおすすめです。

【楽天証券のつみたてNISA概要】
取扱銘柄数 181本
販売手数料 無料
最低投資金額 100円
ポイント還元 楽天ポイント
クレジットカード決済ポイント還元率 1.0%(※1)
積立コース 毎日、毎月
※2022年6月16日時点
※1.2022年9月以降は0.2%または1.0%

楽天証券株式会社は、2022年2月25日(金)に金融庁が発表した「NISA口座の利用状況調査」より、NISA(※1)の2021年新規口座開設数が業界最多(※2)であったことをお知らせします。
※1:一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの合算
※2:NISAは、主要ネット証券(口座数上位5社:auカブコム証券、SBI証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(五十音順))で、iDeCoは、主要運営管理機関でそれぞれ比較(2022年3月30日、楽天証券調べ)
(引用元:PR TIMES|楽天証券|楽天証券、NISA・iDeCo 2021年新規口座開設数が業界最多に!

楽天証券の積立NISAに関するいい口コミ

楽天カードを使って満足度アップ

楽天カードを使うとポイントが発生するので、とても助かっています。取扱銘柄が多いのもメリットです。選べない銘柄も中にはありますが、それでも現状で満足できています。

30代・男性

おおむね満足

楽天カードで積み立ての設定をすると、楽天ポイントが貯まります。楽天経済圏で生活している人には、とても良いと思います。1週間に1回程度、積み立てている投資信託の基準価額メールが届くので、自分が積み立てている投資信託がどの程度利益を出しているかを確認できます。それが楽しみです。

20代・男性

取り扱い銘柄が豊富です

銘柄のラインアップが豊富で、かなり選びやすいと思います。楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジ設定すると優遇金利を受けられ、とてもお得です。自動入金機能を利用できるので、一度設定すると楽に買い付けできます。

40代・女性

楽天証券の積立NISAに関するよくない口コミ

アプリがつみたてNISAには向いていない

楽天証券のiSPEEDというアプリがあるのですが、つみたてNISAの確認には向いてないと思います。個別株など専用に作られているようで、確認できるのは、投資金額とか変動利率、買付可能額ぐらいです。詳細を確認したい場合は、パソコンサイトに飛んで確認するので手間です。

40代・女性

つみたてNISA専用アプリがないので不便

何かを確認したいときに、都度ブラウザを開いて利用しないといけない点が不満です。楽天は、楽天市場のアプリや楽天銀行のアプリなど、数多くのアプリを提供していますが、つみたてNISAには専用アプリがありません。そのせいで確認する手間がかかり不便を感じます。

20代・女性

楽天ポイントの改悪が残念

楽天ポイントの改悪が続くので、すべてもとに戻してほしいです。楽天市場、楽天証券、楽天銀行、楽天カードと、すべてをまとめて連携することでお得になっているから楽天を選んでいるので、改悪はやめてほしいと切に思います。

30代・男性

出典:fuelle編集部がクラウドワークスで調査

楽天証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

SBI証券

SBI証券
(画像=SBI証券より引用)
SBI証券のつみたてNISAおすすめポイント

  • 受け取りポイントを3つから選べる+Vポイントも受け取れる
  • 「毎週積立」を選べるのは5社でSBI証券だけ

SBI証券は受け取れるポイントを「Tポイント」「dポイント」「Pontaポイント」の3つから選べ、さらに三井住友カードから手続きを行うと「Vポイント」も受け取れます。好きなポイントを指定して受け取れるのは、5社のなかでSBI証券だけです。

さらに「毎週積立」もSBI証券でしか選べません。積立タイミングを柔軟に設定したいならSBI証券につみたてNISAを申し込みましょう。

【SBI証券のつみたてNISA概要】
取扱銘柄数 183本
販売手数料 無料
最低投資金額 100円
ポイント還元 Tポイント、dポイント、Pontaポイント、Vポイント
クレジットカード決済ポイント還元率 0.5%(※1)
積立コース 毎日、毎週、毎月
※2022年6月16日時点
※1.一部のカードは1.0%または2.0%

