貯める&備える
2019/06/03

5日間2,500円で乗り切る節約献立 給料日前のピンチを乗り切る!

(写真=Pinkyone/Shutterstock.com)
(写真=Pinkyone/Shutterstock.com)
「給料日まであともう数日。けれど、残金がピンチ……!」そんなときに削りやすい項目の一つが食費です。食費は日々のちょっとした工夫次第で無理なく気軽に節約できるもの。買い出しと献立を計画的に行うことで、ボリューム満点でおいしい食事を叶えられます。そこで今回は、5日間を2,500円で乗り切れる節約献立例をご紹介します。「いつもついついスーパーでたくさん買ってしまって、予算がオーバーしてしまう」、「献立やレシピを考えるのが苦手」という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

5日分の買い物リスト

(写真=goir/Shutterstock.com)

まずは、5日間2,500円で乗り切るためのポイントと買い出しに必要な食材を確認してみましょう。

買い出し時のポイント

まず、食費節約のポイントとして、食材の買い出しはまとめ買いが基本です。何度も買い物に行ってしまうと不要なものまで購入してしまうことも。そのため、あらかじめ献立を計画しておき、必要な食材をリスト化しておくのがおすすめです。

また、買い物に行く回数を減らすためには、購入した食材を長持ちさせる工夫も必要。肉類や魚類などは購入後に小分けして冷凍保存すると良いでしょう。野菜も水分が出ると腐敗の原因となるため、使ったものは保存用袋やタッパーにキッチンペーパーなどを一緒に入れておくと長持ちします。

5日間2,500円で乗り切るために必要な食材

  • ひき肉(300グラム)
  • 豚肉(300グラム)
  • 厚揚げ
  • 鮭(2切れ)
  • キャベツ(半玉)
  • 玉ねぎ
  • にんじん(2~3本)
  • しめじ
  • ちくわ
  • ほうれん草
  • 卵(4個入)

月曜日の献立

(写真=funny face/Shutterstock.com)

【主食】玉ねぎともやしでかさ増しハンバーグ

ひき肉……150グラム
玉ねぎ……1/2
もやし……1/4袋
卵……1個
  1. 玉ねぎ、もやしはみじん切りにしてひき肉と混ぜる
  2. 卵を入れて粘りが出るまで混ぜたら、丸めてタネを作る
  3. 中火で焼き目をつけたら弱火で蒸し焼きにして、醤油・みりん・酒・砂糖で作った甘辛いタレをかければ完成

【副菜】キャベツ・にんじん・しめじ・もやしで野菜たっぷりスープ

キャベツ……数枚
にんじん……1本
しめじ……1/2
もやし……1/2袋
  1. それぞれの食材を一口大にカットして鍋で煮込む
  2. コンソメと塩コショウで味付けをして完成
ハンバーグは玉ねぎともやしでかさ増しすることで節約できるほか、ヘルシーでダイエットにも◎。シャキシャキとした食感で満足度も満点です。スープは多めに作っておくと翌日も食べられますね。

火曜日の献立

(写真=decoplus/Shutterstock.com)

【主食】玉ねぎともやしと鮭でさっぱりムニエル

鮭……1切れ
玉ねぎ……1/4~1/2
もやし……1/4袋
  1. 玉ねぎはくし切りにする
  2. ホイルにもやし・鮭・玉ねぎの順に乗せていき、塩コショウと酒、お好みでマヨネーズをかけて包む
  3. 2センチほど水を張ったフライパンに2を入れフタをして蒸す
  4. ポン酢や七味をかけて完成

【副菜】しめじとちくわの簡単ケチャップ炒め

しめじ……1/2
ちくわ……1袋
  1. ちくわを斜め切りにする
  2. フライパンでちくわとしめじを炒めて、ケチャップ・めんつゆ・みりんで味付けをして完成
ポン酢をかけて食べる鮭のムニエルはさっぱりといただくことができます。副菜は冷めてもおいしいので、残ったら翌日のお弁当のおかずにもおすすめです。

水曜日の献立

(写真=K321/Shutterstock.com)

【主食】豚肉とキャベツでお手軽回鍋肉

豚肉……150グラム
キャベツ……数枚
  1. 味噌・砂糖・みりん・醤油・酒を混ぜてあらかじめタレを作っておく。お好みで豆板醤を入れてもOK
  2. 豚肉・キャベツを適当な大きさにカットして炒め、火が通ったら1を絡めて完成

【副菜】卵とにんじんで彩り抜群にんじんしりしり

卵……2個
にんじん……1本
  1. にんじんを千切りにする
  2. 1のにんじんをフライパンで炒めて、ある程度火が通ったらめんつゆと水を投入
  3. 水分がなくなったら溶き卵を入れて、ごま油をひとまわしすれば完成
回鍋肉は食べ応えも抜群でご飯の上に乗せて丼にするのもおすすめ。にんじんしりしりは彩りも鮮やかなので、お弁当の一品にもぴったりですよ。

木曜日の献立

(写真=stockcreations/Shutterstock.com)

【主食】ほうれん草と鮭のガリバタ焼き

鮭……1切れ
ほうれん草……1/2
  1. ほうれん草と鮭は一口大にカット
  2. フライパンにバターを温め、鮭を焼く
  3. ほうれん草を投入して、にんにくチューブとバターを入れてさらに炒めれば完成

【副菜】ひき肉のトロトロあんかけ厚揚げ

厚揚げ……1パック
ひき肉……150グラム
  1. 厚揚げを一口大にカットする
  2. ひき肉をフライパンで炒めて、色が変わったら1の厚揚げも加える
  3. 水・味噌・醤油・砂糖・にんにくを2に入れて煮込む
  4. 水溶き片栗粉を入れてとろみがついたら完成
鮭を使ったガリバタ焼きは、にんにくが効いてごはんのお供に最適。厚揚げもあんかけにすることで食べ応えのあるメニューにアレンジすることができます。

金曜日の献立

(写真=K321/Shutterstock.com)

【主食】キャベツたっぷりヘルシーお好み焼き

キャベツ……1/2玉
豚肉……150グラム
卵……1個
  1. キャベツを千切りにする
  2. 1に卵・小麦粉・水を入れて粉っぽさがなくなるまで混ぜる
  3. フライパンに油を引いて2を流し込み、豚肉を並べてカリッとするまで焼けば完成

【副菜】ほうれん草と残った野菜で味噌汁

ほうれん草……1/2
残った野菜
  1. 一口大にカットした食材を鍋で煮込む
  2. 味噌を加えて完成
お好み焼きならキャベツの消費にも大助かり。たくさん作って冷凍しておくと、忙しい日にも重宝しますよ。また、その他で残った食材は味噌汁の具材として使用すれば、無駄なく買い出した食材を使い切ることができるでしょう。

無理なく食費をカットしよう

家計のなかでも大きなウエイトを占めている食費。食費の節約と聞くと、おいしさや栄養も半減してしまうのでは……と思いがちですが、献立を工夫すれば過度に我慢することなく食費を浮かすことができますよ。ぜひ、給料前でピンチ!というときには、ここで紹介した献立を実践してみてくださいね。

文・万代未希(ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
苦しくない、続く「節約術」まとめ
40代シングル女性のリアル貯蓄と節約
一人暮らしから大家族までできる10の節約貯金術
節約して一人暮らしアラフォーライフを満喫するには?
効率よく100万貯める節約生活12ポイント
PREV 5日間2,500円以下を目指そう。節約作り置きレシピ9選
NEXT メガバンクの米ドル建「外貨定期預金」がお得な理由

続きを読む

Feature