増やす
2019/10/15

どのポイントで投資する?ポイント投資サービスの違いを比較

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
投資のきっかけとして「ポイント投資から始めてみよう」と考えている人は多いのではないでしょうか?ポイント投資にはたくさんの種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまいますね。今回は代表的な6つのポイント投資について、それぞれの特徴をまとめてみました。しっかり比較し、自分にぴったりのポイント投資を選びましょう。

ポイント投資サービス 2つのタイプ

(写真=PIXTA)

ポイントのまま運用する

ポイントのまま運用するサービスは、通常のポイントを「運用ポイント」に交換し、運用ポイント数が変動するのが基本です。運用を終了したい場合は運用ポイントを通常ポイントに交換します。

運用ポイントの変動の仕方は実際の商品と連動するものが基本ですが、現金は関わってきません。あくまで「体験」の要素が大きいサービスといえるでしょう。証券口座などの開設が不要で、気軽に始めることができることもうれしいですね。

ポイントを現金に交換し投資する

ポイントで実際の商品に投資するサービスは、ポイントを現金に交換し、その金額で株式や投資信託など実際に買い付けるサービスです。運用を終了したい場合は売却し、現金で払い出されます。

証券口座の開設が必要で、より実践的なサービスですね。ポイントを現金化できることもメリットといえるでしょう。

6社のポイント投資サービスを比較

(写真=PIXTA)
 
ポイント ポイントのまま運用 ポイントで実際に投資
楽天ポイント
セゾン永久不滅ポイント
dポイント ×
au Walletポイント ×
Tポイント ×
インヴァストカードポイント ×

6つのポイント投資サービスを比較してみましょう。ポイントのまま運用するものと実際に投資するもの、またはその両方ができるポイント投資があります。

今すでに利用しているポイントがあればポイント投資も検討してみてはいかがでしょうか?

「ポイントのまま運用」サービスを比較

  運用コース 必要ポイント
楽天ポイント 2コース 100ポイント
セゾン永久不滅ポイント 7コース 100ポイント
dポイント 7コース 100ポイント
au Walletポイント 1コース 100ポイント

・楽天ポイント
楽天のポイント運用には2つのコースがあります。値動きが大きい「アクティブ」と小さい「バランス」から好きなコースを選択しましょう。

通常の「楽天スーパーポイント」が100ポイントあれば利用でき、「期間限定ポイント」は対象外です。

・セゾン永久不滅ポイント
セゾンカードの「永久不滅ポイント」のポイント投資では4つの「投資信託コース」と3つの「株式コース」から選択します。

株式コースでは「StockPoint」というアプリを利用しますが、ポイント交換レートに注意が必要です。永久不滅ポイント100ptで400の運用ポイントに交換できますが、そのまま戻すと78ptになってしまいます。

・dポイント
NTTドコモの「dポイント」では2つの「おまかせ運用」コースと5つの「テーマ運用」から選択できます。

テーマ運用では「新興国」や「ヘルスケア」などから選択でき、投資先を選ぶ楽しみを味わうことができます。

・au Walletポイント
「au Walletポイント」のポイント投資で選択できるコースは1つです。選ぶ手間がありませんからより気軽に始められそうですね。

「ポイントで実際に投資」サービスを比較

  開設が必要な証券会社 投資できる商品 必要ポイント
楽天ポイント 楽天証券 投資信託 1ポイント
セゾン永久不滅ポイント StockPointアプリ+SBI証券
orみずほ証券
株式 100ポイント
Tポイント SBI証券、ネオモバイル証券 株式 1ポイント
インヴァストカードポイント インヴァスト証券 投資信託 1ポイント

・楽天ポイント
楽天ポイントはポイントのまま運用することもできますが、実際の投資信託に投資することもできます。

楽天証券の口座を開設すれば楽天証券が用意する約2,600銘柄すべてに投資することができ、より本格的な投資体験が可能です。

・セゾン永久不滅ポイント
上述した「株式コース」はポイントのまま運用するサービスですが、実際の株式に交換することもできます。

交換できるまでポイントが貯まると、SBI証券かみずほ証券のいずれかの口座に株式を振り分けることができます。

・Tポイント
「Tポイント」のポイント投資では実際の株式と投資信託の両方に対応しています。株式に投資するなら「ネオモバイル証券」を、投資信託に投資するなら「SBI証券」の口座開設が必要です。

株式は通常100株からの取引ですが、ネオモバイル証券では1株から買えます。少額のポイントでも投資しやすいでしょう。

・インヴァストカードポイント
「インヴァストカードポイント」のポイント投資は、毎月貯まったポイントを利用する積み立て投資です。海外の投資信託を自動的に積み立て、その後の売買も自動的に行ってくれます。

銘柄選びや売買タイミングまですべて自動で行ってくれますから、より手軽に資産運用できますね。

ポイントで投資家デビュー

ポイント投資は気軽に投資体験ができるため、初心者にもおすすめです。自分にぴったりのサービスがあれば、まずはポイント投資からスタートしてみてはいかがでしょうか?

文・若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
dポイントの賢い貯め方3選
ポイントでお得なホテル4選
ポイントを貯めやすいジャンルとは?
ポイント投資でカンタン資産運用
みるみるポイントが貯まる4つの方法
PREV 住宅ローンで購入したマンションから将来的に収益を得るには?
NEXT 資産運用は投資信託とソーシャルレンディングのどちらがおすすめ?

続きを読む

Feature