「三井住友カード つみたて投資」は、投資信託積立額の最大2.0%分のポイントが貯まるお得さと、最短5分でのクレジットカード発行や一度設定すれば入金の手間や万が一の購入漏れがなく継続して投資が行える利便性などが高く評価され、幅広い世代のお客さまに利用いただいています。
(引用元:PR TIMES|株式会社SBI証券|「三井住友カード つみたて投資」の積立設定金額100億円突破のお知らせ

SBI証券の積立NISAに関するいい口コミ

投資初心者におすすめ

100円という少額からでも積み立てられるので、投資初心者でも安心できます。SBI証券でつみたてNISAを始めてみて、銀行の普通預金で貯蓄するよりもはるかにお得だと感じています。

40代・男性

すべてがハイレベルで満足!

SBI証券は、取扱銘柄がとても多いので、つみたてNISAはもちろんのこと、その他の取引でも国内で一番といっていい優良証券会社だと思います。アプリの使いやすさもいいです。クレカでの積み立てもでき、PontaポイントやTポイントと連携しているなど、付随するサービスがどれも秀逸で素晴らしいです。

30代・男性

使いやすく知名度の高い証券会社です

知名度が高い証券会社なので安心感があり、少額でも積み立てできることが最大のメリットだと思います。積み立ての設定を一度してしまえば、後はお金を入金するだけ。1ヵ月に1回、運用を確認するくらいで、ほとんどほったらかしにできているので安心して使っています。

40代・男性

SBI証券の積立NISAに関するよくない口コミ

アプリが使いにくい

積み立てアプリがWealthNaviに比べて使いにくいです。つみたてNISA専用のアプリが別なら、長期積立用として銀行代わりに使えるのでいいのではと思います。

問合せ対応がいまいち

SBI証券のホームページがわかりにくい点がデメリットです。どこでつみたてNISAの銘柄を購入すればいいのかが非常にわかりづらく、苦労しました。購入資金の自動振り替えを利用していますが、手続きが面倒でした。進め方が理解できずSBI証券に質問しましたが、いろいろな部門や他の会社に電話するように言われ、たらいまわしにされました。

40代・男性

ポイントを貯められるカードが少ない

三井住友カードナンバーレスのポイント還元率がもっと高いとうれしいです。また、つみたてNISAでポイントを貯められるのは三井住友カードのみなので、ポイントが貯まるカードの種類が増えてほしいです。

30代・女性

出典:fuelle編集部がクラウドワークスで調査

SBI証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

マネックス証券

マネックス証券
(画像=マネックス証券公式ページより引用)
マネックス証券のつみたてNISAおすすめポイント

  • 通常カードでもクレジットカード還元率が1.1%
  • 貯まったポイントは「amazonギフト券」などに交換可能

マネックス証券は、クレジットカードの「マネックスカード」でつみたてNISAを決済でき、最大1.1%のマネックスポイントを受け取れます。年会費は初年度無料で年1回以上利用すれば次年度も年会費がかかりません(利用がない場合の年会費は550円)。

貯まったマネックスポイントは、以下のポイントサービスと交換できます。

【マネックスポイントと交換できるポイントサービス一覧】

【マネックス証券のつみたてNISA概要】
取扱銘柄数 152本
販売手数料 無料
最低投資金額 100円
ポイント還元 マネックスポイント
クレジットカード決済ポイント還元率 1.1%
積立コース 毎日、毎月
※2022年6月16日時点

マネックス証券の積立NISAに関するいい口コミ

気軽に始められる

マネックス証券は、気軽に始められる点が素晴らしいと思いました。100円からスタートできることや、投資信託を保有するだけでポイントがもらえる点などが魅力的です。

40代・男性

サポート体制が充実している

資産運用に詳しい友人からのアドバイスを受けて、マネックス証券の口座を作りました。口座開設はネットの画面からできたので、手続きはスムーズに進みました。サポート体制が充実していて、取引の際にも参考にできて良かったです。おかげで取引が順調に進み、日々の生活が楽しくなっています。

30代・女性

少額からでも始めやすい

マネックス証券なら100円からでもつみたてNISAを始められます。積立金額が小さいことがメリットです。投資信託の購入手数料も全銘柄無料なので手軽に投資をスタートできるのが良い面だと思います。

