増やす
2019/02/27

初心者でもわかる 楽天ポイントの「0円投資」メリット・デメリットは?

(写真=little star/Shutterstock.com)
(写真=little star/Shutterstock.com)
気軽に運用できると話題の「楽天ポイント投資」。自分のお金は一切使わず、お買い物などで貯まった楽天ポイントだけで投資運用をスタートすることができます。そのメリットや始めるにあたっての注意点について解説します。

余った楽天ポイントで投資信託が買える

(写真=Miguel Candela/Shutterstock.com)

楽天市場や楽天カード、楽天モバイルや楽天トラベルなど、楽天系のサービスを利用するとポイント(楽天スーパーポイント)がどんどん貯まっていきます。

通常、この貯まったポイントは、1ポイント=1円として楽天市場などで使えます。そして、今回ご紹介する「楽天ポイント投資」では、貯まった楽天ポイントを使って楽天証券で扱っている投資信託を購入することができるのです。

楽天ポイント投資の5つのメリット

(写真=StudioByTheSea/Shutterstock.com)

実質0円で投資ができる

貯まったポイントだけで投資をスタートすることができるので「自分のお金を出すのはちょっと怖い」という方でも、とにかく気軽に始めやすいのが特徴です。

100ポイントから投資ができる

100ポイント=100円分の少額から投資可能です。これだと大きな損をすることはないので、投資初心者でも安心して「お試し」感覚で取り組めますね。

ちなみに、楽天の「100ポイント」はかなり簡単に貯めることができます。楽天市場アプリで楽天カードを使って買い物をすれば、常に4%以上のポイント還元率が見込めるので、だいたい3,000円分くらい買い物をすればクリアできます。

NISA、つみたてNISAの非課税枠が使える

配当金や値上がり分など投資運用で得た利益には、通常であれば約20%の税金がかかります。しかし、NISAやつみたてNISAといった制度を利用すれば、上限額までなら非課税にすることができます。ポイント投資でもこの枠を利用できるので、稼いだ分の税金を気にすることなくお得に取り組めますね。

楽天市場でのお買い物がさらにお得に

1ヵ月に1ポイントでも使って1回500円以上の投資をするなど、所定の要件をクリアすれば、楽天グループ全体で独自に行っているSPU(スーパーポイントアッププログラム)の対象になります。ポイント還元率が1%アップするので、楽天市場などほかの楽天サービスもお得に利用できるようになりますよ。

売却して現金化することもできる

一度購入した投資信託は、そのまま運用を続けていくこともできますし、運用を辞めたくなった時やお金が必要な時などは、売却して現金に換えることもできます。買った時より価値が上がっているタイミングでうまく売却できれば、プラスで終わることもできるでしょう。

楽天ポイント投資の注意点3つ

(写真=fizkes/Shutterstock.com)

いいところだらけの「楽天ポイント投資」ですが、いくつかの制限もあります。

期間限定ポイントは利用できない

1ヵ月だけなど短い期間限定で付与されるポイントは、投資には利用できません。期間内にお買い物で使ってしまうようにしましょう。そのほかにも、スーパーポイントアッププログラム(SPU)で手に入れた分や他ポイントから交換した分など、利用できないポイントがありますので自分のポイントの内訳を確認しておきましょう。

投資信託しか買えない

投資信託は、プロが選んだいろいろな投資先にちょっとずつ投資できるセットのようなものなので、初心者には充分だと思います。ただ、株式や外貨など投資信託以外の運用商品はポイント投資の対象外なので、本格的に投資に取り組みたい人には物足りないかも知れませんね。

大きく利益が出るものではない

投資でうまくいけば、老後の備えになったりそれだけで生活できるようになったりするイメージがあるかもしれませんが、ポイント投資だけでそこまで稼ぐのはおそらく難しいでしょう。

数百~数千ポイントで購入する少額の投資信託ですから、リスクが少ない分、リターンも少なめです。良くも悪くも、今まで投資に興味はあってもなかなか踏み出せなかった初心者が「ちょっと増えたらラッキー」くらいの軽い気持ちでトライするのにちょうどいいレベル感になっています。

「楽天ポイント投資」の始め方

(写真=JKstock/Shutterstock.com)

「楽天ポイント投資」のやり方ですが、ポイントで購入するからといって特別なことはほとんどなく、お金で支払う通常の取引と同じ流れです。

まずは、楽天証券の証券口座を開設しましょう。

口座開設が終わるとログインできるページで、購入したい投資信託を選んで注文画面を開きます。すぐわかる場所に「ポイント注文」という欄がありますので、そこで使いたいポイントを設定する、ただそれだけで「楽天ポイント投資」デビューになります。

「証券口座を作るのもちょっと……」という方には、「楽天PointClubのポイント運用」というサービスもあります。こちらは口座開設なしで、運用先を2種類のコースから選ぶだけで、運用結果によってポイントが増減し、投資を疑似体験できるというものです。「楽天証券のポイント投資」とはまったく別物ですので、間違えないように気を付けてくださいね。

お得なポイント投資は初心者にもおすすめ

「楽天ポイント投資」は、資金的にも、買える商品も、やり方も、あらゆる面で初心者でも取り組みやすいようになっています。今まで投資や運用になんとなく興味はあっても一歩踏み出せなかった人の背中を押してくれるようなサービスといえるでしょう。リスクが少ないところから気軽にスタートして、少しずつ勉強していくきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

文・馬場愛梨(ファイナンシャルプランナー・心理カウンセラー)

【こちらの記事もおすすめ】
1万円から始められる投資って?
リスク許容度がわかる10のチェックリスト
「おつり投資」「ポイント投資」って?
楽ちん「投信つみたて」とは?
投資のはじめの第一歩
PREV 相場の5割も?「競売物件投資」の収益性は高いのか
NEXT FPが解説。ポイント投資はどれを選べばいい?5社を比較

続きを読む