増やす
2018/12/30

株主優待投資、成果を上げる「重要な要素」とは?

(写真=TierneyMJ/Shutterstock.com)
(写真=TierneyMJ/Shutterstock.com)
株主優待とは、企業が自社に投資してくれている投資家に対してお礼の意味合いも込めて贈るプレゼントのようなものだ。

株主優待の内容には、金券、割引券、食事券、施設利用券から飲食品など様々だ。この株主優待は企業がどんな優待にするかを決めて実施するものだが、時にその優待が以下3パターンのように変更となる場合がある。

(1)優待内容の追加
(2)優待内容の拡充
(3)優待内容の改悪

優待内容の変更にもよるが、優待内容を追加して豪華にしたり、利回りを高くするような拡充は投資家から高く評価され、株価は上昇する傾向がある。逆に優待の使い勝手を悪くしたり、利回りを低くしてしまう改悪は、株価が大きく下がることがある。そこでここ1年で株主優待の変更があった企業を9社まとめてみよう。

 1. 優待内容の追加(ゴルフドゥ・まんだらけ)

これまでの優待内容に別の優待が追加される場合をいう。

ゴルフドゥ <3032>

もともとゴルフの商品割引券のみであったが、化粧品(ルアンルアンコスメセット通常価格5486円)が年2回追加されるようになった。これによって優待利回りが大きく上昇し、株価は3営業日連続のストップ高となった。いまだ株価は500円台の為、利回りは20%を超える超高利回りの銘柄である。ストップ高の影響による株価の乱高下が落ち着いた頃が狙い目である。

まんだらけ <2652>

もともとは年2回、雑誌が4回にわたって送られてくるという優待であったのが、商品券が追加された。必要投資金額が少ない上、1年以上持つと100株当たり2000円の商品券が5000円に大幅にアップすることから優待投資家からの支持を集めた。

2. 優待内容の拡充(アクトコール・ヤマウラ・大戸屋)

これまでの優待内容(利回りや使い勝手など)がより魅力的になる場合をいう。

アクトコール <6064>

アクトコールの優待拡充は少々変則的だ。もともと優待が導入されて日が浅いが、それに伴い株価を2分割することを発表した。2分割する前でも利回りは高い優待として注目されていたが、優待投資家の注目点は、分割後の優待内容がどうなるか、という点だった。

もともと100株あたり6000円相当のカフェ食事券もしくは3000円相当のクオカードだったものを、2分割後に100株で2000円相当のカフェ食事券もしくは1000円相当のクオカードに変更。ただし、200株保有(分割前の状態でそのまま株を持ち続けるなら)ならば8000円相当のカフェ食事券もしくは4000円相当のクオカードが配布されることになった。

分割後にそのまま株を持ち続けるなら拡充、半分売却してしまうなら改悪という非常に変則的な拡充の仕方だ。ただ、100株相当でも利回りが高いので優待投資家からは高く評価されたようである。

ヤマウラ <1780>

同じ金額の優待をもらうのに株数が少なくてもよくなった。1000株で6000円相当の商品だったのが、300株で3000円相当の商品2つになった。同じ金額の優待に対し、必要投資金額がより低くなるのも、優待拡充ではよくある形で、今後投資家の買いが集まってくることが予想される。

大戸屋 <2705>

100株以上で2500円の商品券およびお米2キロだったものを、1年以上保有すると3000円の商品券およびお米2キロへと変更した。拡充にはこのような、長期で株を保有したり、株数を増やすことで優待価値を増やすものがある。単純に優待価値を増やす場合に比べてインパクトは少ないものの、長期優遇は長期投資家を増やす効果があるので、優待投資家から評価される場合も多いようだ。
1 2
Page 1 of 2
PREV 読むだけでお金持ちに!?働く女性がお金持ちになれる方法、教えます
NEXT 性格別で変わる、株主優待の選び方3つ

続きを読む