貯める&備える
2020/07/15

つみたてNISAにおすすめの口座ベスト3!比較ポイントとは

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
「つみたてNISA(ニーサ)」という名前は知っていても、実はいまいち理解できていない……という人もいるかもしれません。つみたてNISAの口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することができないため、どこで「つみたてNISA」の口座を開設するかは、重要なポイントになります。そこで今回はつみたてNISAの概要とともに、比較ポイントを挙げながらおすすめの口座を紹介します。

つみたてNISAとは

「つみたてNISA」とは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。給与口座などの普段使っている口座から自動引き落としなどにより積み立てられ、その額を長期投資にあてるという仕組みです。

「投資」と聞くと少し敷居が高いイメージがありますが、つみたてNISAは長期的な分散投資を後押しすることが目的のため、対象ファンドは長期の積み立て、投資に向いた商品が厳選されており、安心感があります。また、金融庁の取り決めによりどこで購入してもファンドの購入手数料は無料です。解約手数料などもかからないため、一般的な「投資」と比べると運用費用を抑えて取り組めます。

また、毎年40万円まで投資することが可能で、最長で20年間ものあいだ、投資から得た利益が非課税となります。開設できるのは1人1口座までで、もちろん投資である以上、一定のリスクも伴いますが、税制優遇制度とあって節税対策としても活用しやすく、投資初心者にもおすすめです。

つみたてNISAにおすすめの口座ベスト5

投資初心者におすすめの金融機関、ベスト5をご紹介します。どこで口座を開設していいか迷うという方は参考にしてみてください。

SBI証券 ファンド数の多さも魅力

取り扱っているファンド数が多く、最低100円から始められます。WEBで申し込みが完結し、最短2営業日で口座開設が可能。自動投資なので自分でファンドを選ぶ必要もなく、積み立てるタイミングを「毎日」「毎週」「毎月」から選ぶことができるため、自分なりのペースで無理なく続けられそうですね。

楽天証券 楽天ポイントが貯まるメリットも

楽天証券の魅力はなんといってもポイントサービスでしょう。他と並んで取扱商品数が多いだけではなく、口座開設や各種取引でポイントがたまるほか、投資信託を保有しているだけでも毎月ポイントがたまります。

たまったポイントで積立投資もできるほか、積立を楽天カードのクレジット決済にすれば楽天カードのポイントも貯まるので、楽天カードを持っている人はよりメリットを感じられるでしょう。

また、SBI証券と同じく投資のペースを選べるほか、自分で選んだ複数のファンドの積み立てをまとめて設定できるので、リスク分散のために複数のファンドへ投資したい人にも使いやすくなっています。

松井証券 投資全般をサポート

テレビで話題の株主優待名人「桐谷さん」も30年愛用しているという松井証券。取扱商品も他と並んで多く、投資専用のスマートフォンアプリを無料で利用できるメリットがあります。

アプリでは、ファンドの購入、運用のメンテナンス、ロボアドバイザーによる投資提案まで、つみたてNISAだけではなく投資全般をサポートしてくれる機能が充実。投資初心者からベテランまで、最新情報を得ながら口座管理を手軽にこなしたい人におすすめのツールです。

マネックス証券 積立額は100円から始められる

マネックス証券のつみたてNISAのメリットは、投資信託を持っているだけで、Amazonギフト券やdポイント、JALやANAのマイルなどと交換できる「マネックスポイント」が貯まることです。

また「定期自動入金サービス」を使えば、普段使っている口座から毎月自動的に、手数料無料でNISA口座へ積み立てができるのも便利。投信150本という豊富なラインアップで、銘柄を選ぶ楽しみもあります。毎月の積立額は、原則100円から申し込むことができます。

auカブコム証券 取引手数料の割引あり

auカブコム証券のつみたてNISAも、毎月100円から積み立てができるので、無理なく投資を始めることができます。新規口座開設の手続きをオンライン上で完結できるので、手軽に始められます。

積立代金は、銀行預貯金口座もしくはauカブコム証券の証券口座(預り金)から自動で引き落とされるので、一度設定してしまえば手間なく続けることができます。

auカブコム証券のつみたてNISAは、「NISA割」が自動的に適用されるのも特徴です。これは、NISA以外の一般的な取引と比べて現物株式の取引手数料が最大5%割引になるもので、他の割引とも併用できます。

