貯める&備える
2019/06/21

一人暮らしの節約術7選。賢く出費をおさえる方法を解説

(写真=StudioByTheSea/Shutterstock.com)
(写真=StudioByTheSea/Shutterstock.com)
一人暮らしの場合、家族で暮らしている時にはなかった家賃・食費・光熱費などが発生します。痛い出費と捉えがちですが、実はこれらは工夫次第で安く抑えることが可能です。節約で浮いたお金を自分の趣味などに費やすことができれば、一人暮らしの自由を謳歌できますね。ここでは、独身女性におすすめの節約方法をご紹介していきます。

一人暮らしの節約術 その1:家計簿をつける

(写真=leungchopan/Shutterstock.com)

まずは自分が今いったい何にどのくらいお金を使っているのかをはっきりさせないと、節約できるポイントも無駄遣いしている金額も見えてきません。家計簿は100均でも売っていますし、iPhoneでもAndroidでも使える便利な家計簿アプリもたくさんあります。まずは始めてみましょう。

一人暮らしの節約術 その2: 固定費を下げる

(写真=Grand Warszawski/Shutterstock.com)

ちまちました節約を常に意識し続けるのはイヤ、という方でもしっかり節約できる方法がこれです。
家賃、通信費、保険、定期購読の雑誌など、なんとなく毎月継続して一定額を支払っているものが本当に自分にとって必要なのか疑ってみましょう。

もっと安い家賃で満足できる家があるかもしれませんし、独身にしては手厚すぎる保険に入っているかも知れません。格安スマホは月1,000円台から利用できるプランもあります。どれも最初は調べるのが面倒かもしれませんが、一度やっておけば万単位の節約効果が今後ずっと続くので、かなり大きいですよ。

乗り換えで固定費を削減してみる?

【電気代】
電気料金が年間3,000円お得に?東急グループとの連携も可能
>>東急でんきに乗り換えるならこちら

基本料金3ヵ月無料!自社発電「ENEOS」が展開
>>ENEOSでんきに乗り換えるにはこちら

料金は全国どこでも最大5%OFF!切り替え簡単
>>H.I.S.のでんきはこちら

【ガス代】
申し込みが簡単で切替手続き不要!
>>JCOMガスに乗り換えるならこちら

【通信費】
最大15,000円キャッシュバック!ドコモスマホユーザーはお得に
>>ドコモ光に乗り換えるにはこちら

一人暮らしの節約術 その3:食事は自炊を基本に

(写真=Maren Winter/Shutterstock.com)

食費は、生活費の中でも工夫次第で削りやすい部分です。会社にお弁当や水筒を持っていくのは、もはや言うまでもないほど定番の節約方法ですね。外食だと1食1,000円かかるところが、自炊すれば200円ほどで実現できることも多いです。

鍋物やスープ類は、安くてヘルシーでお腹が満たされるうえに、どんな具材でも合わせやすくて身体も温まるので特におススメです。自炊が難しいなら、夕方以降にスーパーに行けばタイムセールで安くお総菜が買えますよ。

保存がきくものは特売日や業務用を利用してまとめ買い。それ以外は毎日その日食べる分だけ買うようにすれば買い過ぎが防げ、冷蔵庫の中で腐らせずに済みます。

徹底的に食費を抑えるなら、ベランダやキッチンで野菜を育てたり、「タダヤサイドットコム」などを利用して規格外の野菜を手に入れたり、飲食店の覆面調査をしたりするのもいいですね。

一人暮らしの節約術 その4:水道光熱費は地道にコツコツ

水道も電気もガスも、1回1回の利用は数円~数十円単位の少額ながら、チリも積もれば山となります。使わないときはこまめに消すことを意識し、なるべく使わなくていい状況になるよう工夫しましょう。

水は、節水シャワーヘッドや節水コマなどのグッズを利用したり、入った後のお風呂の水を洗濯やトイレを流す時に再利用したりすることで節約できます。

電気とガスは自由化が進んでいるため、携帯電話のように様々な業者が様々なプランを打ち出しています。自分の住んでいる地域で、いつも使うくらいの量で他に安いプランがないか探してみましょう。

一人暮らしの節約術 その5:体調管理も節約のひとつ!

(写真=takayuki/Shutterstock.com)

日々の体調管理は、健康面だけでなくお金の面でも大切です。一人暮らしなのに病気やケガで動けなくなってしまうと、医療費もかかりますし仕事や家事に支障が出てしまいます。また、そこまで重大なものでなくても、風邪がなかなか治らず病院に通うことになったり虫歯が悪化して抜く羽目になったりして出費がかさむことがあるので甘く見てはいけません。 

一人暮らしの節約術 その6:税金はおトクな制度を活用

いつの間にか勝手に引かれている税金だって、節約は可能です。自治体に寄付することで住民税や所得税が控除されるうえにお礼の品までもらえる「ふるさと納税」や、老後に備えて準備できる個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)、少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)などを活用してみましょう。

実際にiDeCoを始めてみる

圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる
>>SBI証券の口座開設はこちら

運用コストを抑えた商品ラインナップと無料のウェブセミナーが充実
>>楽天証券の口座開設はこちら

三菱UFJフィナンシャル・グループで安心、iDeCo専用アプリが使いやすい
>>au カブコム証券の口座開設はこちら

簡単な質問に答えるだけで運用方針を提案してくれるナビが便利
>>岡三オンライン証券の口座開設はこちら

創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい
>>松井証券で投資を始めるにはこちら

お客様満足度94.5%、専用ロボアドバイザーなど充実したサポートが魅力
>>マネックス証券の口座開設はこちら

一人暮らしの節約術 その7:普段の意識をちょっとだけ変える

(写真=fizkes/Shutterstock.com)

財布に入れる現金を減らしたり、ネットで最安値を調べてから買う癖をつけたり、ちょっとしたことでもお金の無駄遣いを減らすことができます。

少し調べれば、ポイントが貯まりやすいクレジットカード、ATM利用や振込に手数料がかからないネット銀行など便利なものがすぐに見つかりますし、クーポン、株主優待券、金券ショップなど、普段の暮らしをおトクにできるチャンスは実は身近にあふれています。利用しない手はないですね。

>>ポイントが貯まる!楽天カードを申し込むならこちら
 

大切なのは「メリハリ」

節約生活が苦しくなりすぎないようにするのも大切なことです。我慢ばかりの節約は長続きしませんし、本来お金は幸せな生活を送るために存在するはずなのに、そのせいでストレスを溜めてしまっては本末転倒です。

ひとつずつでいいので、ゲームをクリアしていくような楽しい気持ちで取り組んで出費を抑える。趣味を満喫したり自分を磨いたりするお金は、ケチらずにしっかり使う。そんなメリハリの効いた使い方が理想的ですね。

文・馬場愛梨(ファイナンシャルプランナー・心理カウンセラー)

【こちらの記事もおすすめ】
せこくない、苦しくない、続く「節約術」まとめ
これで10%オフ!デパコスのオトクな買い方3選
免税店でさらにお得に買い物する3つの裏ワザ
イオン系列の株主優待「徹底活用術」生活費を浮かせる3つのポイント
えっ、知らないの?ヨーロッパでオトクに買い物できる「デタックス」活用法
PREV 貯金できるOLになるポイントは会社制度の利用と周りの協力
NEXT 貯金アプリで気づけば目標金額達成!?おすすめアプリ4選

続きを読む

Feature