増やす
2019/02/28

ポイント投資はどういう仕組み?ポイント投資の流れを確認!

(写真=Watchara Ritjan/Shutterstock.com)
(写真=Watchara Ritjan/Shutterstock.com)
みなさんはポイント投資をご存知でしょうか?投資のお試しにポイントが利用出来る仕組みで、近年新しいサービスとして注目を集めています。ポイント投資とは実際の投資と同様の運用を、現金ではなくポイントを利用して行います。現金をリスクにさらさないので気軽に始められそうですよね。

この記事ではポイント投資の仕組みについて簡単にご紹介します。資産運用が気軽に体験できますので、ポイントが貯まっている方はぜひ参考にしてください。

ポイント投資の仕組み

(写真=Joyseulay/Shutterstock.com)

まず、簡単にポイント投資の仕組みについて確認しましょう。ポイント投資には大きく2つのタイプがあります。

ポイントのまま運用するタイプ

ひとつめは、ポイントをポイントのまま運用するタイプです。貯まったポイントを投資専用のポイントに変更し、そのポイント数が変動するようになります。

新たに口座を設けなくて良いですし、税金も掛かりませんから、より気軽にできるサービスと言えます。

代表的なサービスには「dポイント投資」があります。

ポイントを現金に変え実際に投資するタイプ

もうひとつはポイントを現金化し、実際の運用商品に投資するタイプです。より本格的な投資運用ができるタイプと言えるでしょう。

証券口座の開設が必要であることが多く、また運用益がでれば約20%の税金が引かれます。手数料が掛かるものもありますので、事前に調べることは多そうですね。

代表的なサービスには「楽天ポイント投資」があります。

ポイント投資の注意点2つ

(写真=Anucha Naisuntorn/Shutterstock.com)

次にポイント投資の注意点を確認しておきましょう。

リスクに注意

あくまで投資ですから、やはりリスクがあります。投資元本はポイントですからハードルは下がりそうですが、「ポイントも減らしたくない」という方は利用しないほうが良いかもしれません。

手数料に注意

投資をする際にかかる手数料もばかになりません。ポイント投資は少額での運用になる可能性が高いので、特に月額100円のような固定費には気をつけてください。

dポイント投資の仕組み

(写真=Rawpixel.com/Shutterstock.com)

ここからはそれぞれのタイプの、代表的なサービスについて詳しく見ていきましょう。まずはポイントのまま運用するNTTドコモのdポイント投資について、その仕組みをご紹介します。

dポイントを運用ポイントに変更

dポイント投資を利用するには、まず貯まったdポイントを運用ポイントに交換する必要があります。交換は公式サイトを使い、100ポイントから可能です。この際、手数料は掛かりません。

運用ポイントはAIを利用した自動運用サービス「THEO(テオ)」に連動するようになっていますので、これによってポイント数が変動するようになります。

運用は2コースから1つ選択

運用ポイントに交換する数を決定したら、次は運用コースを選択します。リスクが高めの「アクティブコース」と低めの「インデックスコース」のどちらかを選びましょう。その後は自動的に資産運用をしてくれるので、定期的にポイント変動状況をチェックするだけでOKです。

運用を終えたいときはいつでも解約

運用をストップしたいときは運用ポイントをdポイントに戻します。これも同じサイトで簡単にできます。

楽天ポイント投資の仕組み

(写真=Kaspars Grinvalds/Shutterstock.com)

次はポイントを現金に換え実際の金融商品に投資する、楽天ポイント投資についてご紹介します。

楽天は同じグループの楽天証券で「投資信託ポイント投資サービス」を提供しており、楽天ポイントで実際の投資信託を買い付けることができます。

楽天証券で口座を開設

まずは楽天証券の口座開設が必要です。もちろん無料で、ウェブ上で簡単に開設できます。

口座開設をした後は、楽天証券の設定画面から楽天ポイント口座番号を入力し、証券口座と楽天ポイントを連携させます。また、ポイント投資の約款にも同意しておきましょう。

楽天ポイント口座番号がわからない場合は、以下のURLより楽天会員IDでログインしてください。

楽天スーパーポイント口座番号確認ツール

楽天ポイントで投資したい投資信託を選択

ポイント利用の準備ができたら、投資したい投資信託を選びます。楽天証券が提供している「投資信託スーパーサーチ」や「かんたんモード」を利用し、銘柄を選定してください。

決済に楽天ポイントを使用する

投資したい銘柄を選んだら、買付画面に進みましょう。銘柄によっては手数料が掛かりますので、ご注意ください。

買付画面で使用する楽天ポイント数を選択します。ポイントは1ポイントから利用可能です。

すべて入力すれば買い付け完了です。投資信託での運用がスタートします。

運用を終えたいときは売却

運用を終了したいときは投資信託を売却しましょう。運用益があれば税金が引かれ、残りが現金で払い出しされます。

資産運用を考えるきっかけに

  購入時 運用中 解約
dポイント dポイント 運用ポイント dポイント
楽天ポイント 楽天ポイント 投資信託 現金

以上がポイント投資の仕組みです。サービスごとに若干ポイントの流れが違うことが分かりますね。

ポイント投資は、実質無料でリスクも少ないので、始めるハードルは低いといえるでしょう。貯まっているポイントがある人は、この機会にぜひ「消費」ではなく「投資」に回してみませんか?

文・若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
dポイントの賢い貯め方3選
ポイントでお得なホテル4選
ポイントを貯めやすいジャンルとは?
ポイント投資でカンタン資産運用
みるみるポイントが貯まる4つの方法
PREV イオン銀行は定期預金より普通預金がおすすめ?2019年4月改正内容とは
NEXT 株主優待投資デビュー 損を避ける3つの選び方

続きを読む