商品ラインアップも豊富で、マネックス証券と同じく150本の取り扱いがあります。

つみたてNISAの金融機関を比較するときのポイント

金融機関を選ぶとき、どんな点に着目すればいいのか分からないという方もいるでしょう。そんな方は次のポイントをチェックして金融機関選びを進めてみてください。

取り扱い銘柄の数で選ぶ

つみたてNISAは、金融庁が認定した約170本の投資信託から好みの商品を選んで買い付けます。ただ金融機関によって取り扱っている商品が異なります。ほぼすべての商品を取り扱っているところもあれば、数本のみというところもあります。

投資初心者にとっては、厳選された商品ラインアップのほうが選びやすいこともありますが、一方で多くの商品を取り扱っている金融機関を利用したほうが選択肢は広がります。

たとえばネット証券、大手証券、ネット銀行、大手銀行の取扱本数は、以下のようにさまざまです。
 
金融機関 取り扱い本数
マネックス証券 150
野村證券 7
ジャパンネット銀行 50
三井住友銀行 3

全体の傾向を見ると、ネット証券やネット銀行は多くの商品を揃えています。

つみたてNISAにおける投信の販売手数料は、金融機関や銘柄にかかわらずどこでも無料ですが、基本的に投信には「信託報酬」という費用が発生します。「信託報酬」は銘柄によって異なるため、金融機関がどの銘柄を取り扱っているかが重要になるのです。

特にネット証券は銀行や大手証券会社よりも信託報酬が安めに設定された商品を多く取り扱っているので人気があります。

最低つみたて金額で比較する

「つみたてNISA」で投資できる金額の上限は月換算で約3万3,000円までですが、最低積立金額は金融機関によって異なります。毎月100円から手軽に積み立てられるネット証券もあれば、大手銀行などには毎月1万円からなど少しハードルが高いところもあります。

「毎月いくら積み立てるか」という積立金額を検討するとき、金融機関によって異なる「最低積立額」を必ず確認し、どのくらいの負担でやっていくのかを考え、無理のない範囲で取り組めるところを探しましょう。

以下にいくつかの金融機関の最低積立額をまとめましたので、参考にしてください。
 
金融機関 最低積立額
SBI証券 100円
楽天証券 100円
松井証券 100円
マネックス証券 100円
auカブコム証券 100円
大和証券 100円
野村證券 1,000円
SMBC日興証券 1,000円
ゆうちょ銀行 1,000円
三井住友銀行 1万円

ポイント還元率で比較する

最後に比較したいのはポイント還元率です。ネット証券を中心に、投資信託の保有残高に応じてポイントがもらえるサービスがあります。

信託報酬や銘柄によって還元率が異なるため金融機関ごとの単純比較はしにくいのですが、たとえば楽天証券などは、貯まった楽天ポイントをそのまま投資に使えるなどのメリットもあります。日頃から楽天ポイントを貯めている人は連携して取り組みやすいでしょう。

「貯まっているポイントをどう使うか迷っている」「どうせならお得に積み立てたい」という人は、ぜひ気になる金融機関のポイントサービスの有無についても調べてみることをおすすめします。

積立の頻度で検討する

つみたてNISAでの積立頻度は、月に1回が一般的です。ただし、一部の金融機関では「毎日積立」「毎週積立」なども選択できます。年間投資枠の40万円をどんなペースで投資していくか、好きな積立頻度を選べるようになっています。

前述のベスト5で紹介した金融機関で利用できる積立頻度を一覧にしました。
 
SBI証券 毎日・毎週・毎月
楽天証券 毎日・毎月
松井証券 毎月
マネックス証券 毎月・毎日(※2020年秋~)
auカブコム証券 毎月

投資の性質を考慮すれば、毎月よりも「毎日積立」のほうがリスク分散効果は高いと考えられますが、つみたてNISAの場合は、その差はほんのわずかです。

なぜなら、つみたてNISAの対象商品はインデックス型など長期的な資産形成を目的としたラインアップになっており、いずれも値動きが緩やかだからです。値動きが激しい短期売買の投資と比べて、積立頻度の違いによって生じるリターンの差はさほど大きくないでしょう。

