貯める&備える
2019/08/02

一人暮らし女子ができる簡単節約術5選!手軽に節約して貯金美人に

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
一人暮らし女子にとって大きな悩みの一つが家計のやりくり。節約する気持ちはあっても、なかなか難しい人も多いでしょう。

そんな人におすすめなのが、これからご紹介する5つの節約法。洋服代、食費、家賃、通信費、交際費は少しの工夫で節約効果大!ぜひこの記事を参考に、節約にトライしてみてくださいね。

一人暮らし女子がまず節約したいのは洋服代

(写真=PIXTA)

フリマアプリの利用で節約

一人暮らし女子の節約を阻んでいるのが洋服代。まずはここにメスを入れましょう。

一番におすすめしたいのが格安で洋服を買えるフリマアプリです。洋服の多くは中古ですが、中には新品も出品されていますので要チェックです。

また、不要な洋服を売れるのも大きなメリット。匿名配送なら安全ですし、売上金はさまざまな用途で使えます。また、メルカリなら売上をメルペイでの決済に利用できてよりお得です。

レンタルサービスの利用で節約

洋服のレンタルサービスもおすすめです。7,000~1万円程度の月額固定料金で好きな服を何枚も借りられます。クリーニングや修繕などのメンテナンスの費用も月額料金に入っているのがうれしいポイント。

また、スタイリストが利用者の体型や好みに合った洋服を選んでくれるのもメリットの一つです。お金をかけずにファッションを楽しむことができます。

一人暮らし女子の食費は自炊で節約

(写真=PIXTA)

外食やコンビニ利用は控えるのが鉄則

食費が増える一番の原因は外食です。1回の外食費はランチで1,000円。ディナーや飲み会だともっとかかります。そんな外食生活を続けていれば当然食費は跳ね上がり、家計を圧迫します。

また、コンビニも食費を増やす原因になりがち。次々と新商品が出るコンビニは魅力的ですが、価格は割高。1回の費用が外食費並みになる場合も多いので注意が必要です。

食費を節約するならこれらを控えるのが鉄則。自炊中心の生活に切り替えるとよいでしょう。

自炊にはレンジを使った簡単時短料理がおすすめ

食費の節約は自炊が基本ですが、多忙な一人暮らし女子が毎日しっかり自炊するのは難しいでしょう。

そんな人におすすめなのが、電子レンジを使った簡単時短料理。ネットのレシピサイトやブログを参考に、短時間でできる料理を作りましょう。

また、料理初心者には、料理の手順がよくわかる動画サイトがおすすめです。

業務用スーパーの冷凍食品は自炊生活の強い味方

自炊はしたいけど、食材を使いきれないのが悩み……そんな人に利用してほしいのが、低価格で買える業務スーパーの冷凍食品です。

野菜や肉などの冷凍食材は大容量でお得。日持ちするのでムダがありません。また、下ごしらえ済みで料理の時間を大幅に短縮できる点も大きな利点です。

もちろん、業務スーパーにはレンチンで食べられる冷凍加工食品もあります。それらを上手に活用すれば無理なく自炊ができて食費の節約効果も高くなります。

一人暮らし女子の家賃の節約は立地や部屋選びがカギ

(写真=PIXTA)

一人暮らしの節約には固定費の削減が大きなカギ。その一つが家賃です。新たに部屋を借りる場合は、家賃が安い物件を選びたいところです。

そこでまず検討したいのが、駅から少し離れている場所にある物件。安い家賃で借りられる優良物件が見つかる可能性が高いでしょう。

また、同じ物件でも角部屋や高層階は家賃が高くなりがち。その点も注意して部屋を選ぶことがポイントです。

なお、一人暮らし女性は犯罪に巻き込まれる可能性があります。治安が悪い地域を避ける、オートロックの物件を選ぶなどの配慮も必要です。

一人暮らし女子の節約では通信費も要チェック

(写真=PIXTA)

同じく毎月かかる通信費も見直しが必須です。スマホとインターネット料金にムダがないかをチェックしましょう。

まずはスマホ。キャリア回線のスマホ料金は割高なので、継続利用するならプランの見直しは必須です。

さらに節約効果が高いのは、格安スマホへの切り替え。多少のデメリットはありますが、スマホ料金は確実に安くなります。

また、インターネットサービスの見直しで、より安く利用できるサービスを選ぶのもよいでしょう。それによってスマホ料金も安くなる場合があります。

一人暮らし女子の交際費は見直しにより節約可能

(写真=PIXTA)

交際費も見直しにより節約できます。

気の進まないランチや合コン、ストレスがたまるお付き合いは本当に必要でしょうか。そのようなお付き合いは家計と心に大きな負担となります。

それを避けるためにも、本当に必要なお付き合いを選ぶことが重要です。嫌な人とのお付き合いや行きたくない場所へのお誘いは上手に断りましょう。それも大人の女性のたしなみです。

特に仕事関係では要注意。仕事を理由によこしまな考えであなたを誘う人間もいます。そのような誘いに乗らないためにも日ごろからイエスノーをはっきりさせ、容易に利用されないことが大事です。それが自分を守るだけではなく、交際費の節約にもつながります。

一人暮らしの節約は無理のない範囲で継続しよう

今回は一人暮らしの人が上手に節約する方法をご提案しましたが、無理は禁物です。心に負担がかかるほど節約に励んでしまった結果、ストレスからかえって浪費に走ってしまう場合があるからです。

それを防ぐためにも、節約は無理のない範囲で継続することを目指しましょう。そうすれば、節約の習慣がおのずと身に付き、貯蓄も増えるかもしれません。

文・大岩楓

【こちらの記事もおすすめ】
苦しくない、続く「節約術」まとめ
40代シングル女性のリアル貯蓄と節約
一人暮らしから大家族までできる10の節約貯金術
節約して一人暮らしアラフォーライフを満喫するには?
効率よく100万貯める節約生活12ポイント
PREV 知らないと損する、定年退職後のお金や保険のこと
NEXT 独身だから活用したい。老後に備えたマンション経営

続きを読む

Feature