不動産の売買・賃貸・仲介および空き家活用事業を展開する株式会社ジェクトワンは、2021年6月29日より、全国各地の空き家活用に取り組む事業者と提携した組織「アキサポネット」にて加盟事業者へのサポートを開始しました。

「アキサポネット」発足の背景

株式会社ジェクトワンは、2015年に施行された“空家等対策の推進に関する特別措置法”を機に、2016年より空き家活用事業「アキサポ」をスタートさせます。「アキサポ」では、これまで首都圏を中心にさまざまな空き家をシェアキッチンや新店舗、バイクガレージ、宿泊施設などへリノベーションする再生活動を行なっていました。

問い合わせの増加を受け、2021年には「アキサポ」の全国展開を図り、日本の空き家問題の解決に向けて各地の事業者とパートナー提携する「アキサポネット」が発足されました。

現在は、提携事業者として、石川県や大阪府、京都府などの企業の加盟が決定しており、これまでの実績を基に、全国の空き家所有者が抱える空き家問題解決を目指しています。

「アキサポネット」の概要

「アキサポネット」は、地域の不動産会社や工務店などの空き家活用事業者とライセンス契約を結び、アキサポネットメンバーとして提携していくことで、全国の空き家問題解決を目指します。

アキサポネットメンバーには、ジェクトワンがこれまで蓄積してきた収支計画やルールなどの空き家活用ノウハウの共有や、スタートアップ研修、フォローアップ、PRサポートなどを行っていく予定とのこと。また、活用事例共有などでメンバー同士のコミュニケーションも図っていくようです。

「アキサポネット」の目指すもの

ジェクトワンでは、地方の空き家に対する課題解決には、各地方行政・自治体と連携し、エリアが抱える空き家問題の解決に向けた具体的な対策が必要と考えています。全国の空き家を活性化させ、不動産市場の流通に乗せていくことを空き家活用のゴールとし、3年後には全国70社以上の加盟事業者を目指すとともに、ブランディングにも力を入れていくようです。

地域が抱える深刻な空き家問題を解決する糸口として、これからの活躍が期待できるサービスではないでしょうか。

詳細は「アキサポ」サービスサイトをご確認ください。
http://www.akisapo.jp/

文・fuelle編集部

【こちらの記事も読まれています】
「イオン」の平均年収はいくら?高収入かつ女性の活躍が望める企業
大手と中小でギャップあり!?キャビンアテンダントの給料相場
現代の女傑!女性で年収1,000万円が多い職業とは
年収500万円ってどんな生活?年収をアップさせる方法
年収293万円の時給はいくら?意外と知らない自分の時給、低い?高い?