貯める&備える
2018/05/06

楽しい節約術4選!節約を長く続けてお金を貯めよう

節約術3. ローンの契約・見直しでは金利がなるべく低いところを選ぶ

節約術,まとめ
(写真=wutzkohphoto/Shutterstock.com)

住宅ローン、自動車ローン、エステなどの「ローン」を見直すことも節約につながります。これから契約する人も含めて着目したいのは「金利」です。借入の金利によって、同じ金額の借入でも支払い額は大きく変わります。

例えば、100万円を期間3年、元利均等返済で借りる場合、金利が2%なら利子は3万1,133円ですが、金利が4%の場合は6万2,863円と利子がほぼ2倍になってしまいます。

商品の購入先でローンを組むと信販会社のローンのため金利が高くなりがちです。少し面倒ですが、銀行などで借りると金利を抑えることができます。

もらってうれしいお得な「ふるさと納税返礼品」ランキングで探す?

節約術4. ふるさと納税で生活必需品をまかなう

節約術,まとめ
(写真=taffpixture/Shutterstock.com)

税金の支払いで節約につなげられるのが「ふるさと納税」です。これは自治体に寄付した合計金額から2,000円を差し引いた額が、所得税・住民税から控除されます。支払う税金の額が減り、さらに寄付した自治体からお礼として「返礼品」が返ってくるのが特徴です。お米やお肉などの食品を選べば食費を節約できますし、衣服やトイレットペーパー、タオルセットなどを用意している自治体もあります。

ふるさと納税で還付・控除される額は年収によって上限が異なります。例えば、年収350万円で独身なら3万4,000円が上限です。

発想を転換して楽しく節約を

節約術,まとめ
(写真=KieferPix/Shutterstock.com)

このほかにも昼食にお弁当をつくって食費を見直すのも一案です。外食をするよりお弁当のほうが安くあがるだけでなく、カロリーを抑えることにもつながります。また、お弁当なら量を自分で調節できますが、外食の場合は量が多くても「もったいないから」と食べてしまうもの。摂取カロリーを減らすという意味でも、お弁当にするのは良案かもしれません。

お弁当と一緒に、マイボトルの持ち歩きも考えたいもの。ちょっと喉が渇いたからとペットボトル飲料を買っていると、たとえ1本は100円程度でも、毎日、毎週買うことで結構な額になります。また、甘いジュースなどは高カロリーなものが多いことから、あまり身体に良いとは言えません。

無駄を省く「節約」はいいことですが、「我慢する節約」は続きません。そこで、ちょっと良いバッグを買ったり、プチ海外旅行に行ったりといった、楽しいお金の使いみちをイメージしてみましょう。そうすれば、日々の節約もちょっと楽しくなるのではないでしょうか。

文・冨士野喜子(ふじのFP事務所)

【こちらの記事もおすすめ】
豊かな老後を迎えるために、アラフォーが今すぐすべき3つのToDoリスト
一生独身かも…老後が不安なアラフォー女性のための、幸せ貯金計画
お金が貯まる5つのコツ。「貯蓄1,000万円」も夢じゃない
脱・貯金オンチ。貯まらない女子「3つの言い訳」対処法
FPがダメ出し!「お金がない」ときにやってしまいがちな5つのNG行動
1 2
Page 2 of 2
PREV 財布選びは風水を意識すべし!金運アップにつながる素材・色は?
NEXT あなどれない!500円玉貯金を絶対に成功させる3つの方法

続きを読む