30代・男性

マネックス証券の積立NISAに関するよくない口コミ

NISAの切り替えが難しかった

一般NISAとつみたてNISAの切り替えがちょっとむずかしいところがデメリットです。WEBで切り替えができませんでした。それ以外は特にデメリットはありません。

30代・男性

積立頻度の選択肢が少ない

積立頻度の選択肢がSBI証券に比べて少ない点がデメリットです。

40代・男性

出典:fuelle編集部がクラウドワークスで調査

マネックス証券の詳細を見る
(公式サイト)

auカブコム証券

auカブコム証券
(画像=auカブコム証券より引用)
auカブコム証券のつみたてNISAおすすめポイント

  • auユーザーはクレジットカード還元率が最大5.0%
  • 株式手数料が最大5.0%割り引かれる「NISA割」がお得

auカブコム証券のクレジットカード決済ポイント還元率は1.0%ですが、指定のau回線契約者はさらに4.0%、指定のUQ mobile回線契約者は2.0%上乗せされます。これだけのポイント還元は、5社のなかでも他にありません。auユーザーがお得につみたてNISAを始めるならauカブコム証券が有望でしょう。

auカブコム証券には「NISA割」というサービスがあり、同社でつみたてNISA口座を開設すると課税口座における株式手数料が最大5.0%割り引かれます。課税口座を併用したい人にも向いているでしょう。

【auカブコム証券のつみたてNISA概要】
取扱銘柄数 171本
販売手数料 無料
最低投資金額 100円
ポイント還元 Pontaポイント
クレジットカード決済ポイント還元率 1.0%(※1)
積立コース 毎月
※2022年6月16日時点
※1.指定のau回線契約者は最大5.0%、指定のUQ mobile回線契約者は最大3.0%

auカブコム証券の積立NISAに関するいい口コミ

優遇金利やクレジットカード払いが魅力的です

auじぶん銀行と連携すると、金利が優遇されます。さらにつみたてNISAをau PAYカード(クレジットカード)支払いにするとPontaポイントが付与される点もうれしいです。特にauやUQモバイルの携帯を契約している人には、魅力的な証券会社だと思います。

30代・女性

auユーザーにおすすめです

「つみたてNISAを利用しながら株取引もしたい」という人には、手数料が割引される「NISA割」があります。他社にはないサービスなので、大きなメリットだと思います。つみたてNISA用のシミュレーション機能も利用できます。積み立てたい金額、期間を入れれば簡単に計算してくれ、わかりやすく便利でした。

40代・男性

100円から気軽に始められる

auカブコム証券のつみたてNISAのメリットは、月100円から積み立てられる点です。投資初心者でも無理のない金額で始められるので気軽です。

40代・男性

auカブコム証券の積立NISAに関するよくない口コミ

つみたてNISA専用のアプリがない

専用のアプリがないので、毎回設定などはパソコンやスマホのブラウザを経由する必要があるのが面倒です。

30代・女性

銘柄数がやや不満

つみたてNISAで選べる銘柄は、トップクラスのネット証券と比べるとやや少ないです。投資中級者や上級者は豊富な銘柄から選べないので、少し不満なのではないでしょうか。また、つみたてNISAではポイントで銘柄購入できない点も不満です。

40代・男性

ポイント制度に特色がない

クレジットカード投資の支払日が翌月10日なのですが、自由に変更できるようにしてほしいです。クレジットカード投資の獲得可能ポイントはマネックス証券に負けていて、保有ポイントの獲得は銘柄によってはSBI証券に負けています。これだとつみたてNISA口座でわざわざauカブコム証券を選ぶ意味がないので、独自の色を出してほしいです。

40代・男性

出典:fuelle編集部がクラウドワークスで調査

auカブコム証券の詳細を見る
(公式サイト)

松井証券

松井証券
(画像=松井証券より引用)
松井証券のつみたてNISAおすすめポイント

  • スマホで完結できる「投信アプリ」が便利
  • ネット証券なのに投資相談ができる

松井証券のスマートフォン向けアプリ「投信アプリ」は、投資信託サービスの全機能を搭載しています。つみたてNISAも対応しているため、設定のためにブラウザから検索してログインする手間がありません。

