ライフ
2019/07/13

じぶん銀行の評判・口コミはどう?2018年の改定で手数料はどうなった?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
じぶん銀行は、au(KDDI)と三菱UFJ銀行が共同で設立したネット銀行です。スマートフォン(以下、スマホ)ですべての取引が完結し、紙の通帳や印鑑を管理したり、ATMに並んだりする手間もなく、スマホひとつで資産管理したい人に人気があります。セキュリティにも力を入れており、auの携帯電話や三菱UFJ銀行を使っている人にはメリットがありぜひ利用したいところですが、その他の人にとってはどうなのでしょうか。ここでは、じぶん銀行の評判をまとめてみました。

じぶん銀行とは

(写真=PIXTA)

じぶん銀行とは、日本経済新聞社主催の第13回金融機関ランキング「ネットバンキング部門」でNo.1に輝いたネット銀行です。KDDI(au)と三菱UFJ銀行が共同出資して運営しており、手数料の安さや定期預金の利率の良さで定評があります。KDDIが出資していますが、auユーザー以外も利用可能です。

じぶん銀行のよい評判

(写真=PIXTA)

「スマホATM」機能が便利

本来なら、銀行ATMでお金を入出金する際はキャッシュカードが必要ですが、じぶん銀行はキャッシュカードの代わりにスマホがあればセブン銀行ATMで現金を出し入れできます。急遽現金が必要になったときも、スマホを持ってセブン銀行ATMへ行くだけで現金が引き出せるので、カードを持ち歩く必要がなくとてもスマートです。

口座開設や取引がカンタン

じぶん銀行はすべての取引をスマホやパソコン、タブレットで完結できるので、わざわざ店舗へ行く必要がありません。口座開設さえもネットで完結します。本人確認は運転免許証などを写真に撮ってアップロードするだけなので、面倒な郵送手続きもなくスピーディに口座を作ることができます。

AI外貨予測がユニーク

AI外貨予測はじぶん銀行のスマホアプリ機能のひとつ。過去の為替の変動から、数時間後あるいは数日後の為替変動をAIが分析・予測してくれる面白いサービスです。

手数料無料で利用でき、外貨を購入するタイミングがいまいちわからないという人に便利な機能ですが、外貨預金は元本割れのリスクがあることをきちんと理解して使いましょう。予測できる通貨は米ドル・ユーロ・豪ドル・ランド・NZドルの5通貨です。

auユーザーにはお得なサービスがある

じぶん銀行には、「auのプライムバンク」といってau利用者を対象とした特典サービスがあります。例えば、au利用料金の引き落とし口座に指定すると追加でWALLETポイントがもらえるなど、利用内容に応じてWALLET ポイントが貯まるといったauユーザー向けの特典が充実しています。WALLET ポイントとは、auが運営する電子マネーであり、1ポイント=1円として使えます。

じぶん銀行のあまりよくない評判

(写真=PIXTA)

ATMロックは使いにくいという人も

ATMロックとは、キャッシュカードの盗難やスマホ紛失に備え、ATM利用時以外はロックしておける機能です。しかし、いちいちロックを解除しなくてはならなかったり再ロックを忘れてしまったりなど、頻繁に取引する人のなかには少し不便さを感じる人もいるようです。ATMロックを利用するには申し込みが必要なので、セキュリティ重視の人向けのサービスともいえます。

普通金利は特別高くない

じぶん銀行の円普通預金は特別金利が高いというわけではありません。2019年5月時点で金利が高めの銀行でいうと、例えば、楽天銀行は年率0.02%(税引前)となっています。一方、じぶん銀行の円普通預金は年率0.001%(税引前)なので、あくまで平均的な水準です。

キャンペーンで優遇金利が適用される場合を除いて、金利で選ばれているというほどではないでしょう。ただし、定期預金は種類が豊富なだけでなく、1年定期が年率0.05%(税引前)と平均の0.01%と比べ比較的高めです。2019年7月31日まではキャンペーンにより年率0.15%(税引き後0.11%)となっており更にお得です。

手数料についての評判

(写真=PIXTA)

三菱UFJ銀行宛の振込手数料が無料

じぶん銀行および三菱UFJ銀行への振込は手数料無料で何度でも振込できます。三菱UFJ銀行の三菱UFJダイレクトを使えば、双方の振込が無料かつネットで完結するので時短で節約できますね。

2018年12月の改変について

他行振込の場合は、じぶん銀行の「じぶんプラス」というランクによって無料振込の回数や手数料の優遇内容が変わります。「じぶんプラス」とは、取引状況や預金残高に応じて、口座を持つすべての人が5つのステージに分けられている制度のことで、このプラスの数字が大きいほどランクが高く、無料振込の回数が増えます。

2018年12月の改定によって、ヘビーユーザーにとってはよりお得になりました。具体的には、「じぶんプラス1」の人はATM手数料が有料化し、プラス2に昇格するのが少し難しくなった点は残念なのですが、「じぶんプラス4・5」のヘビーユーザーにとっては無料振込の回数が増える結果となりました。ライトユーザーにとっては少し残念な改定内容ですね。

auユーザーや定期金利重視の人におすすめ

(写真=PIXTA)

じぶん銀行は定期預金の利率が良く住宅ローンも低金利で人気ですが、ただ生活の中で頻繁に使う口座をスマホで管理したいだけであれば、普通金利のよい楽天銀行や手数料が安い住信SBIネット銀行などのほうがお得かもしれません。一方、au WALLETカードへのオートチャージでポイントが貯まるなど、auユーザーには特典が多くおすすめです。2017年にはじぶん銀行のスマホアプリがグッドデザイン賞を受賞しており、今後のサービス拡充に期待されている銀行のひとつといえるでしょう。

文・木村茉衣(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
お金が貯まるコツ5つ
「いつもお金がない人」5つの行動
お金持ちの「貯まる特徴」3つ
お金を増やしたい人へ。3つの方法
将来お金持ちになる男性の共通点5つ
PREV ホンモノのお金持ちは「気遣い」の宝庫!?仰天エピソード3選
NEXT 「大人のADHD」特徴や職場で注意すべきコミュニケーション3つのポイント

続きを読む

Feature