ライフ
2019/10/07

初めてのアジア旅行。ツアーで行くならどこがおすすめ?

(写真=Travel man/Shutterstock.com)
(写真=Travel man/Shutterstock.com)
長い休みはないけれど、少ない時間でも海外旅行を楽しみたい!そんな方におすすめな旅行先がアジア地域です。今回は比較的フライト時間も短く、低予算でも十分に楽しめるアジアで人気の旅行先を5つ紹介します。

ツアーで行くなら?アジアの人気旅行先5つ

(写真=TORWAISTUDIO/Shutterstock.com)

賑やかな夜市が楽しい「台湾」

気軽に行ける旅行先として女性にも人気の台湾。台湾旅行の中でも特に注目したいのが「夜市」です。夜市は台湾特有の文化で、毎日夜になるとたくさんの屋台が並び、多くの観光客で賑わいます。日本では味わえないローカルな文化は、台湾ならではの楽しさが詰まっています。

台湾は3~5万円くらいで行けるツアーが多く、滞在2日間で送迎付き、朝食付きという宿泊プランが人気です。自分で選べるフリープランもあれば、あらかじめ観光地が決まっているプランもあります。どちらも楽しいので、よく検討してから選ぶとよいでしょう。

ビーチでのんびり過ごしたい時は「セブ島」へ

日常を離れ、きれいなビーチでゆったり過ごしたい方にはフィリピンのセブ島がおすすめです。シュノーケリングやダイビングなどのビーチアクティビティも豊富にあり、ジンベイザメを間近で見ることもできます。

セブ島は4~5日間のツアーが人気で、4~6万円程度で行くことができます。空港近くのリーズナブルなホテルは朝食付きで、送迎もしてくれます。ショッピングとビーチで楽しい時間が過ごせること間違いなしでしょう。

買い物とおいしい食の旅「ソウル」

とにかく低予算、少ないフライト時間で旅行に行きたい方は韓国のソウルがおすすめです。ソウルは韓国グルメやコスメが好きな女性にも人気の観光地です。

2泊3日のホテル付きでも2万円超えないツアーも多く、お得に旅行を楽しむことができます。

フォトジェニックで最先端な街「シンガポール」

シンガポールは世界最先端の国と言われ、人気のマーライオンやインフィニティプールのマリーナ・ベイ・サンズ、世界遺産の植物園ボタニックガーデンなど、最新技術を駆使した美しくてフォトジェニックな観光地がたくさんあります。

シンガポールはツアーで行くと、より安く効率よく観光できるのでおすすめです。例えば3泊4日の場合は、ホテル付きで予算4万円以下でも可能です。機中泊なしで夕方には空港に到着できるので、その日のうちに帰宅できるのもうれしいポイントでしょう。

シティ観光もアジアの雰囲気も「クアラルンプール」

マレーシアの首都クアラルンプールは、東南アジアの雰囲気も味わいながら近代的な建物や賑やかな都市の観光も楽しめる、見どころ満載の旅行先です。有名なツインタワーやKLCC水族館、KLタワーなどの都会的な雰囲気も、ローカルなマーケットも充実しています。

クアラルンプールのツアーは4~5日間が人気で、ホテル朝食付きで5万円前後からあります。

また、2019年11月20日より成田—クアラルンプール線の新規就航が発表され、就航記念セールも行われています。これからさらに注目を集めることが予想されるので、旅行を計画するなら今が狙い目かもしれません。

アジアツアーの予算はどれくらい?

(写真=Marie Maerz/Shutterstock.com)

旅行と言えば、まず気になるのが予算ですよね。アジアといっても広いので、一概にこれくらいお金がかかるとは言い切れません。場所によってチケットの値段が違いますし、ホテルや観光状況によってもかかるお金が変わります。

大まかに言うと、例えば日本から近い中国や台湾、ソウルはチケットが安いので予算4~5万円でも十分に楽しめます。少し遠いセブ島やバリ島となると、全体で7~10万円以上はみておきたいところです。

夏休みや年末年始などを避ければ、比較的安いツアーも多く出てきます。オフシーズンを狙えばより少ない予算で旅行に行けるでしょう。

アジアに旅行する時に注意したいこと

(写真=Black Salmon/Shutterstock.com)

日本は整備がしっかりした国なので、一歩海外に出ると不便だなと感じることが結構あります。アジア旅行に行く際には、次の点に気をつけて、対策を考えておきましょう。

衛生面

まずは衛生面です。東南アジアの多くの国では街中にトイレットペーパーがないこともあり、ティッシュも手に入りにくいことがあります。必要な分だけ日本からティッシュを持っていくとよいでしょう。またアルコールやハンドジェルなどもおすすめです。手で食べることも多いため、ご飯を食べる前にしっかりと除菌して清潔を保ちましょう。

紫外線対策

アジアの多くの国は一年を通して気温が高い国が多く、紫外線も強いです。観光をする時は1日外で歩くことが多いので、日焼け止めを塗らないと皮膚が傷んでしまいます。もちろん肌が強い人もいますが、念のために持っておくことをおすすめします。

虫除け

東南アジアは特に蚊がたくさんいます。中にはデング熱やその他の病原菌を持っている強力な蚊も多く、対策をしないと肌が荒れたり痒くなったり、大変な目にあいます。現地でも虫除けアイテムがあるので、そこで調達するのもよいですが、自分に合うものが見つからない場合も考えられるので、時間の節約のためにも日本から持っていくのがよいでしょう。

週末海外旅行を楽しもう

忙しい日々が続くと旅行を諦めてしまう人も多いですが、アジアなら週末だけでも気軽に行くことができておすすめです。フライトの時間も短いため、観光時間も十分に確保できます。

また、世界中から観光客が集まるアジアは、きれいな自然やおいしい食べ物、最先端の街など見どころも満載です。あなたも忙しい日常から少しだけ離れて、アジア旅行でリラックスしてみては?

文・fuelle編集部

【こちらの記事もおすすめ】
オンナを上げる体験型旅行6選
オトナ女子のグルメ旅先3選
ドバイの凄すぎる超高級ホテル
旅行積立どこお得?主要各社を比較
免税店でお得に買い物する裏ワザ3選
PREV クレジットカード紛失に気付いたらまずやるべきこと
NEXT アメリカひとり旅で絶対行きたいおすすめの都市6つ

続きを読む

Feature