充実したサポート体制があることも松井証券の強みです。「投信サポート」は、投資信託全般に関して専門スタッフに相談できるため初心者も安心でしょう。個別の株式に投資したい場合も「株の取引相談窓口」を利用すれば相談しながら投資可能です。

【松井証券のつみたてNISA概要】
取扱銘柄数 173本
販売手数料 無料
最低投資金額 100円
ポイント還元 松井証券ポイント
クレジットカード決済ポイント還元率
積立コース 毎月
※2022年6月16日時点

松井証券の積立NISAに関するいい口コミ

しっかりしたフォローで安心です!

一番のメリットは、フォロー体制がしっかりしていることです。積み立てとはいえ、株式を含む銘柄を持っている私にとって、日々変動のリスクは不安を感じます。相場が大きく動いたときでも密にフォローいただいて感謝しています。

30代・女性

つみたてNISAの詳しい解説がある

松井証券ですばらしいと思えたのは、投資やについて詳しい解説がされている点です。一般NISAとつみたてNISAの違いなども理解できました。

30代・男性

電話相談ですぐに対応してもらえた

投資の知識は全くなかったのですが、松井証券なら初心者でも手軽だと聞いて始めてみました。登録も案外スムーズにできて、銘柄数も豊富でよかったです。また、わからないことがあったときに電話相談をしたのですが、すぐに対応してもらえました。

20代・女性

松井証券の積立NISAに関するよくない口コミ

銘柄情報を探しづらい

ホームページで取扱銘柄などの情報が探しづらく、始めるにあたってきっかけを作りづらかった、比較しづらかったという記憶があります。自分が興味あるファンドはあるか、またどんなスタイルのものが多く選ばれているのかなど、参考のためにも、ホームページですぐにわかるようにしてもらえるとありがたいです。

30代・女性

松井証券ポイントに不満

松井証券ポイントの使い勝手が悪いのが不便です。

30代・男性

サイトが使いにくい

実際に利用してみると、中級から上級者向けだと感じました。サイトの使い勝手が悪いのが残念な点です。資産運用については簡単な質問に答えると、最適なアドバイスを受けることができます。ただ、投資に関する最終判断は自分でする必要があります。ある程度の知識があれば問題ありませんが、全くの初心者の方は難しいかもしれません。

30代

出典:fuelle編集部がクラウドワークスで調査

松井証券でつみたてNISAを始める
(公式サイト)

一般NISA、iDeCo(イデコ)など他の優遇措置も検討してみよう

20.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=fuelle編集部)

ここまでつみたてNISAの上限金額について解説してきました。しかし、月33,333円というのは、投資を積極的にやりたい人や老後の資産をしっかり貯めたいと考える人には、少し物足りない金額かもしれません。

国は、資産運用を促進するためにつみたてNISA以外にも一般NISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)などの制度を用意して税金の優遇措置を行っています。これらの制度についても検討してみましょう。

もっと投資額を増やしたいなら一般NISA

「上限額年間40万円では物足りない」「もっと投資したい」という人は、一般NISAの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

一般NISAとは

一般NISAは、「非課税枠の範囲内の投資ならいくら利益が出ても非課税になる」という制度です。両者は、以下のように投資できる期間や金額の上限などに違いがあります。

一般NISA つみたてNISA
投資上限金額 年間120万円 年間40万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間
選べる投資商品 ・国内外の上場株式
・公募株式投資信託
・ETF
・REIT(不動産投資信託)など
・金融庁が「長期・積立・分散投資」に
適していると認めた投資信託のみ
選べる投資方法 積み立てだけでなくスポット
(単発)投資も可能
積み立てのみ

つみたてNISAが「年間40万円×20年」非課税なのに対し、一般NISAは「年間120万円×5年」と期間は短いものの、1年あたりの非課税投資枠は多く設定されています。

また投資できる商品が幅広く投資方法も積み立てだけでなくスポット(単発)での購入も可能です。自由度が高く1年あたりの上限額も大きいので、「年間40万円よりもっと多く投資に資金を回せる」「本格的にいろいろな投資にチャレンジしたい」といった人に向いています。

なお、2022年8月時点では、2024年から新しいNISA制度が導入予定です。

21.積立NISAの上限額を超えたらどうなる?
(画像=金融庁より引用)

ただし非課税期間や上限金額など内容が変更になる可能性もあります。今後の動向に注目です。

一般NISAで上限を超えたらどうなる?

