貯める&備える
2018/03/15

FPがダメ出し!「お金がない」ときにやってしまいがちな5つのNG行動

(写真=My Life Graphic/Shutterstock.com)
(写真=My Life Graphic/Shutterstock.com)
【貯蓄術シリーズ】
家計簿なしでお金が貯まる3つのコツ
お金を増やすベストな方法 専門家のすすめ
「お金がない人」の行動と口ぐせ
知らぬ間に貯まる?1000万貯蓄術


「貧すれば鈍する」という言葉があります。

人はお金がないと、目の前のことしか考えられなくなり、賢い人でも知恵や品位を失い愚かになってしまう、という意味のことわざです。

お金がないときは正しい判断ができなくなりがち。そして間違った判断で起こした行動がもとで大失敗するケースも少なくありません。

そこで今回は、うっかりやってしまいがちなNG行動5つにFPがダメ出しします。

1. クレジットカードのキャッシングに手を出す

(写真=Yaoinlove/Shutterstock.com)


クレジットカードには買物に使える「ショッピング利用枠」とは別に、現金を借りられる「キャッシング利用枠」が設けられています。使い方は簡単で、銀行やコンビニエンスストアのATMにカードを入れて、暗証番号と金額を入力するだけ。ATMからすぐに現金を手に入れることができます。

手軽に現金を調達できるため、安易に利用する人は少なくありませんが、キャッシングの返済をリボルビング払い(=リボ払い)にすると金利が15%にもなり、大変な高金利です。

月の支払いを5000円や1万円など少額にすると、なかなか完済できません。それにも関わらず、キャッシングを繰り返してしまうと、気づいたときには借金が大きくふくらんでしまっている、なんてことも。

予定外の出費が必要になると、キャッシングに頼ることが多いようですが、きちんと予算管理をして、突発的な支出にも予算を割り振っておくと、キャッシングを利用せずにすみます。

余裕をもった予算づくりが大切です。

2. 消費者金融でカードを作っちゃう

(写真=Syda Productions/Shutterstock.com)


消費者金融でカードを作ると、すぐにお金を借りることができます。審査は必要ですが簡単なもので、手軽に利用できることをアピールする広告などが目を引きますが、金利は高く設定されているのがデメリット。会社ごとに若干の違いはあるものの、おおむね年利3.0%~18.0%です。

初めての利用の場合は、通常上限金利の18.0%前後。「はじめての利用の場合は30日間利息無料」などのキャンペーンをしている業者もありますが、消費者金融側はとりあえずカードを作り、利用することでリピーターになってもらうことを目的としているのです。安易にカードを作らないようにしましょう。

やむを得ず借金をする場合には、目的別のローンのほうが金利の設定が低いのでよいでしょう。

たとえば自動車を買うときには、銀行やディーラーで扱っているカーローンを利用する手があります。金利は、購入する自動車によって異なる場合がありますが、銀行、ディーラーとも、3~8%程度。借入希望金額や返済期間を提示して、勤務先や勤続年数、年収などを審査されたうえで借りることができます。金利が高くなれば、返済しなければならない金額が高くなるので、できるだけ低金利で借りたいですね。

1 2
Page 1 of 2
PREV 豊かな老後を迎えるために、アラフォーが今すぐすべき3つのToDoリスト
NEXT 本当に必要な保険を見分ける方法 保険に入らないという選択肢も?

続きを読む