ライフ
2020/02/05

【CAがおすすめしたい!】アメリカの絶景スポット

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
広大な土地が広がり、その場所その場所によってさまざまな表情を魅せるアメリカ。自然が豊かな場所も、世界有数の都市にもそこでしか出会えない絶景があります。ここでは、世界を飛び回るCAが出会ったアメリカの絶景スポットをご紹介します。

スケールが違う!アメリカの大自然に抱かれる絶景スポット3選

(写真=PIXTA)

アリゾナ グランドキャニオン

まず、アメリカと言えば絶対に外せない絶景が、アリゾナ州に位置するグランドキャニオン国立公園です。国立公園に指定されてから、2019年に100周年を迎えました。

そびえ立つ峡谷は、上から覗いても、下から見上げてもそのスケールと自然の偉大さに驚かされるばかり。ラスベガスからであれば、バスやセスナを利用して日帰り旅行も可能です。ぜひ、グランドキャニオンで自然の驚異を体感してみてください。

アリゾナ アンテロープキャニオン

グランドキャニオンと並んで最近人気なのが、アンテロープキャニオン。こちらもアリゾナ州に位置し、ラスベガスからのツアーがあり、またレンタカーで行くことも可能です。

神秘的な何層もの峡谷は、キャニオンの上流に降る雨がもたらす鉄砲水と風によって砂岩が狭く深く削り出すことで、長い年月をかけて作られたそう。アンテロープキャニオンの観光エリアは、「アッパーキャニオン」と「ロウワーキャニオン」の二つに分かれており、岩の隙間から降り注ぐ太陽光線を見られるのは、「アッパーキャニオン」です。

神秘的な光を見に訪れるには、太陽が真上に来る時間に合わせたツアーに参加するのがおすすめです。

カリフォルニア州 ヨセミテ国立公園

もう一つ、アメリカの大自然を感じられるのが、カリフォルニア州に位置するヨセミテ国立公園。サンフランシスコからは約4時間のドライブで行くことができます。

ヨセミテ渓谷が一望できるトンネル・ビュー、世界最大の一枚岩と言われているクライマーの聖地・エル・キャピタン。ヨセミテのシンボル的存在でもあるハーフ・ドームなど見所が多数あります。

それでも、観光客が訪れるヨセミテ渓谷は全体の約1%にも満たず、全体の約9割が手付かずの自然が残っているという点がさらに魅力を感じさせます。

SNS映えスポット3選

(写真=PIXTA)

カリフォルニア州 サルベーション・マウンテン

アメリカで今SNS映えすると人気のスポットが、カリフォルニア州にあるサルベーション・マウンテン。ロサンゼルスからは日帰りで行くこともできます。

こちらは、作者のレオナード・ナイト氏が約30年かけて作り上げた、神様への愛を込めた宗教的な作品。「GOD IS LOVE」や「JESUS」など、ナイト氏のメッセージを至るところで見つけることができます。

カラフルで映えると人気の場所ではありますが、作者のメッセージは忘れず敬意を払って訪れたい場所ですね。

カリフォルニア メルローズアベニュー

同じくカリフォルニア州でもロサンゼルスで巡りたいのがメルローズアベニュー。おしゃれなショップやレストランが立ち並ぶロサンゼルスでも人気のスポットですが、おしゃれな街なだけにSNS映えする建物、特に壁がたくさんあります。

人気は、壁一面ピンクのポール・スミスですが、それ以外にも車を走らせてみると真っ青な壁、花がたくさん描かれた壁などを見つけることができます。ぜひ、自分だけのお気に入りの壁を見つけてみてはいかがでしょうか?

ニューヨーク 街全体

最後に、東海岸でSNS映えする場所といえば、やっぱりニューヨーク。ここでしか見られない世界有数のビル群、そのビルから眺める夜景、ブルックリンブリッジや冬の季節にしか見ることのできないロックフェラーセンターのクリスマスツリーなど、街全体が映えスポット。

カメラ片手に切り取る世界はすべてSNS映えするのがこの街の魅力ですね。

観光客少な目!まだあまり知られていないアメリカの絶景穴場スポット

(写真=PIXTA)

カリフォルニア州 モントレー&カーメル

人気観光スポットではなく、人とはちょっと違う絶景を見に行きたいという方におすすめしたいのが、カリフォルニア州のモントレー&カーメル。サンフランシスコやシリコンバレーから行くことができる、海辺の小さな街です。

人も少なく、美しい海岸線をドライブできる17マイルドライブや、おとぎの世界から飛び出したようなカーメルビレッジ、また、西海岸の特権とも言えるサンセットを贅沢に眺められるビーチなど、見どころもたくさんです。

カリフォルニア州 ソラナビーチ

ロサンゼルスとサンディエゴの間に位置する、ソラナビーチもサンセットが絶景の場所です。街自体が高級住宅地であり、景観が美しいのも特徴。家々が立ち並ぶ断崖からビーチへ降りると、南北に長くビーチが延びており、何も遮る場所がない中でサンセットを臨むことができます。地元の人しか集まらない穴場のビーチです。

ニューメキシコ州 ホワイトサンズ国定公園

国立公園で穴場としておすすめしたいのが、ホワイトサンズ国定公園。ニューメキシコ州に位置する純白の砂漠です。雨や雪解け水によって溶かし出された石膏などの鉱物が、乾燥して結晶となり、長い年月をかけてアラバスターという雪花石膏となったそう。

一面真っ白だからこそ、太陽に照らされて時間によって表情が変わる様子も必見です。

移動に便利なツアーの利用も検討しよう

(写真=PIXTA)

アメリカには気になる絶景がたくさんありますが、土地が広大で、アクセスが悪い場所もたくさんあります。そんな時には、ツアーを検討してみましょう。

例えば、HISには「絶景」をキーワードに、世界の絶景を訪れるためのツアーを提案しています。絶景ポイントは行きにくい場所だからこそ、信頼の置ける旅行代理店がツアーを組んでくれるのは助かりますね。

また、日本からだけではなく、現地からのツアーもたくさんあります。もちろん渡航先から自分で飛行機やレンタカーを手配して絶景ポイントまで行くこともできますが、英語に自信がない、現地での運転に自信がない、という方や海外旅行に慣れていない方は、現地ツアーを申し込むのもおすすめです。

土地が広いアメリカだからこそ、スケール感の違う絶景ポイントがたくさんあります。死ぬまでに一度は見てみたいアメリカの絶景。2020年は、ぜひ人気観光都市だけではなく、アメリカの絶景ポイントを訪れてみませんか。

文・coco(CAメディア ライター)

【こちらの記事もおすすめ】
治安の良いヨーロッパの国TOP3!
CAが絶対に行かないアメリカの治安が悪い都市10選
元CA推薦!ヨーロッパひとり旅におすすめの都市10選
年末年始に行きたい!ちょっとリッチな「プレミアム旅行」3選
【2019年最新版】贅沢なハワイの旅をカスタマイズ
PREV 筋トレ、サプリ、香りまで。オーダーメイドサービスが増えている理由
NEXT 女性だけメガネ禁止、制服着用…?女性に課される「暗黙のルール」

続きを読む

Feature