「カードローンの利用はあまり人に知られたくない」という人は意外に多いのではないでしょうか。特に家族に内緒でカードローンを利用したい人もいるかもしれません。

家族に知られずにカードローンを利用することは可能です。本記事では、カードローン利用が家族に知られる7つの原因を解説しつつ、その原因に対応できる4つのカードローンを紹介します。

家族にカードローンがバレる7つの原因と対策

家族にカードローン利用が知られる主な原因は、以下の7つです。

【家族にカードローンがバレる7つの原因】
・原因1:申し込みの場面や書類を見られる
・原因2:申し込み時の電話連絡を家族が受けてしまう
・原因3:借りる場面を見られる
・原因4:利用明細書を見られる
・原因5:ローンカードを見られる
・原因6:通帳を見られる
・原因7:督促状で知られる

思わぬところから家族に利用がバレてしまうことがあります。それぞれについて確認し、バレにくくする対策もあわせてチェックしましょう。

原因1:申し込みの場面や書類を見られる

カードローンの申し込みのために専用の店舗や契約機に行くと、その場面を見られてしまう可能性があります。また申し込みの書類を見られてしまう可能性にも注意が必要です。

対策:WEB申し込みを利用する
カードローン会社によっては、申し込みをWEBで完結できる場合があります。書類の郵送も不要なカードローン会社もありますので、カードローンの申し込みはできるだけWEBから行いましょう。

原因2:申し込み時の電話連絡を家族が受けてしまう

カードローンに申し込むとカードローン会社から電話連絡が来るケースがあります。申し込み時の不備や確認事項がある場合です。その電話を家族が受けてしまうと、怪しまれる可能性があります。

カードローンの利用が知られないように個人名で電話が掛かってくるなど、カードローン会社側の配慮もありますが、家族に内緒にしたいなら注意したいポイントです。

対策:連絡先に携帯電話を登録
申し込みの際、連絡先に自宅の固定電話を登録せず、自分の携帯電話の番号を登録しておきましょう。

【電話連絡なしのカードローンも】
カードローンによっては、申し込み時に「電話連絡しない」と公言している場合があります。
家族に内緒でカードローンを利用したい場合、そのようなカードローンを選択してもよいでしょう。ただし確認事項などがある場合は電話連絡があることもあるため、「100%電話連絡がない」というわけではない点は留意しておきましょう。
電話連絡なしのカードローンについては後述します。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

原因3:借りる場面を見られる

カードローンは、申し込み後に審査を経て契約を行うことでお金を借りることができます。専用の店舗や契約機でもお金を借りられますが、申し込み同様、借りる場面を周囲の人に見られてしまう可能性がある点には注意しなければいけません。

対策:コンビニATMから引き出す
多くのカードローンは、コンビニATMと提携しています。コンビニATMからお金を引き出せば、万が一借りる場面を見られてもカードローンを利用しているとは思われにくいでしょう。

原因4:利用明細書を見られる

カードローンを利用すると利用明細書が自宅へ郵送されるケースがあります。またATMでお金を引き出す際も一般的に利用明細書が発行されます。

利用明細書には、カードローンの利用が分かるような内容が記載されているため、家族に見られるとカードローンを利用していると分かってしまう可能性があるでしょう。

対策:利用明細書の郵送を止める・ATM発行分はすぐに破棄する
利用明細書は、貸金業法によってローン会社に義務付けられているので完全になくすことはできません。ただし利用明細書をWEBで確認するように設定することで郵送を止められる場合があります。 そのため家族に内緒にしたい場合、カードローンの利用明細書はWEBで確認するよう設定しできるだけ書類の郵送を減らすようにしましょう。またATMから発行される利用明細書は、自宅に持ち帰らずすぐに破棄するのがおすすめです。

原因5:ローンカードを見られる

カードローンでお金を引き出す場合、ATMに専用のローンカードを差し込んで利用するのが一般的です。しかし財布などにしまってあるローンカードを家族に見られ、カードローンの利用が知られてしまう可能性もあります。

