貯める&備える
2020/01/12

明治安田生命の特徴は組立総合保障保険!上手な利用方法紹介

(写真=Jirsak/Shutterstock.com)
(写真=Jirsak/Shutterstock.com)
明治安田生命は、旧明治生命と安田生命が合併して2004年1月に発足した保険会社です。旧明治生命は1881年7月に日本で初めての近代的生命保険会社として開業しています。長い歴史のある会社ですね。明治安田生命の生命保険商品の特徴は、幅広い保障が1つの生命保険で準備できる組立総合保障保険です。健康増進をサポートする仕組みも組み込まれている、明治安田生命の組立総合保障保険について解説します。

明治安田生命はこんなことを大切にしている

(写真=PIXTA)

明治安田生命は「確かな安心をいつまでも」「信頼を得て選ばれ続ける人にいちばんやさしい保険会社」「お客様志向・倫理観」の3つを経営方針としてかかげている会社です。

長期にわたる生命保険契約が確かな安心となるように、保険金や給付金の確実な支払いのための取組みや安定的な資産運用などが行われています。契約後もアフターフォローとして情報の提供などの継続的なサービスを行っています。

また、「お客様」や地域社会、従業員など、ひとりひとりが健康な生活を送れるように応援しています。

「お客様」の気持ちに向き合い、最善の利益がもたらされるように、意見や要望に耳をかたむけて業務改善に活かす体制が敷かれています。「お客様」に向き合った取り組みをずっと行っていくために、組織として個人としての評価に取り組みの結果が反映されることとなっています。

超高齢社会へ進んでいくことなど、これからの環境の変化をふまえながら、さまざまなニーズに対応できる幅広い商品を用意し、最適な商品の提案に努めています。コンサルティングサービスを行うためには、知識やスキルが必要とされますから、習得できるように、従業員へ充実した教育・研修が受けられる体制が整えています。

明治安田生命のベストスタイルとは

(写真=PIXTA)

明治安田生命のベストスタイルは、特約を組み合わせて自分に合った保障を選ぶことができる保険です。病気・ケガのとき、重い病気にかかったとき、病気やケガが原因で働けなくなった・介護が必要になったなどの場合に対応できるさまざまな特約が用意されています。

2019年4月2日より「健康サポート・キャッシュバック特約」を付加して、健康アドバイスや保険料のキャッシュバックが受けられる、健康増進型保険「ベストスタイル健康キャッシュバック」〈5年ごと配当付組立総合保障保険〉が発売されました。

健康サポート・キャッシュバック特約は無料で付加できます。毎年健康診断の結果を提出し、項目ごとのA、B、C、Dの検診区分によってキャッシュバックポイントを判定します。ポイントをもとに計算されたキャッシュバック金額は、最大で対象の特約1ヶ月分の保険料になり、翌保険年度の年単位の契約応当日に支払われ自動的に積み立ててもらえます。セカンドオピニオンサービス、3大疾病ベストホスピタル紹介サービス、糖尿病相談・専門医紹介サービスの利用は無料です。

ベストスタイルは保障が重複することがなく、保障見直し制度を利用して、各特約の増額や減額、中途付加など、加入後も毎年保障内容が見直せます。女性はライフスタイルや健康に変化が生じがちですから、見直しがしやすい保険はうれしいですね。

加入するときは対面で、明治安田生命のMYライフプランアドバイザーなどの説明が必要になります。したがってインターネットで加入できる保険よりも保険料は割高です。

明治安田生命のメディカルスタイルとは

(写真=Billion Photos/Shutterstock.com)

明治安田生命のメディカルスタイルFは、病気やケガでの入院や退院後の通院での治療費、重い病気になったときの療養費、などに備えて保障を組み合わせることができる医療保険です。

入院した時の給付金は、入院日数に応じて保障してもらえるタイプと、入院・退院後の通院にかかる診療報酬点数による自己負担額に応じた金額を保障してもらえるタイプとが選べます。

保障見直し制度の利用で、ベストスタイルと同じように加入後も毎年保障内容の見直しができるので、ライフステージに合わせて必要な保障を準備しておくことが可能です。特約の更新は原則10年ごとですが、所定の要件のもとに健康状態にかかわらず、新・入院特約を終身入院特約に変更できます。

ライフイベントに合わせて保険を見直そう

(写真=PIXTA)

皆さんには将来かなえたい夢や目標があるでしょう。結婚する、マイホームを持ちたい、など人生の大きな出来事のことをライフイベントといいます。ライフイベントを実現するために備えておかなければならない保障は変わります。

結婚したら万一の事態に備えて遺された家族の生活資金を準備しておくことを考えるでしょう。住宅を購入したら、住宅ローンは、団体信用生命保険によって支払われると遺族の住居費は今までより少なくても済みますね。皆さんのライフイベントに応じて必要な保障を備えておきましょう。

文・藤原洋子(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
【FPが選ぶ】無料の保険相談窓口おすすめ5選
間違いだらけ!?アラフォー独身「おひとり様」の保険選び
知っておきたい保険見直しの「タイミング」
お金を増やす保険がある?2つのメリットと注意点
女性保険は必要?女性特有のリスクに備えた保険の選び方
PREV iDeCoの特徴と注意点を紹介!老後が不安な人こそ活用を
NEXT アフラックの特徴解説!女性向け商品も充実

続きを読む

Feature