ライフ
2018/11/28

「資産50億円以上の超富裕層が多い国・地域ランキング」日本は2位の9960人

(写真=Jay Nong/Shutterstock.com)
(写真=Jay Nong/Shutterstock.com)
「資産50億円以上の超富裕層が多い国・地域ランキング」で、米国、日本、中国がトップ3に輝いた。この層の人口は世界で12.9万人。そのうち3分の1を北米が占めている。次いでアジア(3.6万人)が欧州(3.5万人)を微差で上回るなど勢いづいており、今後数年でその差がさらに開き、北米との差を縮めると予想されている。

2012~17年にかけてこの層が増えた割合は、アジア(37%増)、北米(31%増)、欧州(10%増)と、すでにアジアが北米を追い抜いている。ランキングは英不動産コンサルティング企業ナイトフランクが発表した「ウェルス・レポート2018」に基づいて作成したもの。

資産5000万ドル(約52.5億円)以上の大富豪が多い20カ国・地域 

20位 シンガポール 1400人
19位 サウジアラビア 1540人
18位 スウェーデン 1630人
17位 オランダ 1650人
16位 スペイン 1690人
15位 台湾 2010人
14位 ブラジル 2390人
13位 韓国 2610人
12位 ロシア 2620人
11位 インド 2920人

10位 イタリア 3150人
9位 スイス 3710人
8位 英国 4580人
7位 香港 5140人
6位 フランス 5240人
5位 カナダ 5500人
4位 ドイツ 8070人
3位 中国 8800人
2位 日本 9960人
1位 米国 3.85万人

アジア地域の超富裕層人口の3分の1は日本

2012年に211万人だった資産5000万ドル以上の「超富裕層」は、2017年に254万人に増えた。2022年には362万人に達すると予想されている。アジア地域の超富裕層人口は3.6万人。そのうち約3分の1を日本が占め、中国、香港、インドネシア、韓国、台湾、シンガポール、インドネシア、タイ、フィリピンという順番だ。

2012~17年にかけて超富裕層が増えた割合は、アジア(37%増)、北米(31%増)、欧州(10%増)と、すでにアジアが北米を追い抜いている。この勢いは2022年にかけて継続し、2万人の増加が見込まれている。5.9万人に達すると予想されている北米(1.6万人増)との差を縮め、4.7万人で頭打ちすると予想されている欧州(1.2万人増)を大きく引き離しそうだ。

アジアにおける超富裕層人口の増加は、国外資本流出規制を強化している中国を中心に加速すると見込まれている。富裕層専門の調査企業Wealth-Xは「中国の超富裕層人口は今後5年で2倍以上に膨れ上がる」と予測しており、日本(51%増)、インド(71%増)、インドネシア(66%増)、マレーシア(65%増)など、ほかのアジア国でもそれに続くと期待している。

Wealth-Xのマネージング・ディレクター、ヴィンセント・ホワイト氏は、「アジア地域の展望は非常に明るい」と楽観的だ。またエコノミスト・インテリジェンス・ユニットのアジア地域アナリスト、アガサ・ロム・モール氏は 、消費市場における需要の継続やコモディティ価格の上昇などをプラス要因とし、「中国経済の短期的な見通しを上方修正した」と述べた。しかし「緩やかとはいえ金利の引上げが、いずれ中国経済の成長速度に影響する」とも予想している。
1 2
Page 1 of 2
PREV 「つい食べてしまう」「ついイライラしてしまう」を止めるコツ
NEXT アナタは大丈夫?服やモノが増えるのは「心が乱れている」証拠

続きを読む