トクする
2019/05/04

FPが語る、ユーロへの両替でおすすめの方法は?手数料と手軽さで比較

(写真=soul_studio/Shutterstock.com)
(写真=soul_studio/Shutterstock.com)
ヨーロッパへ旅行に行くとき、みなさんはどうやってユーロに両替していますか?「できるだけお得に両替したいけど、よくわからないし面倒なのはいや」という方は多いと思います。

今回は円からユーロに両替する方法をいくつかご紹介します。両替方法によってはとってもお得になりますから、今まで両替方法を気にしていなかった方も是非参考にしてください。

ユーロに両替する方法

(写真=hxdbzxy/Shutterstock.com)

ユーロに両替するにはどのような方法があるのでしょうか。簡単に確認しておきましょう。

空港

最もポピュラーな両替方法ですね。ユーロはもとより、多くの通貨を両替することができます。スタッフが対応してくれる窓口もありますし、24時間稼働している自動両替機を備えている空港もあります。

銀行

大手銀行などは窓口で円からユーロへ両替してくれるサービスを提供しています。空港に行かなくても両替できますから、事前にユーロを用意しておきたいという方はよく利用していると思います。

外貨宅配など別の方法も

ユーロを自宅まで届けてくれる外貨宅配など、その他の両替サービスを利用する方法もあります。銀行や空港のほか、両替専門業者が提供しています。

ユーロに両替する前に気を付けたいこと

(写真=Vijak Phinkaew/Shutterstock.com)

ユーロへの両替にはいくつか注意点があります。

空港や銀行での両替は手数料が高い

ユーロへの両替には為替手数料が掛かります。両替方法によって手数料に差があり、空港や銀行は高い傾向にありますので気を付けましょう。特に空港では片道3%近い手数料が設定されていることもあります。

その他のサービスは受け取りに時間が掛かることが

為替手数料を低く抑えるには別の方法で両替しないといけませんが、両替に時間が掛かることがあります。これらのサービスを利用する場合は前もって計画し十分時間にゆとりを持って利用しましょう。

お買い物ならクレジットカード払いも選択肢に

ユーロを両替する目的がお買い物なら、クレジットカードでお買い物するという選択肢もあります。ユーロを現金で用意しなくてもクレジットカード加盟店ならお買い物が可能です。

クレジットカードを海外で利用する場合は別途海外利用手数料が掛かる場合があります。事前に確認しておきましょう。

海外でキャッシングしてもユーロは受け取れる

(写真=Chaay_Tee/Shutterstock.com)

円からの両替ではありませんが、キャッシングを利用してもユーロを用意することができます。事前にキャッシング機能を設定しておく必要がありますが、どうしても現金を用意したいときはクレジットカードの海外キャッシングでユーロを引き出すという選択肢も検討できるでしょう。

キャッシングは利息負担の重い借金です。通常、利息は年間十数%にもなりますが、利息は日割りで計算されますので短期で返済すれば少ない負担で済みます。旅行から帰ったらできるだけ早く返済するようにしましょう。

また、利用するカードやATMによっては為替手数料やキャッシング手数料が掛かる場合があります。キャッシングでユーロを用意する場合、これらに気を付けて利用しましょう。

ユーロ両替でおすすめの方法3つ

(写真=Africa Studio/Shutterstock.com)

ユーロへ両替するなら、結局どの方法がいいのでしょうか?おすすめの方法を3つご紹介します。

時間があるならマネーパートナーズ

旅行まで時間があるならマネーパートナーズの外貨両替サービスがおすすめです。低い手数料で両替でき、かつユーロを空港で受け取れる手軽さがあります。

マネーパートナーズは外国通貨に投資するFXの会社で、いわば外貨の専門業者です。そのノウハウを活かし、低い為替手数料でユーロに両替するサービスを提供しています。円からユーロへ両替する際の為替手数料は0.2円で、1,000ユーロなら200円の為替手数料で済みます。

両替したユーロは空港で受け取ることができます。主要4空港で対応していますから多くの方が利用できるでしょう。空港受け取りには別途500円の手数料が必要です。

利用するにはマネーパートナーズでFX口座を開設する必要があります。すでに開設しているなら両替から最短4日でユーロを受け取れますが、開設していない場合は口座開設や入金などの手続きに時間が掛かってしまいます。十分時間に余裕を持ち利用するようにしましょう。

現地ならキャッシングを

旅先でユーロを用意するならキャッシングがおすすめです。例えば、楽天VISAカードなら利用額の1.63%と現地ATMの利用手数料がコストになりますが、現地空港などで両替するコストを考えると、より安い傾向にあります。

できるだけ早く返済しキャッシングの金利を抑えるようにすれば、手軽で割安な方法といえるでしょう。

やはり手軽な空港両替

空港での両替は他の方法と比較しコストは高いですが、事前の準備なしで両替でき、しかも日本語も通じるため手軽に両替が可能です。
 
  コスト 手軽さ
マネーパートナーズ
キャッシング
空港 ×

いちばん都合のよい両替方法を

ユーロに両替する方法にはそれぞれコストと手軽さに違いがあります。低コストでユーロを用意できる方法はありますが、面倒な手続きがいやなら空港で両替してもよいでしょう。納得のいく両替方法を選択し、快適な海外旅行にしましょう。

文・若山卓也(ファイナンシャルプランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
オンナを上げる体験型旅行6選
オトナ女子のグルメ旅先3選
ドバイの凄すぎる超高級ホテル
旅行積立どこお得?主要各社を比較
免税店でお得に買い物する裏ワザ3選
PREV 2019年の自動車税減税は「誰が」「どのくらい」お得になる?
NEXT 自動車税をクレジットカードで払うデメリットとは?コンビニ払いとどちらがいい?

続きを読む

Feature