キャリア
2019/10/07

年収1,500万円を目指せる高収入企業トップ7

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
せっかく働くのなら年収は高いほうがいいですよね。では、どのような企業に勤めれば高年収を実現できるのでしょうか。データを元に、年収1,500万円を目指せる企業をまとめました。

企業規模別の平均年収

まずは、国税庁のデータより、企業の規模による年収の違いを確認しましょう。
 
資本金の額 平均年収
2,000万円未満 425万円
2,000万円~10億円未満 473万円
10億円以上 635万円

企業規模が大きくなるほど平均給与が大きくなり、特に資本金10億円以上で大きく伸びています。

なお、個人企業の平均年収は270万円でした。資本金10億円以上の大企業の半分にも満たない額です。高年収を実現したいなら資本金10億円以上の大企業に勤めたほうが良いことが分かります。

上場企業 業種別年収ランキング


投資事業次に、東洋経済が上場企業を対象に調査した、64業種別の40歳時点でのモデル年収を見てみましょう。
順位 業界 40歳モデル平均年収
  業界平均 600万円
1 コンサルティング 1,316万円
2 総合商社 1,232万円
3 放送 879万円
4 携帯電話事業者 839万円
5 投資事業・投資ファンド 815万円
・・・
62 ホテル 464万円
63 百貨店 452万円
64 介護 401万円
      
トップとなったのはコンサルティング業で、業界平均600万円の倍以上でした。

ワースト1位は介護業。コンサルティング業との差は3倍以上の差があります。上場しているような大企業であっても、業界によっては高収入が望めない現実があるようです。

年収1,500万円を目指せる企業は?

同じく東洋経済のデータより、企業別の年収ランキングTOP10をご紹介します。
 
順位 企業名 40歳モデル平均年収
  上場企業平均 603万円
1 M&Aキャピタルパートナーズ 2,920万円
2 キーエンス 2,299万円
3 GCA 2,129万円
4 ヒューリック 1,641万円
5 ストライク 1,636万円
6 日本M&Aセンター 1,535万円
7 三菱商事 1,533万円
8 伊藤忠商事 1,471万円
9 日本商業開発 1,458万円
10 フロンティア・マネジメント 1,429万円

トップとなったのはM&Aキャピタルパートナーズです。年収は2,920万円で、平均603万円の5倍近い額となりました。

調査対象は上場企業約3,700社ですが、平均年収が1,500万円を超えたのはわずか7社でした。平均年収1,000万円超えの企業も47社にとどまり、全体の1.5%未満という結果となりました。

年収の高い業界の大企業がねらい目

高年収を狙うなら大企業というだけでは足りず、そもそも年収の高い業界でないと難しいのかもしれません。もし高年収を得たいなら、今回のランキングで上位に入ったような企業への就職も考えてみてはいかがでしょうか。

文・若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
OLのための「教育訓練給付金」活用術
昇進した方が収入アップする人3つの特徴
働き方を変えずに収入アップする4つの方法
年収1,000万円女子に学ぶ有意義な自己投資
副業で「楽しく稼ぐ」ポイントとは?
PREV 「セブン&アイHDGS.」の平均年収はいくら?女性管理職比率30%を目指す!
NEXT 「楽天」の平均年収はいくら?先進的な職場環境で成長できる研修も充実

続きを読む

Feature