対策その1:カードレス契約にする
カードローン会社によっては、カードを発行しない「カードレス契約」を行っている場合があります。カードの代わりにスマホアプリなどを利用してお金を引き出せるため、できるだけカードレス契約を実施しているカードローンを選択しましょう。 対策その2:銀行系カードローンならキャッシュカード併用型がおすすめ
銀行系カードローン(銀行が運営するカードローン)の場合、専用のローンカードではなく、預金口座のキャッシュカードでお金を借りられる場合があります。見た目は、通常のキャッシュカードですので仮に見られてもカードローンを利用しているとは思われないでしょう。

原因6:通帳を見られる

カードローンは、銀行口座へ直接振り込んでもらう方法でも借り入れが可能です。また返済も銀行振込や引き落としで行うこともできます。

その場合には、銀行口座の取引明細に履歴が残ってしまうので、万が一通帳を見られてしまうとカードローンの利用が知られてしまうかもしれません。

対策:カードローン専用の口座を作る
家族に内緒といっても銀行口座を使えないとせっかくの利便性が台なしです。対策として家族に見られる可能性の低い「カードローン専用のネット銀行口座」を作っておきましょう。通帳の発行もないネット銀行であれば家族へ取引明細を知られる可能性が低くなります。

原因7:督促状で知られる

返済を滞納すると設定で書類の郵送を止めていても、カードローン会社から自宅に督促状が送られる場合があります。家族に見られる可能性があるため、返済の滞納は最も避けたい事態です。

対策:カードローン専用の口座から引き落とし、返済忘れを防止
カードローンの返済は、銀行口座からの引き落としもできます。上述したカードローン専用の銀行に引き落としの設定をしておきましょう。もちろん残高不足で引き落としできない場合は延滞となってしまうため、注意が必要です。

【滞納しても周囲に知られないよう配慮される】
たとえ返済を滞納しても、カードローン会社は「周囲にカードローンの利用が知られないよう」配慮します。なぜならカードローンの利用を周囲に知らせる行為は、貸金業法によって禁止されているためです。
ただし督促状の送付など一定の手続きは行われます。家族に内緒にしたい場合、返済は確実に行うようにしましょう。
若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

家族に内緒なら「消費者金融系カードローン」がおすすめ

上述の内容を踏まえると家族に内緒にカードローンを利用したい場合、以下のポイントを押さえるとよいでしょう。

【家族に内緒でカードローンを利用したい場合 気をつけたいポイント】
・申し込みなどの手続きを、できるだけWEBで完結させる
・電話連絡&書類をできるだけ減らす
・カードレスにする

これらのポイントを押さえているのが「消費者金融系カードローン」です。消費者金融系カードローンについて詳しく確認しましょう。

WEBから申し込める

消費者金融系カードローンは、申し込みや契約の手続きをWEBで完結させるサービスを行っています。手続きの場面を誰かに見られる可能性が低くできるため、家族に内緒にしたい人にはおすすめです。

電話連絡や書類、カードをなくせる

電話連絡や書類の郵送がなかったりカードレス契約に対応していたりする消費者金融系カードローンもあります。家族に知られる可能性が低くなるため、内緒にしたい人にはぴったりです。

アプリでコンビニATMから借りられる

お金を借りる場所も専用の店舗や契約機ではなくコンビニATMで可能です。カードレス契約ならアプリで借りられるので、ローンカードが見られる可能性もありません。

「消費者金融系カードローン」は利息無料キャンペーンも魅力的
消費者金融系カードローンの多くは、一定期間利息が発生しない「利息無料キャンペーン」を実施しています。家族に知られるリスクとは関係ありませんが、せっかくお金を借りるなら利用したいサービスですね。

家族に内緒にしたいときにおすすめのカードローン4選

家族に内緒にしたいときにおすすめなのが以下の4つのカードローンです。いずれも消費者金融系カードローンで家族に知られにくい仕組みになっています。

・SMBCモビット
・アイフル
・プロミス
・レイクALSA

SMBCモビット

申し込みのWEB完結
申し込み時の電話連絡なし
利用明細書の郵送の停止
カードレス契約
利息無料キャンペーン なし

「SMBCモビット」は、「WEB完結」で申し込むと電話連絡や書類がありません。カードレス契約なのでローンカードの発行もありません。契約後は、会員専用ページの「Myモビ(PC版)」から利用明細書の電子受け取りを選択すれば利用明細書の郵送も止められます。

