貯める&備える
2020/02/05

「エステティシャン」って儲かる?年収はいくら?

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
エステティシャンは女性を美しくするとともに癒しを与えてくれる仕事です。体力的に大変そうな仕事ですが、年収はいくらぐらいなのでしょうか。今回は、エステティシャンの年収と求められる技能、年収アップの方法について解説します。

初任給は約20万円!固定制と歩合制で大きく異なる

エステティシャンの初任給は、約20万円前後といわれ、大学の初任給と比べると若干安いぐらいが相場です。また、給与体系が固定制か歩合制かでも大きく異なります。固定制は安定した収入が得られますが、いくらがんばっても同じ給料です。歩合制は、やればやるだけ給料は増えますが、指名が取れないと収入も少なくなり不安定な部分があります。

正社員としてサロン勤めを続けていく場合、平均月収は約22万~24万円、平均年収は300万~400万円です。歩合制で指名が多く入るようになればさらに上もあり得ますが、サロン勤めを継続するだけでは、収入を大きく伸ばすことは難しいかもしれません。

技術の習得はもちろんお客様の悩みに応える体力と共感力が重要

エステティシャンとして収入を伸ばしていくためには、技術の習得はもちろん、お客様の悩みに応える体力とコミュニケーション能力が必要です。技術の習得は、お客様の悩みによりきめ細やかな対応をするために役立ちます。施術や美容術の組み合わせを行い自分のオリジナリティを出すことで独立開業時のセールスポイントとなる場合もあるでしょう。

お客様の悩みを丁寧にヒアリングして会話でもお客様のストレス解消を意識することも信頼関係を築くうえで重要です。お客様の悩みに寄り添い、よりよい施術を提案し磨いた技術によって満足してもらうことを積み重ねると指名が増えて収入も多く得られるようになります。
1 2
Page 1 of 2
PREV 生命保険料控除は家族分の保険も対象!ポイントは支払者
NEXT イオン銀行のiDeCoを選ぶデメリット&メリットを解説

続きを読む






Feature