トクする
2019/08/31

ガンやうつ病も対象。知って得する「障害年金」の基礎知識

(写真=PR Image Factory/Shutterstock.com)
(写真=PR Image Factory/Shutterstock.com)
「年金」と聞くと、老後にもらえるお金のことを想像する人がほとんどでしょう。しかし、日本の年金制度では、病気やケガで一時的に働けなくなった時にも役立つ「障害年金」もあることをご存知でしょうか。今回は、もしもの時の強い味方となる障害年金について、制度の仕組みと受給対象をご紹介します。

障害年金とは

> 年金は、老後を迎えた時に受け取る「老齢年金」のほか、配偶者等が亡くなった時に支給される「遺族年金」、障害状態になった時に支給される「障害年金」があります。

> 障害年金は、病気や怪我で一定の障害状態になった場合に支給される年金です。障害基礎年金は20歳前で保険料を納付していなくても要件を満たせば年金は支給されます。障害基礎年金は、障害等級が1級と2級の場合に支給されますが、障害厚生年金は、3級でも支給され、さらに3級より軽い障害でも支給される障害手当金の制度があります。

詳細はこちら。
1 2
Page 1 of 2
PREV 楽天カードの申し込みの流れを解説 キャンペーンを見逃さないようにしよう!
NEXT 増税前にキャッシュレスの準備を。使う人だけがトクする時代に

続きを読む

Feature