貯める&備える
2018/11/28

(PR)

老後資金、独身女性はいくら必要?最低でも2,000万円は準備を

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
仕事もプライベートも充実し、お金もほとんど自分のために使うことができる30代、40代のおひとりさま女性。普段の生活には不満がなくても、お金の相談で一番多いのは、やはり老後の資金についてです。将来、年金がもらえるのかという不信感もあり、早い時期から老後資金を貯めようとする人もいますが、ずっと独身で過ごすとなると、どれぐらいお金が必要になるのでしょうか。今回は、独身女性に必要な老後資金はいくらなのかと、その貯め方をご紹介します。

独身女性の老後資金には最低2,000万円が必要

(写真=PIXTA)

老後に必要な資金は「老後の支出」−「老後の収入」で分かる

老後資金にいくら備えればよいかは、「老後の支出」から「老後の収入」を引くことで計算できます。60歳で定年を迎え、65歳から年金を受給する想定で試算をします。

まず、老後の支出ですが、2017年に総務省が実施した「家計調査」によると、60歳以上の独身女性の1ヵ月の生活費は14万8,628円、その内、65歳以上の生活費は14万6,628円でした。

90歳まで生きるとすると、60歳から90歳までに必要な生活費は、14万8,628円×60ヵ月(12ヵ月×5年)+14万6,628円×300ヵ月(12ヵ月×25年)=5,290万6,080円と計算できます。

老後の年金収入は約3,300万円

次に、老後の収入に関してですが、厚生労働省が2017年に実施した「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、女性の厚生年金保険の受給額は、65歳以上で月10万8,964円となっています。こちらも65歳から90歳まで年金を受け取るとすると、老後の収入は25年間で、10万8,964×300ヵ月=3,268万9,200円となります。

つまり、老後に必要な資金の最低額は、5,290万6,080円-3,268万9,200円=2,021万6,880円で、およそ2,000万円が目安になります。

自分のライフスタイルにあわせて必要なプラスαの資金を考える

(写真=PIXTA)

老後資金には最低2,000万円用意する必要がありますが、あくまでこの額は平均的な独身女性の場合です。生活環境や老後の希望は人それぞれなので、上記以外にかかるお金を予想してみましょう。

例えば70歳までは年1回海外旅行に行きたいということであれば、1年で20万円、10年で200万円と金額が予想できます。また、車が必要だということであれば、同じように、駐車場やガソリン代といったランニングコストと、いくらの車を何年おきで買い換えたいか考えておくことで、大体の予算が決まります。

こうして自分のライフスタイルにあわせて必要なお金を考え、さらに予備資金として300万円ほど上乗せした金額を、自分の老後資金として準備していきましょう。

老後資金を準備する3つの方法

(写真=PIXTA)

最低限必要な資金2,000万円に、ライフスタイルにあわせた必要なお金が500万円、そして予備資金の300万円を足して、老後資金が2,800万円必要だとしましょう。大きな金額ですが、なんとかして準備しなければなりません。どうやって準備したらいいのか分からない人は、以下の3つの方法を考えてみてください。

方法1.生活レベルを質素にする

独身女性の1ヵ月の生活費は14万6,628円と紹介しましたが、支出を減らすことができれば老後資金は少なくて済みます。例えば、月々1万円生活費を削減すれば、30年で360万円の黒字になります。生活レベルは急には落とせないので、徐々に質素な生活を目指しましょう。

方法2. 働く期間を長くする

今は60歳を過ぎても元気な人が増えたので、60歳以降も働くとあらかじめ決めておくのもいいでしょう。例えば、月々20万円の仕事であっても、5年間では1,200万円の収入になり、老後資金の準備がずいぶん楽になります。

方法3. 老後の資金形成の優遇制度を活用する

老後資金形成のための以下の3つの制度を上手く活用して、お金を準備しましょう。

(1)(企業型)確定拠出年金
1つ目は、会社で退職金として加入している人が多い(企業型)確定拠出年金です。何も分からずに運用状況をチェックしていないと、きちんと運用している人に比べ、数百万円の差が出る場合があります。しっかりと商品を調べて適切な運用を行いましょう。

(2)個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)
2つ目は、個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)です。60歳までお金を引き出すことはできませんが、老後資金の形成という目的であれば、この制度ほど税金面で優遇されているものはありません。40代から加入してもメリットは多いので、うまく利用しましょう。

(3)つみたてNISA
3つ目は、つみたてNISAです。つみたてNISAとは長期間の積み立てによって資産を形成していく制度です。iDeCoほどではありませんが、税制が優遇され、またiDeCoと違い、いざという時はいつでもお金を引き出すことができます。

このように、老後の準備は自己責任と言われる現在、その個人の資産形成をサポートする制度は充実してきています。積極的に利用しましょう。

老後資金は早めの準備で長期戦で備えよう

(写真=PIXTA)

独身女性に必要な老後資金と、その準備の仕方をご紹介しました。最低2,000万円が老後に必要と聞いて、「そんなの無理!」と考えた人もいるかもしれませんが、優遇制度を使って年金がもう少しもらえそうだったり、60歳以降も何年か働けばだいぶ楽になるのか、など、なんとかやってみようと思った人もいるのではないでしょうか。漠然とした不安を持ちながら何もしないより、不安と向き合って少しでも早く準備を始めましょう。

実際にiDeCoを始めてみる

圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる
>>SBI証券の口座開設はこちら

運用コストを抑えた商品ラインナップと無料のウェブセミナーが充実
>>楽天証券の口座開設はこちら

簡単な質問に答えるだけで運用方針を提案してくれるナビが便利
>>岡三オンライン証券の口座開設はこちら

創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい
>>松井証券で投資を始めるにはこちら

お客様満足度94.5%、専用ロボアドバイザーなど充実したサポートが魅力
>>マネックス証券の口座開設はこちら

文・松岡紀史(ライツワードFP事務所代表・ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
老後のための、幸せ貯金計画
「老後のお金」3つのポイント
豊かな老後のための3つのToDo
人生100年時代に必要な「生涯学習」って?
独身女性が安心できる貯金額はいくら?
PREV 老後に賃貸でも大丈夫?独身賃貸派のメリットとデメリット
NEXT 節約できて貯金を増やす方法3選!おひとりさまに効果大

続きを読む

Feature