ライフ
2020/06/30

ウエストのゆるみスッキリ。少女時代・テヨン実践「お腹ダイエット」のポイント

腹筋のラインがほんのり見えて、さらにくびれを備えている。まさに理想とするお腹を持つ1人が少女時代のテヨンです。
(写真=instagram)
でも、テヨンのデビュー当時を振り返ると、少しお腹周りがぽっちゃりとしていました。そこで今回は見事お腹ダイエットに成功し洗練された雰囲気とアーティストとしてのオーラを手に入れたテヨンが一体どのようなダイエットを行ったのか、そのポイントをチェックしてみましょう。
 

(1)ご飯をさつまいもに置き換える

韓国アイドルのダイエットの定番中の定番“さつまいも”をテヨンも活用。1日の食事のうち最低1食はご飯をさつまいも150gに置き換えていたとのこと。

さつまいもには不溶性食物繊維が豊富に含まれているため、水分を吸収してお腹で膨らむことで満腹感が持続しやすく、腸内環境も整えてくれる効果が期待できます。また、低GI食品でもあるので食事中の血糖値の上昇が緩やか。白米や食パンに比べて脂肪として蓄えられにくいという特徴もあり、脂肪燃焼の促進や糖質吸収を抑制してくれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸も含まれています。ただし、低カロリーではありませんので、テヨンのように“1食150g以内”を摂取量の目安にしましょう。

 

(2)良質なタンパク質を積極的に摂取する

ご飯をさつまいもに置き換えることに加え、鶏むね肉を積極的に食事に取り入れて良質なたんぱく質の摂取にも意識を向けていたというテヨン。カロリーばかり気にするのではなく、タンパク質を多めにバランスの取れた食事を心がけ、そして定期的に運動を行うことがリバウンド知らずのダイエットを叶えた秘訣と言えそうです。

ただし、鶏むね肉は筋肉増強やスタミナ維持などの効果があるBCAAを含有しているのでテヨンのように運動をしている方にはピッタリの食材と言えますが、美容面を考えるなら“それだけ”というのはNG。食材にはタンパク質以外にも多くの栄養素が含まれていますから、様々な食材からタンパク質を摂るようにすることが大切です。1日3度の食事で肉、魚、卵や豆類など異なる食材でタンパク質を摂取することを心がけましょう。

理想的なボディを持つテヨンを見ていると、体型キープやダイエットに苦労することなんてないだろうと思いますが、あるインタビューでは「ダイエットの秘訣は精神面の苦労を乗り越えること」と答えています。やはりキレイの裏には努力は欠かせないということ。ぜひお腹ダイエットのお手本にしてみてくださいね。


提供・beauty news tokyo(美容もファッションも!“キレイ”を愉しむニュース&話題を毎日配信)

【こちらの記事もおすすめ】
61kg→44kgのダイエットに成功。太りやすい体質でも【体型&体重キープ】を叶えるコツ
ウエストに付いた贅肉スッキリ。毎日1分【お腹周りをほっそりさせる】簡単習慣
いつの間にか体重6kg減。ぽっちゃりから“ほっそり”に【劇的ダイエットの秘訣】は?
太りやすい体質なら必読。食べることが好きでも【体型&体重キープ】を叶えるコツ
半年でB⇒Fカップを実現!! 美乳研究家・MACO先生の【育乳の秘訣】って?

PREV 体重3kg減を目標にトライ!呼吸するだけで痩せる「理想的な立ち姿勢」の作り方
NEXT 短めレングスでも表情豊か。大人感UPを目指すなら「最旬ショートボブ」

続きを読む






Feature