一般NISAにも「年間120万円」という投資上限金額があります。上限を超えた場合、超えた分は税金がかかる口座(一般口座や特定口座)での投資になるのが一般的です。

もしくは、非課税投資枠を超えるような注文ができないようにシステム上制限されているケースもあります。金融機関ごとに対応が違うため、あらかじめ公式サイトで調べるか直接問い合わせるなどして確認しておくのが確実です。

一般NISAは、スポット投資(単発購入)もできます。そのため非課税枠が中途半端に余ってしまっても投資信託を金額指定で購入するなどすれば全額使い切ることができるでしょう。

SBI証券の「NISA枠ぎりぎり注文」など便利な設定を活用して使い切るのも1つの方法です。

積立NISA→一般NISAヘの切り替え方法

現在つみたてNISAを選んでいる人でも一般NISAへ切り替えることも可能です。基本的に切り替えは、年単位で行われます。

例えば2022年の非課税投資枠を少しでも使っている場合、一般NISAを利用できるのは2023年からとなります。SBI証券の場合、2023年分の変更は2022年10~12月であれば翌年度の変更予約が可能です。

もちろん翌年の2023年1月以降でも手続きはできます。しかし新しい年に非課税投資枠を1円でも使ってしまうと2024年まで変更できなくなるため、手続きのタイミングを逃さないように注意しましょう。

変更する方法は、金融機関によって異なります。例えばSBI証券では、公式サイト内にある「つみたてNISAからNISAへの切り替え」というボタンから進み必要な書類を取り寄せて手続きが必要です。一方、三井住友銀行のように最寄りの店舗への来店が必要な場合もあります。

一般NISAとつみたてNISAは、同時に取り組むことができないため、どちらか1つを選ぶ必要があります。積立額の変更などに比べて手間がかかる上に頻繁にできるわけではないので、慎重に検討したいところです。
馬場愛梨(ばばえりFP事務所代表)

老後に備えるならiDeCoも併用するのがおすすめ

iDeCoとは
iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)は、老後の資金準備のための私的年金制度です。つみたてNISA同様、長期間にわたって投資信託を積み立てていくことができ投資で得た利益はすべて非課税となります。

iDeCoとつみたてNISAの違いを比較してみましょう。

iDeCo つみたてNISA
税制優遇 ・投資の運用益が非課税になる
・掛け金の全額が所得控除の対象
・受け取り時も控除あり
投資の運用益が非課税になる
投資できる金額の上限 月額1万2,000円
(年間14万4,000円)~
月額6万8,000円
(年間81万6,000円)
※職業などにより上限額は異なる
年間40万円
投資できる期間 原則60歳まで 2042年まで
(非課税期間は最長20年間)
選べる投資先 定期預金や保険などの
元本保証商品、投資信託
金融庁が「長期・積立・分散投資」に
適していると認めた投資信託
お金の引き出し 原則60歳まで不可 いつでも可能

iDeCoのほうが、つみたてNISAより多くの税制優遇を受けられます。ただしiDeCoは原則60歳まで資金を引き出せません。

なお、iDeCoとつみたてNISAは、同時に取り組めます。そのためどちらかに絞る必要はありません。

もしいずれかを選びたい場合は、次の基準で選びましょう。

・老後資金の準備ならiDeCo
・資金の使い道が未定ならつみたてNISA

iDeCoは、所得が多い(=所得税が高い)人ほど節税効果が高くなるのでおすすめです。ただし加入や積み立てのたびに手数料がかかるので、少額ずつ積み立てていきたい人はつみたてNISAのほうが負担感を抑えやすくて向いているでしょう。
馬場愛梨(ばばえりFP事務所代表)

iDeCoで上限を超えたらどうなる?

