貯める&備える
2019/06/21

厚生年金保険料はなぜ高い?会社員の年金額を国民年金と比較

(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)
(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)
毎月の給与明細を見てみると、総支給額から厚生年金や雇用保険、健康保険などが差し引かれて手取り額が決まっていることがわかります。中でも、自営業者などが加入する国民年金は未納の人もいるという話をニュースで聞き、厚生年金保険は強制的に払わなければならないし、金額も高いし、不公平だと思っている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は厚生年金保険が国民年金と比べてどれだけお得かをご紹介します。

これだけ違う!老齢厚生年金と老齢基礎年金の受給額の違い

(写真=Have a nice day Photo/Shutterstock.com)

厚生年金では保険者によって支払額が異なる

国民年金加入者がみんな同じ保険料を払うのに対し、厚生年金保険では、収入によって保険料が変わります。

具体的に、2018年度の国民年金の保険料は1万6,340円ですが、厚生年金保険は収入によって1万6,104円~11万3,460円まで幅があります。

しかし、厚生年金保険では保険料を会社が半分負担するので、会社員の負担は上記の額の半分の8,052円~5万6,730円になります。一例をあげると、月給(標準報酬月額)が20万円の人で保険料は1万8,300円です。ただし、ボーナスからも額に応じて保険料を払う必要があります。

厚生年金保険の受給額はいくら?

一方、受給額ですが、国民年金から支払われる老齢基礎年金の額は、2018年度では月額6万4,941円でした。

厚生年金保険から支払われる老齢厚生年金の受給額は、上で述べた通り、納めてきた保険料によって大きく変わるのですが、平均的な年収の会社員の場合、月額15万6,336円と発表されています。

障害が残ったときは障害年金が支給される

(写真=Halfpoint/Shutterstock.com)

国民年金や厚生年金保険というと、どうしても将来の年金額にばかり目が行ってしまいますが、実はこれらの公的年金では老後の年金のほか、障害が残った時の障害年金、また万が一のことがあった場合の遺族年金も支給されます。

国民年金から支給される障害基礎年金は、2018年度では障害等級1級で年額97万4,125円、2級では77万9,300円となっていて、この額プラス、子供がいる場合は子供の数×22万4,300円(ただし3人目からは7万4,800円)加算されます。

障害厚生年金の支給額も老齢厚生年金と同じく、これまで納めてきた保険料によって変わります。2016年度の実績でいうと、障害基礎年金の受給額の平均が7万2,453円なのに対し、障害厚生年金の受給額の平均は10万2,398円と約3万円近く多くなっていました。

さらに、障害基礎年金は障害等級1級か2級と判定されないと支給されませんが、障害厚生年金は3級まで支給され、加えて障害年金の支給に該当しない程度の障害であっても、障害手当金という一時金が支給される場合があります。

万が一の時の遺族年金は父母や祖父母も対象に

(写真=polkadot_photo/Shutterstock.com)

次に、被保険者に万が一のことがあった時の遺族年金です。国民年金から支給されるのが遺族基礎年金、厚生年金保険から支給されるのが遺族厚生年金と呼ばれます。

これらの遺族年金では受給額も当然違うのですが、もっとも大きい違いは受給できる遺族の範囲です。

遺族基礎年金を受給できる遺族の範囲は、『死亡した人に生計を維持されていた子または子のある配偶者』となっています。つまり、子供がいないと支払われることはありません。

一方、遺族厚生年金を受給できる遺族は、『死亡した人に生計を維持されていた①妻・夫・子、②父母、③孫、④祖父母』となっています。

夫・父母・祖父母の年齢が55歳以上であったりと、年齢の条件はあるのですが、遺族年金は子供がいないと支給されないと思っている人もいるので、父母にも支給されることがあると知って意外に思う人も多いのではないでしょうか。

厚生年金保険は保険料のわりに保障が大きい

厚生年金保険と国民年金を比較してご紹介しましたが、厚生年金保険は保険料の半分を会社が払ってくれますし、障害年金や遺族年金は支給される範囲も広く、国民年金に比べて保険料が掛け捨てになることも少ない制度です。せっかく保険料を払っているのですから、どんな時にどれぐらい保障を受けられるのか、知っておきましょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる

iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。

・税金の面でとても優遇されている
・毎月5千円から始められる
・投資信託の手数料がとても安い

老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を始めてみる

iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。

・税金の面でとても優遇されている
・毎月5千円から始められる
・投資信託の手数料がとても安い

老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。

iDeCoにおすすめのネット証券比較表
(2020年6月時点)
証券会社名 SBI証券 楽天証券 auカブコム証券 マネックス証券 松井証券
投資信託
本数
オリジナル:38本
セレクト:37本
32本 27本 25本 12本
加入手数料 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829 ¥2,829
口座管理料 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171 ¥171
サポート体制 平日・土曜の8:00~18:00
(※土曜は新規加入に関す
る問い合わせのみ受付)
平日10:00~19:00
土曜9:00~17:00
平日10:00~19:00
土曜9:00~17:00
平日9:00~20:00
土日9:00~17:00
平日8:30~17:00
特徴 ・iDeCo加入者数No.1で10
年の実績をもつネット証券
最大手
・iDeCo専用ロボアドバイ
ザーによって好みに合った
商品を選択できる
資産運用しやすい管理画面
と無料セミナーなどの充実
したサポート
残高に応じてau WALLETポ
イントが貯まる(一部商品)
ロボアドバイザーによるiDe
Co専用無料ポートフォリオ
診断があり、簡単な質問に
答えるだけで最適な資産運
用が可能
「iDeCoシミュレーター」で
iDeCoを利用した場合の節税
額を簡単にチェックできる
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

文・松岡紀史(ライツワードFP事務所代表・ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
豊かな老後を迎えるために、アラフォーが今すぐすべき3つのToDoリスト
一生独身かも…老後が不安なアラフォー女性のための、幸せ貯金計画
お金が貯まる5つのコツ。「貯蓄1,000万円」も夢じゃない
脱・貯金オンチ。貯まらない女子「3つの言い訳」対処法
FPがダメ出し!「お金がない」ときにやってしまいがちな5つのNG行動
PREV 一人暮らしの節約術7選。賢く出費をおさえる方法を解説
NEXT 住民税は給与から天引きされる?今さら聞けない住民税の基本

続きを読む






Feature