貯める&備える
2019/08/09

銀行のローン審査に落ちないための3つのチェックポイント

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
住宅の購入や子供の教育費、自動車の購入など、まとまったお金が必要な時期は誰にもあるものです。そんなとき、お金が足りない場合は、不足分を「銀行から借りよう」と考えるもの。銀行で扱っているローンにはいくつか種類がありますが、必ず「審査」に通らなければなりません。銀行のローン審査についてあらかじめ知っておきましょう。

銀行ローンは簡単に通らない

(写真=PIXTA)

買い物の時に、自分で準備できるお金が足りなくてもローンを組んで購入することができます。きちんと返済できれば問題はないのですが、ローンに頼ることを繰り返すうちに、自分が返済できる範囲を超えたローンを負う可能性が高くなってくるのです。そのため、それぞれの銀行では「審査」を行い、借りるための条件がそろっている人にお金を貸してくれる仕組みになっているのです。

ローンを組んでお金を借りる事は、今後の収入の一部を先に使ってしまうことです。将来、資金が必要なことがわかっている場合は、まずは家計を見直して貯蓄を増やすことを考えましょう。

準備した自己資金との差額を計算し、申し込みを決めたら、候補の銀行からお金を借りることができるように、どのような項目が審査の対象となっているのかチェックしておきましょう。審査する項目の基準は銀行によって異なりますが、備えておくに越したことはありません。

銀行ローン審査に挑む前のチェックポイント

(写真=PIXTA)

銀行のローンには、「住宅ローン」や「教育ローン」のように使う目的が限られているローンと、「フリーローン」「カードローン」など使う目的を問わないローンがあります。目的が限られているローンの方が金利は低い設定になっています。借りる際は金利にも注目しましょう。

ローンを組むには審査に通らなければなりません。明確な審査基準は公開されていませんが、一般的にチェックするポイントは次の点になります。
  1. 安定した収入が見込めるか
  2. 保証会社の保証を受けられるか
  3. 健康状態はどうか
勤務先の規模や勤務形態、勤続年数から、安定した収入が見込めるかを総合的に判断します。勤務形態が正社員ではなく、派遣社員や契約社員であっても、定期的な収入や勤続年数によりローンを組める傾向にあるようです。

保証会社でも審査が行われます。また、健康状態が審査のチェックポイントになるというのは、住宅ローンを組む場合、返済中の万一の事態にローンの残りの金額を保険金で弁済できるように、申し込みの際に団体信用生命保険に加入するためです。

銀行ローン審査の流れと必要書類

(写真=PIXTA)

マイカーローンを例にとると、審査の流れは次のような順序で行われています。

1) 事前審査の申し込み
2) 審査結果の連絡
3) 正式申込
4) 正式審査
5) 契約
6) 融資

申し込みの際の主な必要書類は以下になります。
  • 運転免許証、パスポート、外国人の方の在留カードまたは特別永住証明書、などの本人確認書類
  • 健康保険証
  • 見積書や売買契約書など資金の使い道を確認できる書類
  • 源泉徴収票、公的所得証明書、納税証明書など前年の年収を確認できる書類

銀行ローンは複数申し込んだ方がいい?

(写真=PIXTA)

銀行ローンの審査に通るため大切なポイントは、借入額が自分の年収に合っていて、ゆとりのある返済ができるかどうかということです。ローンは、利用目的や特徴によってさまざまな種類があります。自分に合ったローンを選ぶために、シミュレーションや事前審査を活用して借入が可能か確認してみましょう。

銀行や保証会社は、加盟する個人信用情報機関とその機関と提携する個人信用情報機関に登録されている個人情報をローン契約の判断に利用します。個人信用情報機関に登録されているローンの契約をしようとしている人の個人情報とは、クレジットやローンの契約内容、返済・支払い状況などの取引に関する情報です。これは、ローン契約を申し込んだ場合に、一定期間登録されることになっています。

申し込みで審査が通らず不成立になった場合でも、理由を問わず登録が行われ6ヵ月から1年を超えない一定期間は削除されず、利用されることになっています。一度に複数申し込むより、現在契約しているクレジットの支払が遅れがちになっていないかなど自分でチェックした後に、候補の銀行ローンを申し込むことをお勧めしたいです。

審査には準備万端で挑もう

(写真=PIXTA)

審査を受ける時点で借り入れが残っていたとしても、無理のないローンを組んでいれば審査に落ちる可能性は少ないと思います。できれば繰り上げ返済をお勧めします。

事前審査は、自己申告した年収や現在の借入残額などをもとに、銀行内で返済できる状況かを審査する仕組みで、個人信用情報機関に記録されることはありませんが、正しく申告しないと正式審査が通らない可能性があります。

過去にローン返済のトラブルがあって不安な場合は5年待ってから申し込む、頭金を貯めて借りる金額を減らす、など無理のない返済ができるように対策を考えて、準備万端で審査に挑みましょう。

文・藤原洋子(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
将来お金持ちになる男性の共通点5つ
PREV 老後資金シミュレーションに要注意。私も2000万円の資金が必要なの
NEXT 年金の不足に備えるならiDeCo(イデコ)!メリット・デメリットは?

続きを読む

Feature