積立頻度ももちろん一つの基準になりますが、銘柄数やポイント還元の有無など、別の視点も併せて金融機関を選ぶのがおすすめです。

引落方法が多いほうが良い

同じ「つみたてNISA」でも、金融機関によって積立代金の引落方法が異なります。たとえば楽天証券では、投信積立の引落方法を以下から選べます。
  • 証券口座から積立
  • 楽天カードクレジット決済で積立
  • 楽天銀行から積立
  • 楽天カード支払口座から積立 
  • その他金融機関から積立
楽天証券のようにクレジットカード決済から積立ができるケースは稀ですが、少なくとも証券口座からだけではなく、指定した銀行口座から直接引き落とせる金融機関を選ぶといいでしょう。

普段から証券総合口座を頻繁に使っている人なら特に問題ありませんが、初めて証券口座を持つ人の場合、つみたてNISAのために毎回手作業で証券総合口座にお金を移動させるのは、とても手間がかかります。

サポート体制で比較する

金融機関を選ぶとき、どうしても銘柄数などに注目してしまいがちです。しかし、それぞれのサポート体制にも着目すると、金融機関選びの参考になるかもしれません。

ベスト5で挙げた金融機関のサポート体制について、電話受付時間とその他のサポートサービスをまとめました。
 
金融機関 電話対応 その他のサポートサービス
SBI証券 平日8:00~17:00
土日祝 なし
・AIチャットサポート(担当者連携あり)
・店頭相談(インターネットコースを除く)
・各種セミナー開催
楽天証券 平日8:30~17:00
土日祝 なし
・AIチャットサポート
・メールでの問い合わせができる
・PC遠隔操作「楽らくサポート」
松井証券 平日8:30~17:00
土日祝 なし
・オペレーター対応チャット
・メールでの問い合わせができる
・サポート動画あり
・PC遠隔操作「リモートサポート」
・操作ガイド「ご利用の手引き」
マネックス証券 平日8:00~17:00
土日祝 なし
・投資を学べるオンラインセミナー
・無料メルマガ「マネックスメール」
・銘柄分析入門塾
auカブコム証券 平日8:00~16:00
土日祝 なし
・「kabu.com」ナレッジコミュニティ
・読み物「取引活用ガイド」
・YouTube公式チャンネルあり
・メールでの問い合わせができる

電話による問い合わせ対応の他にも、メール対応やチャットサポート、動画サービスやセミナー開催など、それぞれが手厚いサポートを行っています。電話相談時の混雑が気になる人は、ホームページに時間帯別の混雑状況が掲載されているところもあるので、事前にチェックしてみましょう。

つみたてNISA口座は一人ひとつまで

冒頭でも伝えましたが、つみたてNISAの口座は一人ひとつしか持てません。さらに、最低一年間は同じ口座を利用しなければならず、書類手続きが煩雑なこともあり、そう簡単には変更できないと思っていたほうが無難です。ベスト5で紹介した5社はいずれも100円から手軽に始められて取り扱い銘柄も多くおすすめですが、生活口座との兼ね合いも加味しながら各金融機関のメリット・デメリットを自分なりに比較してみることをおすすめします。

つみたてNISAを始めたい人におすすめの証券会社はこちら

積立コースは毎日・毎週・毎月の3種類、NISA枠ぎりぎり注文で投資可能枠を使い切れる
>>SBI証券の口座開設はこちら

投資信託の保有だけで楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資も可能
>>楽天証券の口座開設はこちら

取り扱い銘柄130以上、投信の提案から購入・運用まですべてができるアプリが便利
>>松井証券の口座開設はこちら

つみたてNISAで投資信託を保有するだけでポイントが貯まりさまざまな特典と交換可能
>>マネックス証券の口座開設はこちら
 
文・
所属・FP/事業・生活設計コーディネーター
地銀勤務を経て、IT企業にて新規事業設計・メディア事業などに従事。現在は地方創生を主軸に、中小企業・自治体の経営・PRサポートに尽力している。
関心分野は行動経済学、環境経営など。暮らしに役立つ生活経営のtipsなども発信中。


【こちらの記事もおすすめ】
つみたてNISAにおすすめの口座ベスト3
FP直伝!つみたてNISAの選び方3つのポイント
つみたてNISAの商品はどう選ぶ?FP厳選おすすめ商品3つ
つみたてNISAで投資初心者におすすめの証券会社はどこ?5社
NISAとiDeCoはどちらがお得?特徴や違いをFPが解説
PREV 公務員がiDeCoに入るデメリットはある?加入前にチェック
NEXT 年収700万円でも貯金がなかなかできない理由

続きを読む






Feature