キャリア
2019/10/29

東京の転職エージェント目的別9選 上手に使いこなす方法とは?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
東京都には、2016年時点で約41万9,000社の企業が所在しています。「東京で転職先を探したい」と漠然と考えていても、転職エージェントも企業も数がありすぎて選び方に困ってしまうでしょう。東京で転職に成功するためには、まずエージェント選びがポイントです。

東京の転職事情とは

(写真=PIXTA)

東京で転職活動をする場合、地方での転職とは異なる点がいくつかあります。まず一番に求人数と転職希望者の数が圧倒的に違います。当然ながら、人気の求人は競争倍率が圧倒的に高くなります。

また、地方に住みながら東京での就職を考えている場合、上京への憧れが先行してしまい、具体的にどのような転職活動をおこなえばよいのかイメージがつかめないこともあるでしょう。

すでにどうしても入社したい企業が定まっている場合を除けば、求人数が多い東京では転職エージェントを頼ることがおすすめです。自分のキャリアを、まずは第三者から客観的にみてもらうことで、今後への課題や転職を成功させるためにとるべき対策が見えてくるというメリットもあります。

転職エージェントを利用するメリット・デメリット

(写真=PIXTA)

転職エージェントとは、転職希望者と人材を欲している企業をマッチングさせる人材紹介サービスの一つで、単なる転職サイトと違うのはアドバイザーが親身にサポートしてくれる点です。

転職サイトで応募したい企業を見つけたら、転職エージェントを通して応募するのがおすすめです。エージェントとして企業側と話すことができるため、自力で企業に応募するよりも通過率が高くなりやすいほか、経歴次第ではエージェントからより条件の合う求人や非公開求人を紹介してもらえることもあるでしょう。

「なんとなく転職を考えているけれど自分に合っている仕事がわからない」「初めての転職で職務経歴書の書き方がわからない」などの悩みがある場合も、まずは転職エージェントを利用してみることで、アドバイザーからの客観的な視点で自分の市場価値を理解するきっかけにもなります。

また、転職エージェントを介すことで面接日程などを転職エージェントが代わりに調整してくれることもあり、応募先とのやりとりに悩まなくてよいというメリットがありますが、一方で転職エージェントの介在によって転職活動の進みが少しゆっくりになるデメリットもあります。

転職エージェント選びの2つのポイント

(写真=PIXTA)

業種や職種に特化したエージェントもある

金融系や不動産系、またはエンジニアなど、手に職のある専門職志望の人はそれに特化した転職エージェントを頼るのも一つです。取り扱っている求人数が多いに越したことはないかもしれませんが、それよりも「いかに自分の希望に近い求人を取り扱っているか」が転職エージェント選びのポイントになります。

担当者との相性で選ぶ

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが担当者としてフォローしてくれます。自分の気持ちや立場を理解してくれるようなアドバイザーと出会うことが、転職を成功させるカギにもなります。

特徴別で選ぶ転職エージェント9選

(写真=PIXTA)

大手「リクルートエージェント」

とにかく求人数が多い「リクナビNEXT」と連携したリクルート社のエージェントです。言わずと知れた業界大手で、情報収集のためまず手始めに登録する人も多いでしょう。スピーディーに転職をしたい人にもおすすめです。

都内求人に強い「type転職エージェント」

typeには女性のキャリアアドバイザーが多く在籍しており、また長年の実績に信頼をおけるエージェントの一つ。東京近郊の求人を中心に揃えており、効率よく求人検索ができます。

クリエイター志向なら「マイナビクリエイター」

「マイナビエージェント」も20~30代の若手を中心におすすめですが、あえてここではニッチな「マイナビクリエイター」を紹介します。

こちらはWeb・ゲーム関連職「専門」の転職支援を行っており、クリエイターならではの「ポートフォリオの作り方」、さらには面接対策まで、専任のキャリアアドバイザーが直接サポートしてくれます。ゲーム業界やクリエイター志向なら一度は登録しておきたい転職エージェントです。

書類選考不要「DYM就職」

「DYM就職」では、書類選考を飛ばして、直接採用担当者や企業の社長と交渉できる特長があります。面接に自信のある人におすすめなのはもちろんのこと、第二新卒・フリーター向けの支援が充実しています。

フリーター専用「JAIC」

厚労省から優良人材紹介事業者にも認定されている「JAIC」。フリーター向けの就職支援が手厚く、人材確保に悩む企業側への採用フォローも行っています。

女性向け「リブズキャリア」

大手「パソナキャリア」も女性に人気ですが、こちらも女性ならではのキャリアの悩みにとことん寄り添ってくれる転職エージェントです。育児との両立や、リモートワークOKなどのこだわり条件で求人を効率よく探すことができ、転職を機にキャリアアップだけではなくワークライフバランスを整えたい女性にもおすすめのフォローアップが充実しています。

ITエンジニアに特化「レバテックキャリア」

IT・WEB業界のエンジニアやクリエイター専門の転職エージェントです。専門とだけあって、各企業の開発方針や社風まで詳しく理解したうえで企業を紹介してもらえるなど、専門職の転職に心強いサポーターといえます。

マスコミ業界志望なら「マスメディアン」

広告・Web・マスコミ職種に興味がある人におすすめの転職エージェントです。マーケティング・コミュニケーションの総合シンクタンク「宣伝会議」のグループ会社ならではの情報ネットワークを駆使しながら、転職希望者を支援してくれます。

金融/コンサルに特化「コトラ」

金融系やコンサル業界で転職を考えている人におすすめのエージェントです。製造業、エグゼクティブの転職支援にも特化しており、エージェントの顔ぶれも業界のプロフェッショナルが揃っています。

複数の転職エージェントに登録する利点

(写真=PIXTA)

求人情報の激戦区である東京には転職エージェントが多く存在しており、求職者も複数の転職エージェントに登録しながら転職を進めるのが一般的です。基本的にどの転職エージェントも無料で利用できるので、気になったらまずは登録してみて、一番相性がよさそうなエージェントを頼るのもひとつでしょう。

複数の転職エージェントに登録し、視野を広げながらじっくり自分のキャリアを見つめ直すことが転職を成功させるカギとなるでしょう。

文・木村茉衣(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
OLのための「教育訓練給付金」活用術
昇進した方が収入アップする人3つの特徴
働き方を変えずに収入アップする4つの方法
年収1,000万円女子に学ぶ有意義な自己投資
副業で「楽しく稼ぐ」ポイントとは?
PREV 夢は叶えるためにある。「仕事運を切り拓く力」の身につけ方
NEXT 辞めさせてもらえない⁈ ブラック企業に入ってしまった時の対処法

続きを読む

Feature