貯める&備える
2018/08/05

【大人のマネー診断】あなたのお財布は何色?色でわかるタイプ別貯金方法

(写真=Toshio Chan/Shutterstock.com)
(写真=Toshio Chan/Shutterstock.com)
読者のみなさんは何色の財布を持っていますか?実は、財布の色で効果的な貯蓄方法がわかります。早速チェックしてみましょう。

赤色の財布

メモを取るときに重要な部分は赤で書いたりマークしたり、赤は注意を引く色ですね。風水的には赤はパワーが強い色で、赤を好む人は精力的で情熱を持っている人のようです。ですから、貯蓄も積極的に行うと成功しやすいかもしれません。

例えば、ボーナスが出たらボーナスすべてを貯蓄に回す、そのかわり、ボーナス月は給料からは貯蓄をしないなど、支出はしつつもダイナミックに貯蓄をすることで資産を増やしていけることでしょう。

青色の財布

青は気持ちを落ちつかせて冷静になれる色です。きれいな青い海の写真を見るだけでも心が落ち着きますね。ですから、青色の財布を持っていると節約が上手で衝動買いをすることはまれかもしれません。節約できた分は、意識して貯蓄にまわしてみませんか。いつもより少し多めの貯蓄にトライしてみると効果的でしょう。

黒色の財布

黒は人との距離感を感じる色です。格上に見られる色、格調高い色です。風水的にも、黒は財布からお金が出ていくのを止めるパワーがあるそうです。お金を引き寄せるパワーは無いようなので、今の資産を増やす方法を考えるのが良いでしょう。

となると、お金に働いてもらうしかないので投資ということになります。しかし、投資になじみがない方も多いことでしょう。まずは、ロボットに投資をお任せするロボアド投資で少額から始めてみるのも良いかもしれません。

白色の財布

「白紙に戻す」と言う言葉があるように、白は物事をリセットして新しくスタートできる色です。一からやり直す色という意味で、白の財布を持っている人は少々完璧主義で、努力家な一面もあると言えそうです。

きっちりした性格ですから、貯蓄方法は積立でコツコツ増やす方法がぴったりです。計画通りに積み立てられる性格ですから、数年後には大きな資産となっていることでしょう。

色を意識して貯蓄を実行してみよう

今回は、4色の財布の色を紹介しました。持っている財布の色がこの4色以外の場合、その財布の色が持つパワーを調べて、どのような貯蓄方法が自分にぴったりか、一度考えてみるのも楽しいかもしれません。そして、財布の色にあった貯蓄方法を実行してみましょう。

文・前田菜緒(CFP・1級ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
財布にSuicaは入れない、カードは1枚のみーーお金の神様と上手く付き合う方法
なぜ自分のためにお金を使うと「お金が増える」のか?
「もったいない」「安いから買った」??その行動でお金が入らなくなる?
お金を貯めたいなら財布選びで意識したい「風水」
なぜ「限定」に弱い女子はお金が貯まらないのか?
PREV 退職金と確定拠出年金 各年金と掛金、運用方法、給付の違いなどを比較
NEXT 資産が増えて税金もおトクに! 家計がうまく回るテクニック

続きを読む

Feature