家族に内緒にするならおすすめですが、利息無料キャンペーンはありませんので注意しましょう。

【家族にバレにくい!SMBCモビットの利用ポイント】
・WEB完結で申し込む
・利用明細書を電子受け取りに変更

>>SMBCモビットの詳細はこちら(公式サイトへ)

アイフル

申し込みのWEB完結
申し込み時の電話連絡なし
利用明細書の郵送の停止
カードレス契約
利息無料キャンペーン 初回契約の翌日から30日間

「アイフル」もWEB完結に対応しておりカードレス契約も可能です。申し込みの電話連絡も原則行っていません。利用明細書の郵送も、「明細書のWEB受け取り」を選択していればありません。

また、初めてアイフルと契約する場合、契約日の翌日から利息が30日間発生しない点もおすすめです。

【家族にバレにくい!アイフルの利用ポイント】
・WEB完結で申し込む
・利用明細書の「電磁的交付サービス」を利用

>>アイフルの詳細はこちら(公式サイト)

プロミス

申し込みのWEB完結
申し込み時の電話連絡なし ×
利用明細書の郵送の停止
カードレス契約
利息無料サービス 初回の出金から30日間

プロミスもWEB完結、およびカードレス契約に対応しています。利用明細書の郵送もweb明細を選択すれば止めることができます。ただし申し込み時の電話連絡をなくすことはできません。

申し込み時の電話連絡は、基本的に職場へ個人名でかかってくるので家族に知られる可能性は高くありません。念のため登録する電話番号は自分の携帯電話にしておきましょう。

なお契約日の翌日ではなく、初回借り入れの翌日から30日間利息無料となる点も大きなメリットです。

【家族にバレにくい!プロミスの利用ポイント】
・WEB完結で申し込む
・「web明細」を選択する

>>プロミスの詳細はこちら(公式サイト)

レイクALSA

申し込みのWEB完結
申し込み時の電話連絡なし ×
利用明細書の郵送の停止
カードレス契約
利息無料期間 契約翌日から60日間
or
契約翌日から180日間(※1)
※180日間は5万円の利用まで

レイクALSAもWEB完結およびカードレス契約に対応しています。利用明細書も「Web明細サービス」を利用すれば郵送されません。

しかしプロミスと同様に電話連絡をなくすことはできません。申し込みの際には注意しましょう。

【家族に見つかりにくい!レイクALSAの利用ポイント】
・WEB完結で申し込む
・「Web明細サービス」を利用する

>>レイクALSAの詳細はこちら(公式サイト)

(※)≪60日・180日共通の注釈≫
※初めてなら初回契約翌日から無利息 ※無利息期間経過後は通常金利適用。 ※30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。 ※ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
≪60日間無利息の注釈≫
※Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。 ※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
≪180日間無利息の注釈≫
※契約額1万円~200万円まで

≪貸付条件≫
融資限度額 1万円~500万円 貸付利率 4.5%~18.0% ご利用対象 年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方 遅延損害金(年率) 20.0% ご返済方式 残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング ご返済期間・回数 最長8年、最大96回 必要書類 "運転免許証 ※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 担保・保証人 不要 ※商号:新生フィナンシャル株式会社 ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号

家族に内緒にするなら「消費者金融系カードローン」

家族に内緒でお金を借りたいなら消費者金融系カードローンを選択しましょう。WEBで手続きが完結できるため、家族に知られる可能性を低くできます。契約後、利用明細の郵送を止める手続きも忘れないようにしましょう。

若山卓也
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。 AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有
証券会社で個人向け営業を経験し、その後ファイナンシャルプランナーとして独立。金融商品仲介業、保険募集代理業、金融系ライターとして活動しています。 関心のあるジャンルは資産運用や保険、またお得なポイントサービスなど。お金にまつわることなら幅広くカバーし、発信しています。 AFP、プライベートバンキング・コーディネーター資格保有
 

【こちらの記事も読まれています】
審査なしのカードローンはない!すぐお金が必要な場合の即日融資方法とは
カードローンのメリット・デメリットとは?上手に使いこなすためのポイントも解説
キャッシングとカードローンの違いを解説!金利・返済方法などを踏まえて検討しよう
カードローン(無利息期間あり)のおすすめは?金利・審査・融資額など徹底比較
借り換え可能なカードローンとおまとめローン徹底比較!金利や審査など総まとめ