iDeCoの上限は、人によって異なります。まずは、自分がいくらまで利用できるのか確認しましょう。

上図の通り職業や勤務先が導入している企業年金制度などによって、上限が大きく変わってきます。

もし自分の上限金額がわからない場合は、国民年金基金連合会が運営するiDeCo公式サイトには「加入資格かんたん診断」を活用してみましょう。表示される質問を〇と×で回答していくと自分の上限金額がわかるようになっています。

iDeCoでも、上限を超えるような積み立てはシステム上できない金融機関が多いでしょう。また加入の時点で審査があり加入資格の確認もされています。

iDeCoでも通常の毎月同額の積立以外に指定した月だけ増額することも可能です。例えば1年分をまとめて拠出することもできます。

iDeCoへの申し込み方法

申し込みの大まかな流れ
  • 金融機関を決める
  • 公式サイトなどからiDeCo口座解説の書類を取り寄せる
  • 書類に記入し、本人確認書類の写を添えて返送する
  • 口座が開設したらログインする

iDeCoを始めるなら、まずはiDeCoの口座を開設する金融機関をどこにするか決める必要があります。つみたてNISA同様に、金融機関ごとに選べる投資信託のラインアップや手数料などが異なりますので、よく比較して自分にあったところを探してみましょう。

金融機関を決めたら、その金融機関の公式サイトや窓口でiDeCo専用の口座を開設するための書類を取り寄せます。書類に目を通して必要事項を記入したら、本人確認書類(運転免許証など)の写しなどを添えて返送することが必要です。

基本的に書面を郵送するやりとりが必要ですが、一部の金融機関ではWeb上の手続きだけで済ませられます。

厚生年金や共済組合に加入している人は、勤務先に依頼して「事業主の証明書」を発行してもらう必要があるため、早めに担当部署に伝えて手配しておきましょう。

返送から1~2ヵ月程度で口座開設でき、マイページにログインするためのIDやパスワードなどが届きます。ログインして初期設定を済ませましょう。

一度設定すれば、あとは毎回自動的に積み立てられていきます。

積立NISAの概要

48.積立,nisa,始め方
(画像=fuelle編集部)

つみたてNISAは、コツコツと資産を増やしたい人におすすめの制度です。投資で得た利益には、通常では税金がかかります(約20%)。しかしつみたてNISAでは非課税になります。

主な特徴は、以下のとおりです。

利用できる人 日本に住む20歳以上の人
税制優遇 投資で得た分配金や譲渡益が非課税
(掛金の所得控除や受取時の優遇はなし)
非課税投資枠 年間40万円×20年
(最大800万円)
口座開設可能数 1人1口座
最低投資金額 金融機関により異なる
例)楽天証券:100円~
非課税期間 2018年から2042年まで
期間中のお金の引き出し 可能
対象投資商品 長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託

つみたてNISAは、日本に住む20歳以上の人であれば誰でも始められます。例えば20歳以上の大学生や専業主婦(主夫)もOKです。自分自身に収入がない場合は、配偶者などから年間40万円の贈与を受け、贈与された金額を自分名義で運用することもできます。

なおもともとつみたてNISAの口座を開設できるのは2037年まででしたが、2020年度の税制改正で5年延長され、2042年までになりました。

口座開設 可能期間
令和19年(2037年)まで ⇒ 令和24年(2042年)まで (5年間延長)
出典:金融庁「令和2年度税制改正について」

積立NISAのメリット

つみたてNISAのメリット
  • 長期にわたって非課税で投資できる
  • 手元資金が少なくても始めやすい
  • 初心者でもリスクを抑えた投資をしやすい
  • いつでもお金を引き出せる
「ゆっくり時間をかけて少しずつコツコツ」が、つみたてNISAの投資スタイルです。そのような投資をしたい人が使いやすいように、制度が設計されています。 運用で出た利益を非課税にできる期間は、最長20年です。投資はなるべく長期にわたって取り組んだほうが成果を出しやすいので、これは大きなメリットといえるでしょう。
20年間投資を続けることもできますし、いつでも換金して引き出せるため、途中で現金が必要になっても対応できます。
月100~1,000円ほどの少額資金でも始められます。一度積み立てを設定すれば、自動的に決まった間隔で決まった金額が積み立てられていくので、売買のタイミングを見極めたり、相場を常に気にしたりする必要もありません。 しかも、投資先は金融庁の厳しい基準をクリアした投資信託に限定されています。投資信託(ファンド)は、自分で個別の国や企業の分析をしなくても、投資のプロ(ファンドマネージャー)が選んだ複数の投資先にまとめて投資できる金融商品です。

