ライフ
2019/07/14

セブン銀行の口座開設方法は?日中はATM手数料が無料

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
セブン銀行はATMサービスを主体とする銀行ですが、口座開設ももちろん可能です。セブン銀行の口座は、キャッシュカードに付帯したデビット機能を利用するとnanacoポイントが貯められたり、全国2万5,000箇所に設置されているセブン銀行ATMが土日も手数料0円で使えたりなどのメリットがあります。セブン銀行ATMは提携金融機関の取引にしか利用したことが無いという人も多いかと思いますが、この記事ではセブン銀行の特徴や口座開設についてのメリット・デメリットを紹介します。

セブン銀行とは

(写真=PIXTA)

セブン銀行は主にATMサービスに力を入れている金融機関ですが、もちろん口座を開設して預金管理することも可能です。セブンイレブンなどを中心に全国約2万5,000台のATMが設置されている一方、実店舗は全国に4ヵ所と少なめ。とはいえ、金融機関の窓口としては珍しく土日祝日も営業しているなどの特長があります。ここでは、セブン銀行口座の開設方法や上手な使い方について説明します。

セブン銀行の口座開設方法

(写真=PIXTA)

申込方法はオンラインと郵送の2パターン

セブン銀行の口座開設は、「オンライン口座開設」と「郵送での口座開設」の2種類の方法があります。また、セブン銀行の店舗でも開設が可能です。いずれの場合も、まずはメールアドレスをセブン銀行の公式ホームページから登録し、届いたメールから手続きページを開いて必要な情報を入力する流れとなっています。

各種サービスも同時申込が可能

キャッシュカードに付帯できるデビットサービスやカードローンの申込、海外送金サービスなども口座開設と同時に手続きが可能です。オンライン開設の場合、いずれの申込もすべてWEB上で操作が完結するので手軽でスムーズですね。

キャッシュカードのデザインは3種類から自由に選ぶことができます。

キャッシュカードが手元に届くまでには1~2週間かかる

郵送開設の場合は、登録した住所宛に送られてくる「セブン銀行口座開設申込書」および「本人確認書類」2通(公的証明書1通、領収証または請求書1通)を返送し、申込書がセブン銀行に到着してから1週間ほどでキャッシュカードが手元に届きます。

オンラインの場合は申込完了から1週間ほどでキャッシュカードが手元に届きますが、カードの受取時に本人確認書類の提示が必要です。

デビットサービスを同時に申し込む場合はさらに追加で1週間程度かかるため、余裕をもって申し込みましょう。

デビットサービスを使ってnanacoポイントを貯めよう

(写真=PIXTA)

デビットサービスってなに?

セブン銀行のキャッシュカードは、デビット機能を付加することができます。デビット機能とは、キャッシュカードを現金代わりに使えるサービスのこと。セブン銀行のデビット機能は、国内外のJCB加盟店で利用できるほか、海外のATMで現地通貨を引き出すこともできます。発行手数料や年会費は無料なので、申込と同時に付帯しておくと便利です。

ちなみにデビットカードはクレジットカードのように後払いではなく、決済すると即時に口座残高から引落しされる即時払い式です。クレジットカードだとついつい使い過ぎてしまう人や、いちいち現金を出すのが面倒という人に便利なサービスですね。

nanacoポイントを貯める方法

セブン銀行のキャッシュカードでデビット機能を利用すると、利用額に応じてnanacoポイントが貯まります。申込時に注意したいのが、すでにnanacoカードやnanacoモバイルを持っている人は、「一体型」ではなく「紐付型」を選ぶこと。間違えてしまった場合、電子マネーやポイント残高の引継ぎはできないので注意しましょう。

一方「一体型」を選択した場合は新たにnanaco番号が発行されます。nanacoカードをまだ持っていない人は、「一体型」を選びましょう。

セブン銀行口座のメリット

(写真=PIXTA)

nanacoポイントが貯まる

セブン銀行のデビット機能は国内外のJCB加盟店で利用できるため、現金払いではnanacoポイントが付かない店舗でもデビット機能を使うことでnanacoポイントを貯めることができます。

通帳が不要

セブン銀行では通帳を発行していません。月々の取引履歴はすべてWEBや通帳アプリで確認できます。通帳の記帳や再発行、繰越などは意外と手間がかかるため、いつでもアプリで確認できるのは便利ですね。

日中のATM手数料無料

セブンイレブンやイトーヨーカドーに設置されている全国約2万5,000台のセブン銀行ATMを原則365日24時間利用できるため、急な用事にも対応できます。さらに朝7時から夜19時までは平日・土日問わず無料で何度でも使えるため、ATM手数料を気にせず利用できますが、振込手数料はどの時間帯でも別途かかるので注意しましょう。

セブン銀行口座にデメリットはある?

(写真=PIXTA)

便利なセブン銀行ですが、振込手数料が同行宛でもかかることや、現金振込ができないといったデメリットがあります。また、資産運用には消極的な印象で、普通預金と定期預金、カードローンといったシンプルな商品しかありません。

金利も特別高くなく、目立った特徴はないものの、やはりATM手数料が土日でもかからない点(7:00-19:00に限る)は大きな魅力と言えるでしょう。

2019年7月以降はnanacoポイントの付与率が変わる

(写真=PIXTA)

セブン銀行では、給与や賞与の受取口座に指定したり、クレジットカードであるセブンカードの支払い口座に指定したりするとポイントがもらえるキャンペーンや特典を実施しています。しかし、セブン&アイホールディングスでは2019年7月16日以降、デビット付きキャッシュカード利用時のnanacoポイントの付与率を引き下げることを発表しており、nanacoポイントについては今後の動向が気になるところ。日中のATM利用料がかからない点が、今後もセブン銀行口座の大きなメリットといえるでしょう。

文・木村茉衣(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
将来お金持ちになる男性の共通点5つ
PREV 日本の美あふれる進化系スイーツ6選
NEXT ホンモノのお金持ちは「気遣い」の宝庫!?仰天エピソード3選

続きを読む

Feature