貯める&備える
2020/03/27

貯金を増やすための方法とは?基本的な考え方や節約術について

2.3つの貯金方法

貯金するための基本的な考え方を押さえることができたら、次に具体的な貯金方法について確認しておきましょう。初心者でも手をつけやすい貯金方法はいくつかあります。ここでは、そのうち特に始めやすく効率的な3つの貯金方法を紹介します。

2-1.500円玉貯金

500円玉貯金とは、気が向いたときに貯金箱に500円玉を貯めていく貯金方法です。手元に貯金箱さえあれば、今すぐにでも始められるので、初心者向けの貯金方法だといえます。500円玉貯金は、「ちりも積もれば山となる」ということわざをそのまま具現化したようなお金の貯め方です。一度に貯められる金額は少ないものの、継続することで大きな金額を貯められる可能性を秘めています。

例えば、500円玉を毎日1枚ずつ貯金箱に貯めていったとしましょう。その習慣を10年間続ければ、貯金額は182万5000円という水準まで膨れ上がることになります。もちろん、10年という長い期間、500円玉貯金を継続することは難しいことかもしれません。しかし、500円玉貯金の良いところは、比較的短い期間でも継続すればかなりの金額まで貯金できるということです。目標金額を少なめに設定して実践すれば、毎日少しずつ増えていくのを実感しながら、楽しく貯金することもできます。

500円玉貯金を成功させるコツは、とにかく貯金という行動を習慣化することです。例えば、「朝起きたら貯金する」「家に帰ったらお金を入れる」といったように、ルーティーンとして生活に組み込むとより継続させやすいでしょう。ただ、500円玉貯金のデメリットは、そもそも500円玉が財布に入っていないと貯金できないということです。そのため、500円玉貯金を始めるなら、お釣りで500円玉をもらえるように1000円札で払うようにするなど、なるべく500円玉が財布に残るような支払いをする習慣を身につけることが大切です。

2-2.先取り貯金

先取り貯金とは、あらかじめ決めた金額を給料から天引きして、半ば強制的にお金を貯めていく貯金方法のことです。目標金額を設定して貯金する場合、どのみち給料から毎月の貯金額を決めて貯金することになります。自分で貯金する場合、誘惑に負けて使ってしまうこともあり得ますが、先取り貯金であればそういう心配もなく毎月一定の金額を貯金することが可能です。

先取り貯金を実践するには、まず給料の振込口座とは別に貯金専用の口座を開設する必要があります。給料が振り込まれたら、その口座にすぐ一定額を移すようにするというのが一般的な先取り貯金のやり方です。もちろん、この方法でも誘惑に負けてしまいそうになることがあるかもしれません。ただ、貯金専用口座を別に作っておけば、それだけでも貯金の意思はより強固なものになります。そのうえ、「この口座のお金は絶対に使わない」という誓いを立てておけば、普通に貯金するよりずっと確実にお金を貯めていくことができるのです。

また、勤務先の財形貯蓄制度や終身保険などを利用するのも一つの手です。財形貯蓄制度は、税金面でも優遇されるため、効率的にお金を貯めていくことができます。もちろん、銀行の定期預金や積立定期などを利用することも確実な方法の一つです。定期預金とは、お金を預けてから一定の期間は引き出すことができない形態の預金のことです。普通預金より高い金利が設定されていることが多いので、確実かつ効率的に貯金したい場合は定期預金口座の開設も視野に入れてみると良いでしょう。

2-3.積立投資

少ない資金から貯金する場合には、積立投資というのも有効な方法の一つです。積立投資は、少額から始められる投資の一種です。投資と聞くと、少し怖いイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、積立投資は証券会社によっては毎月100円という少額から始められる初心者向けの投資です。単なる預金の場合、預けたお金はほとんど増えませんが、投資であればお金が増えることもあるため、貯金を効率的に増やしたい人に最適な貯金方法だといえます。

ただし、あくまで投資であるため、運用がうまくいかなければお金が減る可能性もあります。そのため、投資をする場合、リスクも考えて適切に運用することが大切です。その点、毎月一定額ずつ購入していく投資信託への積み立ては、リスクを分散させる効果があるため、初心者でも比較的簡単に始められる投資方法です。つみたてNISAなど、少額から始められる積立投資は、投資で得た利益を最長20年間非課税で受け取ることができるなど、税制面でも大きな優遇措置を受けられます。貯金額を増やす方法の一つとして、投資も選択肢に入れておくとより視野が広がるでしょう。
1 2 3
Page 2 of 3
PREV 30代独身の平均貯金額は317万円!年収別の貯金額は?
NEXT 生命保険は必要?アラフォー独身女性に必要な保険を本気で考えてみよう

続きを読む






Feature