貯める&備える
2018/07/29

業績は過去最高!優待もおトクな「イオン」の株を徹底研究

(写真=George Rudy/Shutterstock.com)
(写真=George Rudy/Shutterstock.com)
「株主優待がおトクすぎる!」と人気銘柄のイオン <8267> について徹底研究しました。

株主優待や配当の情報はもちろん、株を買う前には株価の動向やリスクについても知っておきたいところ。身近でおなじみの企業ですが、あなたはイオンについてどれくらい知っていますか?

※本記事はイオン株式会社の有価証券報告書-第93期(2017年3月1日~2018年2月28日)の情報を元に執筆されました

イオンってどんな会社

(写真=TierneyMJ/Shutterstock.com)

イオンで1日を過ごす人のことを「イオニスト」というそうです。さすがは国内流通2強の一角ですね(もう一つは「セブン&アイ・ホールディングス <3382> 」。

イオンは純粋持株会社であるイオン株式会社と、291社の連結子会社、31社の持分法適用関連会社で構成される総合グループです。総合スーパー(GMS)事業を手掛けるイオンリテールを中心に、専門店やアミューズメントなどのM&Aで成長してきました。イオン銀行をはじめとする金融業や不動産業もグループの稼ぎ頭として成長しつつあります。

また、日本国内だけでなく中国、ASEANの各国へも事業展開しています。

イオンの事業は主に7つ。最新の有価証券報告書(第93期、2017年3月1日~2018年2月28日)を参考に、それぞれの事業を見ていきましょう。

1)総合スーパー(GMS)事業

 営業収益:3兆842億7800万円(前期比+0.6%)
事業概要:「イオンリテール」「イオンバイク」「トップバリュコレクション」など計11種類の店舗を展開

2)スーパーマーケット(SM)事業

営業収益:3兆2409億7800万円(前期比+0.7%)
事業概要:全国に展開しているスーパーマーケット「マックスバリュ」「いなげや」「アコレ」「イオンマーケット」「マルエツ」「ダイエー」などを運営

3)ドラッグ・ファーマシー事業

営業収益:6963億9200万円(前期比+11.7%)
事業概要:「ウエルシア薬局」「クスリのアオキ」「CFSコーポレーション」「ウェルパーク」などの薬局を展開

4)総合金融事業

営業収益:4080億9200万円(前期比+9.7%)
事業概要:「イオン銀行」や、ワオンで有名な「イオンクレジットサービス」を運営

5)ディベロッパー事業

営業収益:3356億6400万円(前期比+6.2%)
事業概要:「イオンモール」を運営

6)サービス・専門店事業

営業収益:7742億3700万円(前期比+1.1%)
事業概要:建物の警備保安や清掃を担当する「イオンディライトセキュリティ」、ペット用品の販売やトリミング・ホテルを運営する「イオンペット」、世界中の化粧品を取り扱う「コスメーム」など

7)国際事業

営業収益:4188億8400万円(前期比+5.1%)
事業概要:中国やASEAN諸国で事業を展開
※連結対象期間は主として1月から12月
1 2 3 4
Page 1 of 4
PREV 税金がかかる年金、かからない年金の違いは?
NEXT 親の保険も要チェック。「保険証券・約款」の正しい読み方

続きを読む