増やす
2019/01/05

ラーメン女子必見。投資できるラーメン屋さん5選

(写真=HikoPhotography/Shutterstock.com)
(写真=HikoPhotography/Shutterstock.com)
人気店となれば全国からファンが押し寄せ、数時間待ちも当たり前となったラーメンブームは、今や日本国内だけにとどまらない。

ニューヨークやロンドン、パリなどの国際都市でも、今や日本食と言えばラーメンというほど存在感を増している。町の小さなラーメン屋からスタートした事業者でも、全国に店舗網を拡大して一企業として外食産業で頭角を現すケースもある。

自分が注目している企業のラーメン屋さんが株式上場していれば、その会社の株式を保有することで企業の成長も享受することができる。ここでは、ラーメン好きのために、上場しているラーメン関連銘柄をピックアップしてご紹介しよう。

ラーメン関連銘柄5選

幸楽苑 <7554>

1954年に福島県会津若松市で、従業員3人でスタートした食堂が起源の幸楽苑。雨漏りがしていたという店内で提供されたラーメンは、35円(当時)だった。地方の食堂から駆け出した幸楽苑は、中華そば290円という低価格路線でデフレの波に乗り、国内で527の直営店舗(2018年3月期第3四半期決算時点)を展開するまでの成長を果たした。

看板メニューだった中華そばは姿を消したが、2012年にはバンコクへの進出を皮切りに海外戦略を進める。17年3月期の連結売上高は375億9400万円を見込み、将来的には国内1000店舗体制を視野に入れる。

ハイデイ日高 <7611>

1973年に小さなラーメン屋からスタートしたのがハイデイ日高の運営する日高屋。今となっては時代の潮流でもあるラーメン屋のチェーン展開だが、当時はまだそれほど一般的ではなかった。そんな中、早くから駅前の一等地へ進出し、成長を成し遂げてきたのが日高屋だ。全国すべての店舗で均一の商品とサービスを提供するため、直営店方式を採用。

集客の見込める駅前繁華街を出店エリアのメインターゲットにし、客の回転率を効率化して収益を確保する戦略だ。また、中華そば390円など低価格帯の商品を充実させている。直営店舗数は396店舗(2016年11月末時点)に上り、首都圏で600店舗体制に向けて出店攻勢をかける。2017年2月期の業績予想(非連結)では、売上高を392億円と見込んでいる。

物語コーポレーション <3097>

注文ごとに1つ1つ手鍋で調理する看板メニュー肉そばを提供する「丸源ラーメン」、キャベツの山盛りをトッピングしたラーメンが支持を集める「二代目丸源」を運営する物語コーポレーション。ラーメンチェーンの他、焼き肉やお好み焼き、寿司、しゃぶしゃぶなどのチェーンもグループ内に抱える。

丸源ラーメンの肉そば(税抜き650円)は、柔らかい豚肉をスープで炊き込み、醤油ベースのスープで楽しむ一杯で、使用する醤油は産地の異なる3種類をブレンドするこだわり。ラーメン店は直営、フランチャイズチェーンを合わせて113店舗(2017年6月期第1四半期時点)に上り、16年6月期のラーメン部門の売上高は47億700万円。
1 2
Page 1 of 2
PREV お洒落なレストラン展開の「バルニバービ」株主優待の魅力は?
NEXT ふぐ好き必見。高配当で人気「関門海」の株主優待

続きを読む