「投資を始めたい」と思ったとき、投資先の銘柄選びより前に「証券会社選び」で迷って止まってしまう方も少なくありません。ここでは「マネックス証券はどうかな?」と検討中の方に向けて、口コミも含め特徴やメリットやデメリットについて解説していきます。

マネックス証券とは?会社概要と特徴

マネックス証券は、店舗を持たずオンラインでの取引を中心とする「インターネット系証券会社(ネット証券)」です。1999年創業で、ネット証券の中ではさきがけ的な位置づけです。

東証一部上場のマネックスグループの会社で、同グループには仮想通貨取引所のコインチェック株式会社などがあります。

証券会社を選ぶときは、以下のような点をチェックするのがポイントです。
・取扱商品(選べる投資先の数やラインナップ)
・手数料
・使い勝手
・サポート体制
・貯まるポイント
マネックス証券ではどうなのか、次の表で確認してみましょう。
馬場愛梨(ばばえりFP事務所 代表)

取扱商品
(選べる投資先の数や
ラインナップ)
・国内株
・米国株
・IPO
・債券
・投資信託
・ETF
・FX
・暗号資産CFD
・ロボアドバイザーなど
手数料 ※すべて税抜表示
<株式>
取引ごと:100円~、一日定額:500円~
ワン株:0.5%、米国株:0.45%
<投資信託>
申込手数料:無料
使い勝手 インターネット証券のため
取引のほとんどがオンラインで完結可能。
無料で使える取引ツールや
スマホアプリが多数ある。
サポート体制 初心者のためのスタートガイド、
資産設計のアドバイスサービスなどがある。
コールセンターも用意。
貯まるポイント マネックスポイント
(株式手数料やAmazonギフト券、
TポイントやWAONポイントなどに
交換可能)が貯まる&使える

上記であげたチェックポイントはどれも大切ですが、証券会社を選ぶ際は特に手数料を必ず確認しましょう。同じ取引でも証券会社によって異なり、当然安い方が有利です。

また、これから行いたい投資がすでに決まっている方は、それができるのかどうか「取扱商品」をチェックすることも大切です。

マネックス証券の口コミや評判は?

何かを選択するときには、その会社が公開している情報だけでなく、ちまたの評判や口コミも気になりますよね。実際にマネックス証券を利用している方の感想をチェックしてみましょう。

定期的に情報をもらえて助かる

★★★★

マネックス証券で株式の取引を初めて15年近くになります。インターネット証券ということで最初は的確な情報が得られるか不安がありました。しかし定期的に株式を保有する企業の情報をメールいただけて助かっています。

60代・男性

金融商品が豊富

★★★★

取り扱っている金融商品が豊富なのが大きな魅力だと思っています。日本の株だけではなくて、海外の株も数多く取り扱っているので、幅広い取引を行えます。また高機能な取引ツールも用意されていて、初心者にとって優しい機能がサポートしてくれます。しかし日本株は手数料が少し高めなので、注意しながら取引を行なっていかなければなりません。

20代・男性

信用取引の手数料が安い

★★★★★

私の把握している限りでは、信用取引にかかる手数料が一番お得な証券会社だと思います。レバレッジを使った信用取引は、スイング・デイトレをする方には必須だと思います。証券会社によっては、その都度高い信用取引手数料が発生するので、その面からマネックス証券はおススメです。

30代・男性

まあまあです

★★★★

一株単位で購入できるので初心者や少額で投資したい人には向いてます。データに関しても、詳細が調べられるので利便性もあります。さまざまな情報を入手して分析してトレードししたい場合は、セミナーなども頻繁にあるので勉強することも可能です。NISAの購入が若干しづらいのが悩みどころです。

50代・男性

>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイト)

マネックス証券のおすすめポイントは?

