貯める&備える
2018/08/18

プチプラな100均で!被災したときのために用意しておきたい防災グッズ

(写真=photka/Shutterstock.com)
(写真=photka/Shutterstock.com)
いつ使うかは分からないけれど、準備しておきたい防災グッズ。しかし専門店でそろえると高価になりやすいのがネックですよね。実は100円ショップには安価なのに役立ちそうなグッズがたくさんあるんです!まだ防災グッズを買っていない人は必見ですよ。

防災グッズは専門店でそろえるべき?

防災グッズをインターネットで検索すると、さまざまな専門店の商品がヒットします。ただひとつひとつ購入するとなると万単位になることも。特にこだわりがない、という場合はプチプラグッズでもよさそうです。

日常づかいも可能なグッズ

まずは普段から使えそうなグッズを紹介します。

軍手

BBQや掃除などで大活躍の軍手。有事のときには手を守る道具として使うことができます。年に数回は利用するという人も多いため、常備しておいても邪魔にならないグッズですね。

ばんそうこう

ケガをするときに使うばんそうこうは、もちろん災害時でも活躍します。大・中・小、そして水に塗れてもOKなばんそうこうを選ぶようにしましょう。

防犯アラーム

シングル女性なら常に携帯しているという人も多い防犯アラーム。有事で誰か助けを呼びたいというときに役立ちます。防災リュックにつけておくといいでしょう。

道具や工具

サバイバルナイフ

食べ物を切る以外にも布や皮を切ることができます。缶切りやドライバーなどがついた万能ナイフもいいですね。小型で軽量なため、持ち運びにも便利です。

着火燃料

ガスが使えないときに役立つ着火燃料。パックになっているタイプのものなら女性でも扱いやすいでしょう。説明が詳しく書かれているものを選ぶと便利です。

生活用品

寒い季節に被災する、断水になるなど、あらゆる被災シーンを考えておくとよさそうです。

温熱シート

冬に被災すると困るのは寒さ。温熱シートがあれば体が温められ、体力の消耗を抑えることができます。アルミの素材でできていて、軽いのに毛布のような温かさを感じられます。

携帯用トイレ

女性としてはなるべく用意しておきたいグッズです。処理方法も簡単なため、扱いやすさが人気です。

役立つ防災グッズも100均で!

100円とは思えないグッズがたくさんありましたね。自宅エリアのハザードマップを取り寄せ、どのような点が不安か考えた上でグッズをそろえてみてくださいね。

文・中原佳子(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
豊かな老後を迎えるために、アラフォーが今すぐすべき3つのToDoリスト
一生独身かも…老後が不安なアラフォー女性のための、幸せ貯金計画
お金が貯まる5つのコツ。「貯蓄1,000万円」も夢じゃない
脱・貯金オンチ。貯まらない女子「3つの言い訳」対処法
FPがダメ出し!「お金がない」ときにやってしまいがちな5つのNG行動
PREV 金融のプロに聞く!はじめてのIPO投資の「コツ」
NEXT 貯蓄預金とは?貯蓄預金口座のメリット・デメリットを解説

続きを読む

Feature