トクする
2018/04/25

なぜ「チーズ」と「バター」はずっと高いの?

(写真=Filimages/Shutterstock.com)
(写真=Filimages/Shutterstock.com)
私たちにとって、身近な食品であるチーズやバターなどの乳製品。最近はなんかずっと高いような気がしませんか?その理由を調べてみました。

乳牛がどんどん減っている

根本的な原因として、チーズ・バターの原料となる牛乳を生産する乳牛が、どんどん減っていることが挙げられます。

農林水産省の「畜産統計調査」によると、乳牛の頭数は2017年時点で132万頭と、ピーク時(1985年)の6割に減っています。酪農家の高齢化・後継者不足による廃業が急速に進んでいることが主な原因です。

「牛乳」が優先

乳牛が減ると、「牛乳の値段が上がるのでは?」と思われるかもしれませんが、酪農家が出荷する牛乳は使い道によって優先順位があり、単価も変わります。

一番目に鮮度が重要な、飲むための「牛乳」を供給します。特に夏は飲料用の牛乳がたくさん売れます。バターやチーズは牛乳に比べると日持ちが良いので、冬に作りためていました。

しかし、最近は牛乳が一年中足りないので、バターやチーズの生産が追いつかず、品薄となっています。

足りなくても牛乳を輸入できないワケ

牛乳を輸入に頼れないのか、と疑問に思う方もいるでしょう。乳製品には、日本の酪農家を守るため高い関税が課せられており、企業は事実上、輸入できません。

輸入は、国の政策実施機関である「独立行政法人 農畜産業振興機構(alic)」が一括輸入しています。その後、国内業者に入札販売するなどの仕組みにより、余剰乳製品の発生を抑えています。

今は、食べて応援を

乳牛は妊娠してから生まれるまで約1年、それから牛乳を出す母牛になるまで約2年かかります。残念ながら、一度離農した酪農家がまた再開することは、ほとんどないようです。

ちょっと高いですが、国産チーズ・バターをこれからも安心して食べるため、今は買って応援したいですね。

文・横山剛史

【こちらの記事もおすすめ】
知ってた?百貨店「友の会」のボーナスには税金が…
3月が権利確定日!女性にうれしいスパ&エステ優待4選
「冷蔵庫に入らない!」ふるさと納税の失敗を防ぐ3つのステップ
3月が権利確定日!女性にうれしいスパ&エステ優待4選
花粉症対策グッズは「OTCスイッチ医療品」になるの?
PREV もらってうれしいお得な「ふるさと納税返礼品」ランキングで探す?
NEXT お金のプロがすすめる「貯まる」クレジットカード6選

続きを読む






Feature