トクする
2019/04/30

dポイント二重取り、10倍も。d払いでお得にポイントを貯める方法

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
NTTドコモ(以下ドコモ)が提供するスマホ決済サービス「d払い」をご存じですか?今回はd払いの仕組みから、お得にポイントを貯める方法についてみていきましょう。

d払いとは

(写真=PIXTA)

d払いは、専用アプリから簡単に支払いすることができるスマホ決済サービスのひとつです。利用するには、dアカウントの作成が必要となりますので、Webやアプリから登録しましょう。支払い方法は登録のクレジットカード払いになります。また、ドコモ回線を契約している人は電話料金合算払いも可能です。

d払いは、オンラインやリアル店舗での購入時に利用することができます。最大の特徴は「ポイントが貯まる・使える」ところ。100円(税込)の利用につき1ポイント(1%)の還元になります。ただし、街のリアル店舗では200円(税込)につき1ポイント(0.5%)の還元です。

現金で買い物をする時と比べ、d払いを利用するだけでポイントが貯まるのはお得なことがわかります。さらにもっとお得にポイントを貯める方法をみていきましょう。

クレジットカードとのポイント2重取りでお得に

(写真=Jirapong Manustrong/Shutterstock.com)

d払いの支払いに登録するクレジットカードをdカード・dカードGOLDにすると、dポイントを2重に獲得することが可能になります。カード決済時にdポイントを1%、d払い利用時にdポイントを1%(リアル店舗の場合0.5%)が貯まるのでお得な方法といえますね。通常、利用の数日後にはポイントが付与されます。

dカード以外のクレジットカードは「VISA」「MasterCard」「American Express」「JCB」などです。クレジットカードによっては、貯まったポイントをdポイントに交換できますが、交換率を考えるとdカードには及びません。

貯まったポイントの使い方はわかりやすくてシンプル

(写真=PIXTA)

貯まったdポイントは1ポイント1円で利用できます。なお、dポイントには2つの種類、通常ポイントと期間・用途限定ポイントがあります。通常ポイントは、有効期限が48ヵ月でdポイントが使える全てのサービスで利用可能です。期間・用途限定ポイントは、有効期限については獲得したサービスにより異なり、一部利用できないサービスがあります。

d払いをする時に、上記2種類のポイントとも利用可能な場合は併用できます。その際、期間・用途限定ポイントから優先して使われるルールとなっています。期間限定ポイントについては、有効期限切れが心配ですが優先されるのは安心できるところですね。

d払いが使えるお店は?

(写真=interstid/Shutterstock.com)

リアル店舗では赤い「d払い」マークが目印です。ローソン・ファミリーマートといったコンビニからドラッグストア・家電量販店・飲食店やタクシーまで幅広く利用できます。利用店舗を知りたい時には、スマホの現在地情報から検索できるので時間がない移動時にも便利です。

オンラインでは、Amazonやカルディコーヒー、ハンドメイドマーケットのCreema、デパートやコスメブランドからメルカリまで女子御用達ショップのラインアップが充実しています。d払いの公式サイトでカテゴリー・50音順でショップ検索ができるので、お気に入りのお店について調べておきましょう。

お得なキャンペーンは見逃せない!

(写真=leungchopan/Shutterstock.com)

毎週金・土の「d曜日」

ネット利用限定ではありますが、毎週金・土に利用するとポイント3倍から最大6倍まで貯まります。毎月のエントリーが必要となり、オンラインで利用する場合には毎週金・土の「d曜日」にまとめるとポイントがより多く貯まるのでお得です。

10倍、20倍、40倍も!キャンペーンは要チェック

他にもポイント10倍などのキャンペーンがあります。例えば、2019年4月1日~4月18日のAmazonキャンペーンでは抽選で5・10・40倍のポイントをもらえます。抽選ではありますが、最低でも5倍ポイントが貯まるのはお得ですよね。基本的にキャンペーンは期間限定なので、最新情報を公式サイトでチェックしておきましょう。

d払いでざくざくポイントを貯めよう

d払いは、ポイントがざくざく貯まり、便利でお得に使えるスマホ決済サービスです。今利用している人も、これから始める人も、最新のキャンペーンをチェックするなど楽しみながら、ポイントを効率的に貯める戦略を立ててみてください。 

文・三原由紀(ファイナンシャル・プランナー、忙しい40代・50代のためのお金の相談室

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
財布選びで意識したい「風水」
PREV 自動車税の還付手続きってどうやるの?計算方法は?
NEXT ザクザク貯まる。楽天ペイのポイントの賢い貯め方、使い方









Feature

カードローン会社ランキング