「投資信託(ファンド)」は、一言でいえば「投資家から集めたお金をまとめて、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。

「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。
出典:一般社団法人投資信託協会

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています
出典:金融庁「つみたてNISAの概要」

つみたてNISAは、このような特徴があるため投資初心者でも比較的取り組みやすく、人気があります。

積立NISAのデメリット

デメリットもチェックしましょう。

つみたてNISAのデメリット
  • 元本割れになる可能性もある
  • 損益通算や繰越控除ができない
  • 投資先として選べる商品が限定的
  • 税制優遇効果はiDeCoほどではない
  • 年間40万円までしか投資できない

リスクはゼロではありません。銀行預金などと違って増える可能性もある分、元本割れ(投資した金額より受け取れる金額のほうが少なくなる)もありえます。

また、通常は投資で損失が出た場合、「損益通算」や「繰越控除」という税金の負担を抑える仕組みを利用できます。しかしつみたてNISAでは利用できません。

損益通算(そんえきつうさん)
意味
譲渡益などの利益から、譲渡損などの損失を差し引くことができる制度。
解説
例えば、その年の譲渡益が10万円、譲渡損が4万円だった場合、10万円から4万円を差し引いた6万円が課税の対象になります。
出典:日本証券業協会

繰越控除(くりこしこうじょ)
意味
その年に控除しきれなかった損失を、最長3年間にわたって利益と通算できる制度。
解説
ただし、確定申告をする必要があります。
出典:日本証券業協会

なおつみたてNISAは投資先が「金融庁の基準をクリアした投資信託」に限られているため、初心者でも選びやすいというメリットがあります。しかし裏を返せば、株式投資をしたい人やもっと自由に投資信託を選びたい人にとってはデメリットになるでしょう。

投資に関する税制優遇制度には、他にも「一般NISA」や「iDeCo(イデコ:個人型確定拠出年金)」があります。また、一般NISAに比べると1年間に投資できる金額が少ない、iDeCoと比べると税制優遇効果が低いというデメリットがあります。

じっくり無理のない範囲でやってみよう

つみたてNISAの上限を超えることはまれなので、あまり心配しすぎなくてもいいでしょう。制度をフル活用したいなら年間40万円の上限額を積み立てていくのがベストです。

だからといって生活に支障を来してまで最初から上限金額まで目指す必要はありません。少額でもいいので長期にわたって継続することが大切です。家計の状況を見ながら負担になりすぎない金額を計算して運用するようにしましょう。

積立NISAの上限額はいくら?超えたらどうなる?Q&Aでチェック!

つみたてNISAの上限額はいくらなの?
つみたてNISAは「年間40万円」が非課税投資枠として定められています。40万円×20年間=最大800万円が非課税の上限額です。なお投資自体は2042年までできます。そのため投資上限額は、つみたてNISAを開始した年により異なります。

つみたてNISAの上限額を超えたらどうなる?
上限を超えた場合どうなるかは、自分が選んだ金融機関や設定により異なります。一般的には、上限を超えた分が課税口座で買付されることが多い傾向です。1年の最後の積み立てが買付エラーになってしまう金融機関もあります。ただ上限を超えてしまうのは、かなりレアケースとなるため、過度に心配する必要はないでしょう。

上限を超えないようにする方法はある?
方法はいくつかあります。上限を超えてしまう主な原因は「分配金の再投資」です。あらかじめ分配金の設定を「再投資型」ではなく「受取型」にしておけば回避できるでしょう。そのほか再投資されていたらそれに合わせて積立金額を微調整するのも一つの手です。

