ライフ
2018/05/13

配当金を多く払っている海外企業ランキング20 トップ10の配当総額は約13兆円

(写真=Natee K Jindakum/Shutterstock.com)
(写真=Natee K Jindakum/Shutterstock.com)
2017年に配当金が高かった銘柄のトップ3 は、ロイヤル・ダッチ・シェル、中国移動通信、エクソンモービルだったことが分かった。ロイヤル・ダッチ・シェルは2年連続首位を維持、中国移動通信は12ランクアップ、エクソンモービルは1ランクダウンとなった。

トップ10の配当金は総額1200億ドル(約12.8兆円)以上。世界全体では前年比7.7%増、過去最高の1.25兆ドルにのぼっている。 

ランキングは英国を拠点とする国際資産運用企業ジェイナス・ヘンダーソンの「国際配当指数(GlobalDivinded Index)」に基づいて作成したもの。世界41カ国・地域の1200社が支払った配当金を分析している。

配当金が高かった20社と昨年順位

20位(18位) プロクター・アンド・ギャンブル(米国)
19位(14位) ネスレ(米国)
18位(17位) ノバルティス(スイス)
17位(20位) JPモルガン・チェース(米国)
16位(13位) ウェルズ・ファーゴ(米国)
15位(16位) ファイザー(米国)
14位(15位) BP(英国)
13位(12位) オーストラリア・コモンウェルス銀行(オーストラリア)
12位(11位) シェブロン(米国)
11位(9位) ゼネラル・エレクトリック(米国)

10位(10位) ジョンソン・エンド・ジョンソン(米国)
9位(8位) ベライゾン・コミュニケーションズ(米国)
8位(7位) 中国建設銀行(中国)
7位(6位) HSBCホールディングス(英国) 
6位(4位) AT&T(米国)
5位(5位) Microsoft(米国)
4位(3位) Apple(米国)
3位(2位) エクソンモービル(米国)
2位(19位) 中国移動通信(中国)
1位(1位) ロイヤル・ダッチ・シェル(オランダ)

41カ国・地域のうち11カ所で配当記録更新

世界中で総額1.25兆ドルという過去最大の配当が支払われた2017年。2009年と比べるとほぼ3倍に膨れあがっている。調査の対象となった全41カ国・地域で配当に増加が見られ、そのうち11カ所で記録が更新された。

過去5年間常にトップ10入りしているのはロイヤル・ダッチ・シェル、エクソンモービル、中国建設銀行、AT&T、HSBCホールディングスの5社のみ。ロイヤル・ダッチ・シェルは2014、15年にVodafoneグループとエクソンモービルに首位を奪われたものの、それ以外は首位に立っている。

最新版で跳躍を見せたのは中国移動通信。AT&Tやベライゾン・コミュニケーションズと並ぶ大手通信事業企業で、データ通信による収入の伸びが高配当につながったものと思われる。

米国の金融セクターから健闘したJPモルガン・チェースは、昨年に続く2度目のトップ20入り。4年連続でランクインのウェルズ・ファーゴは3ランクダウンとなった。
1 2
Page 1 of 2
PREV Facebook、Amazon、Appleの「意外な大株主」元米国副大統領など
NEXT 「自分の年収が1000万円」だからこそ、幸せな結婚ができた女性とは?