トクする
2020/04/12

ローソン銀行のメリットとは?口座開設から使い方まで徹底解説!

(写真=Ned Snowman/Shutterstock.com)
(写真=Ned Snowman/Shutterstock.com)
ローソン銀行はコンビニエンスストアのローソングループが設立、2018年10月から銀行サービスを開始した銀行です。ローソン銀行が目指すのは「コンビニ・バンキング」。インターネットバンキングだけでなく全国にあるローソン店舗のATMが利用できるなど利便性が非常に高くなっています。

ローソン銀行の最大のメリットは口座開設の手軽さ!

ローソン銀行の最大のメリットといわれるのが口座開設の手軽さです。ローソンの店舗に行く必要もありません。また、郵送手続きもなく口座開設ができるのです(本人確認書類の郵送を選択した場合は、郵送手続きが生じます)。簡単に口座開設方法を確認していきましょう。まず手元のスマートフォンから口座開設アプリをダウンロードします。アプリ申し込みを選択したらアプリ上で必要事項を入力。

Webからの申し込みを選択した場合は、ローソン銀行サイトに入力したEメールアドレスに申し込み用URLが届くのでそちらから必要事項を入力します。氏名・性別・住所・電話番号・取引目的・職業・勤務先などの必要事項を入力するだけで申込可能です。運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどの本人確認書類は撮影してアップロードにより提出できます。

本人確認書類は郵送で送っても構いません。申し込みができたら2週間程度で本人限定郵便によってキャッシュカードが届きます。通帳の発行はありませんので注意しておいてください。なお、アプリからの申し込み・Webからの申し込み(本人確認書類アップロード)を行うと、ローソンなどで利用できるPontaポイントが100Pontaポイントプレゼントされます(2020年3月現在)。

>>ローソン銀行の詳細を見る(公式サイトへ)

ATM手数料無料もメリット!ローソン銀行を活用しよう!

ローソン銀行のメリットは口座開設の手軽さだけではありません。利用時間によりますが、ATM手数料が無料になるのも魅力の一つです。365日、7~19時の間は全国ローソン店舗内にあるローソン銀行ATMの預入れ・引出し手数料が無料となっています。土日祝日は何時であってもATM手数料がかかる金融機関が多い中、毎日無料なのは利用者にとって非常に分かりやすく便利なのではないでしょうか。

ちなみに19時~翌朝7時の間は預入れ・引出し手数料が110円(税込み)かかります。

ローソン銀行の振込手数料も要チェック!メリットはある?

ローソン銀行の振込手数料もチェックしておきましょう。ATMからの振込手数料は以下の通りです。(税込み)
 
振込先銀行 19~翌朝7時 7~19時
ローソン銀行宛振込み 165円 55円
他行宛振込み 330円 220円

インターネットバンキング「ローソン銀行ダイレクト」の振込み手数料は時間に関わらず以下の通りです。
  • ローソン銀行宛振込み:55円(税込み)
  • 他行宛振込み:220円(税込み)
ローソン銀行ではパソコン・スマートフォンアプリからの振込みだけでなくATMからの振込み手続きも可能です。しかもATMは全国どこにでもあるローソン店舗内に設置されています。思い立ったときにどこからでもすぐに振込み手続きができるのは大きなメリットといえるでしょう。

安全性の高さもローソン銀行のメリットの一つ

安全性の高さもローソン銀行のメリットです。インターネットバンキング「ローソン銀行ダイレクト」の利用時は暗号化通信、24時間365日のアクセス監視、EV SSLサーバ証明書採用などウイルスやフィッシング詐欺、盗聴対策もしっかりされています。パソコンから利用する場合「操作履歴が気になる」という人もいるのではないでしょうか。

そのような人のためにローソン銀行ダイレクトでは画面上の文字や数字ボタンをマウスで選択するソフトウェアキーボードが使えるようになっています。また、なりすまし対策として前回ログイン日時の表示や取引結果通知メールの送信、1回ずつ使い捨てるワンタイムパスワードも採用。ローソン銀行ダイレクトを利用中はウイルス対策ソフトが無償提供されている点も安心度を高めてくれるサービスです。

ローソン店舗内の各ATMにはATMセンター直通のガイドフォンや記録用のカメラが設置されています。さらにATMには振り込め詐欺注意喚起画面も表示されますので、「あらゆる年齢の人が安心して使える」といえるでしょう。ローソン銀行は安全性を求める人のニーズにも応えてくれる金融機関なのです。

ローソンをよく使う人におすすめ

ローソン銀行のATMは全国のローソン店舗に設置されています。「通勤途中にローソンによく立ち寄る」「家や職場の近くにローソンがある」といった人ならば便利に利用できるでしょう。また、インターネットバンキングもあるため、パソコンから振込み手続きや残高照会ができるのもメリットです。ローソン銀行では通帳発行はありません。

しかし、全国のローソン店舗に設置されているATMやパソコンで簡単に残高照会ができます。店舗型の銀行と同じように利用できるのです。2020年3月時点で「アプリ」「Web」経由の口座開設申し込み(本人確認書類アップロード)でPontaポイントのプレゼントがあります。この機会にローソン銀行に口座開設を考えてみてはいかがでしょうか。

>>ローソン銀行の詳細を見る(公式サイトへ)

文・田尻宏子

【こちらの記事もおすすめ】
低金利時代でも金利は重要!金利が高めの銀行ベスト10
あなたの銀行、危ないかも?日本の銀行「信用格付けランキング」
お金を貯める口座は分けよう!用途別の銀行口座使い分け術
貯金専用口座はここがおすすめ!専門家が選び方から解説
毎月の貯金額の目安はいくら?毎月10万円は少なすぎ?

【賢くお金を貯める・増やす方法をもっと知る】
出費ラッシュを乗り切る!いまどきの賢い節約7つのコツ
節約生活を楽しむコツは?簡単に100万円貯めるための節約術12選
お金を貯める5つの方法。誰でも貯金1,000万円になれるコツ
お金が貯まる「家計簿の項目」の決め方!ズボラさんにおすすめの方法
FP解説!初心者向けお金の増やし方・守り方
金融リテラシーを身につけるための4つのポイント
1万円からOK 少額からでもできる資産運用3選


【ネット銀行入門編】
【初心者向け】ネット銀行で口座開設する前に知っておきたいこと
ネット銀行の格付チェック!高評価はどこ?【2020年最新版】
気になる日本のネット銀行ランキング 危ない銀行って本当にあるの?


【ネット証券入門編】
ネット証券5社を徹底比較 初心者が投資を始めるならどこがおすすめ?
楽天証券とSBI証券どちらで開設する?それぞれのサービス内容を比較
取引手数料が安い証券会社ランキングTOP3。お得に投資できるのはどこ?
株の買い方入門。投資未経験の人が株をはじめる4つのステップ
ネット銀行おすすめ一覧
【ネット銀行選びに悩む人へ】
PREV ローソン銀行のクレジットカードは何がお得?ポイント、サービスをご紹介!
NEXT イオンカードセレクトの魅力とは?イオンカードとの違いも解説

続きを読む






Feature