ライフ
2018/05/05

ズボラな人でもできる、プチ断捨離術3選

(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)
(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)
部屋がいつも散らかっている、足を踏み入れる場所がない、そんな方はプチ断捨離に挑戦してみましょう。少しの工夫をするだけで、部屋がすっきりきれいに見えますよ。今回は整理整頓初心者の方向けに、プチ断捨離術を3つご紹介します。

部屋が散らかっている人の特徴

部屋が散らかっている人にありがちなパターンとして、
  • 何でも物を床に置く
  • 物がある上に物を置く
  • どこに何があるのか把握していない
  • 物を探すのに時間がかかる
などがあります。思い当たる人は、以下の3つを実践しながらプチ断捨離を行いましょう。

プチ断捨離術(1):1日5分、1ヶ所だけ片づける

整理整頓がどうしても苦手という人は特定の場所だけ整理しましょう。

例えば、毎日使う洗面所の鏡の裏だけ整理する、キッチンのコップやグラスだけ片づける、クローゼットの引き出し一ヵ所だけ整理する、などです。

ポイントは短時間で済ますこと。場所や時間を絞ることで掃除へのハードルが低くなり、断捨離に対するモチベーションが上がりやすくなります。

プチ断捨離術(2):立てて収納する

立てて収納すると新たなスペースが確保できます。例えば、
  • 皿はディッシュスタンドに立てる
  • 冷蔵庫の中の野菜も仕切りで立てて保存
  • 洋服はくるくる丸めて立てて収納
などです。整理していく過程で使わない可能性が高いものは思い切って処分してしまいましょう。収納に使うアイテムは、中身を確認しやすいポリプロピレンやプラスチックなどの半透明素材のものがおすすめです。

中身が見えることで緊張感が増し、常にきれいな状態を維持するために詰め込みにくくなります。

プチ断捨離術(3):書類はデータ化する

手紙やお気に入りの雑誌、家電や日用品などの取扱説明書は大切なだけに捨てづらく、溜めてしまいがち。写真に撮ってデータ化し、パソコン等に保存すると無駄な書類を溜め込まなくなりますよ。

必要な時にも、沢山の書類の中から探すより簡単です。

部屋が散らかっていると物を探す時間が長くなり、無駄な出費も増えてしまいます。片付けたいな、と思ったときがプチ断捨離のスタートです。

文・中原佳子(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
女性を超える関心度!?「オトコの美活」意識調査結果
住宅ローン控除(減税)をフル活用するための基本の「き」
実はハイリスクなライフイベントTOP5。転職、住宅購入、結婚……
2018年マンションの「駆け込み」需要が起きるってホント?
じぶん時間がもっと増える「ちょこっと家事代行」3選
PREV アラフォー女性が住みたい街4選【23区】 ランキング上位のあの街がいいとは限らない
NEXT 不動産投資に重要な「信頼できる営業マン」の見極めポイントは?

続きを読む






Feature