他社と比較して、マネックス証券を利用するメリットは以下のような点です。

米国株やIPOに強い

米国株や中国株のランナップが豊富なこと、IPO(新規公開株)の取扱数が多く公平に抽選が行われることなどから、そういった投資に取り組みたい上級者・投資経験者に選ばれる傾向があります。口コミでもそのような方の意見が多く見られました。

口座開設は無料でできますので、元から開設している証券口座に2社目、3社目としてマネックス証券をプラスし、取引によって使い分けているという方も多いです。

投資に関する情報の取りやすさ

毎日届く情報メールや無料で読めるアナリストのレポートなど、投資に関する情報収集がしやすいよう工夫されています。会社四季報も読めますよ。取引ツールやアプリも多数あり、特に株式の銘柄分析ができる「銘柄スカウター」が人気のようです。

少額での株式投資もできる

マネックス証券では、株式投資をする際に通常の100株ずつではなく1株でも取引できる「ワン株」というサービスがあり、その手数料は業界最安水準をうたっています。まだ投資に慣れていない初心者の方や元手資金が多くない方でも挑戦しやすいでしょう。

マネックス証券は、株式、投資信託、債券、金・プラチナ、FX、暗号資産などさまざまな投資に対応しています。また、NISAやiDeCoといった税制優遇制度も利用できますので、まだ投資の方向性が定まっていない方が「初めての証券口座」として選択しても便利に使えるでしょう。

>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイト)

マネックス証券のデメリットは?

基本的に高評価の口コミが多いマネックス証券ですが、サイトや操作画面の見にくさを指摘する声もありました。

どんな画面でどんな操作をするのかは「取引デモ」で確認することができます。人によって感じ方に違いがあるかもしれませんので、気になる方は口座開設前にチェックしておくとよいでしょう。

また、米国株やIPOに興味がない方にとってはあえて選ぶ理由がないと捉えられるかもしれません。日本株の取引手数料が高いという声もあるようですが、それは取引の頻度や金額によって変わるため、事前に自分の取引手法ならいくらになりそうか他社と比較してみるのがおすすめです。

マネックス証券で口座を開設する方法

最後に、マネックス証券で口座を開設するときの手続きについて確認しておきましょう。ネット証券ですので、オンラインでかんたんに申し込めます。

<マネックス証券の口座開設の手順>

1.マネックス証券のホームページにアクセスする
2.口座開設のページを開き、「オンラインで申込む」をクリック
3.メールアドレスを登録する
4.届いたメールに記載されているURLにアクセスして必要な情報を入力する
5.本人確認の手続きをする
6.口座開設完了お知らせが届き、取引できる状態になる

オンライン申込みの場合、申込み後「最短で翌営業日」に取引開始までできるようになります。(※ただし、2021年2月17日現在は新型コロナウイルスの影響でオンライン口座開設が一時停止となっています)。

郵送での手続きをする場合は、取引開始までに早くても1週間程度かかります。

手元に「マイナンバーカード」もしくは「マイナンバー通知カード+運転免許証」を用意しておくと、本人確認までスムーズに済ませられます。

マネックス証券は米国株やIPOなどに取り組みたい方に向いている

マネックス証券は、特に米国株をはじめとする外国株やIPOなどの投資を考えている方にとって有力な選択肢となるでしょう。初心者でももちろん簡単に利用できます。手数料キャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることがありますので、口座開設の際についでにチェックしてみるとよいでしょう。

>>マネックス証券の詳細はこちら(公式サイト)

文・ばばえりFP事務所代表)
自身が過去に「貧困女子」状態でつらい思いをしたことから、お金について猛勉強!銀行・保険・不動産などお金にまつわる業界での勤務を経て、独立。むずかしいと思われて避けられがち、でも大切なお金の話を、ゆるくほぐしてお伝えする仕事をしています。AFP資格保有。

【こちらの記事も読まれています】
ネット銀行でATM&振込手数料が一番お得なのはどこ?
ネット銀行の定期預金でお金を増やしたい!お得な銀行ベスト5
気になる日本のネット銀行ランキング 危ない銀行って本当にあるの?
使っていない銀行口座は解約しないと損?放置していると手数料を取られることも

ネット銀行おすすめ一覧