上限いっぱいまで積み立てたほうがいい?
資金的に余裕があれば、税制優遇メリットを最大限に活かせる上限金額の年間40万円まで積み立てるのがおすすめです。ただ投資に回す金額が多すぎて家計が圧迫されてしまうのはよくありません。あくまで余裕資金で無理のない範囲でできそうな金額から取り組んでみましょう。積立額は、いつでも簡単に変更できます。

上限までぴったり投資する方法は?
上限金額となる年間40万円を残さず使い切りたい場合は、「設定」を使いこなしましょう。金融機関によって名称が異なりますが「ボーナス設定」「増額設定」「NISA枠ぎりぎり注文」など上限金額ぴったりまで調整して投資できる方法を用意しているところもあります。

特定の月だけ積み立てる金額を増やすなどすれば年の途中からスタートしても問題なく上限まで使い切ることが可能です。

法改正でつみたてNISAの上限変更はある?
今後つみたてNISAの上限が変更される可能性もあります。2022年8月時点ではまだ確定していませんが、岸田政権が掲げる「資産所得倍増プラン」の中でNISAやつみたてNISAの拡充の方針が示されています。

毎月いくら積み立てるのがいい?
制度をフル活用するなら、できるだけ上限ギリギリを狙いたいところ。例えば月1回の積み立てなら毎月3万3,333円を積み立てるといいでしょう。

積み立て金額は途中で変更できる?
はい、変更できます。一度決めたらずっとそのまま継続しなければならない、というものではありません。増額ももちろん可能ですが、上限の年間40万円を超えることはできません。

途中でお金を引き出せる?
はい、引き出せます。もしお金が必要な状況に追い込まれたら払い出すこともできますし、投資する余裕がなくなってしまったら積立金額を抑えることもできます。

つみたてNISAは20年後いくらになる?
仮に毎月3万3,333円ずつ年3%で運用できれば20年後には約1,094万円(元金約800万円+利益約294万円)になっている計算です。もちろん積立額や利回り(年何%で運用できたか)次第で最終的に受け取れる金額は変わってきます。

つみたてNISAの金額変更は何回できる?
積立額の変更には、回数制限はありません。いつでもどこでも何回でも、手元のスマホやパソコンで操作すれば簡単に手続きできます。「最初は少額からやってみて慣れてきたら増額する」「最初は上限まで投資して家計の状況が変わったら減額する」など自分の都合で設定変更が可能です。

つみたてNISAはどれくらい増える?
どれくらい増えるかは、人によって異なります。いつから投資するのか、どのような投資信託を選ぶのかなどさまざまな条件に左右されるのが特徴です。仮に毎月1万円ずつ投資して年3%で運用できれば20年後には約88万円増えて約328万円となります。

馬場愛梨
関西学院大学商学部卒業後、銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。

■保有資格:AFP(日本FP協会認定)2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、証券外務員1種)ビジネス実務マナー検定1級、秘書検定1級など
■公式HP:ばばえりFP事務所
■Instagram:https://www.instagram.com/babaeri/
関西学院大学商学部卒業後、銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。

■保有資格:AFP(日本FP協会認定)2級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP2級)、証券外務員1種、ビジネス実務マナー検定1級、秘書検定1級など
■公式HP:ばばえりFP事務所
■Instagram:https://www.instagram.com/babaeri/

【こちらの記事もおすすめ】
【最新版】つみたてNISAおすすめ証券会社ランキング
つみたてNISAの落とし穴は全部で14 損しないための対策を徹底解説します
つみたてNISA 毎月いくら積み立てるのがいい?自分に合った金額の決め方
【初心者向け】SBI証券のつみたてNISAの買い方・始め方は?口座開設から銘柄購入まで詳しく解説
SBI証券のつみたてNISAならこの3銘柄がおすすめ!お金のプロ厳選の銘柄を紹介します
SBI証券のつみたてNISAでTポイントがたまる?メリットや楽天証券との比較も
楽天証券のつみたてNISAのおすすめ銘柄を紹介!組み合わせをタイプ別に解説します
つみたてNISAは銘柄変更OK スイッチングには注意!銘柄の正しい選び方を解説
つみたてNISAは途中解約できる ただしデメリットには要注意!