貯める&備える
2019/11/26

危ない銀行って本当にある?銀行の安全性を今すぐチェックする方法

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
一生懸命働いてコツコツ貯めてきた大切な資産。その資産を預ける銀行の安全性は、自分でしっかりチェックしておきたいものです。今回は、銀行の安全性をチェックする方法と、万が一銀行が破綻した場合のリスクおよびリスクへの対応についてご紹介します。

銀行の安全性は格付けでチェック

格付けとは、銀行が預金として預かったお金を返す能力を評価するものです。そのため、格付けは「この銀行に資産を預けて大丈夫か」を判断する一つの指標となります。

格付けは「格付け会社」が行っており、格付け会社には、ムーディーズ、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)、格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)などがあります。

格付けの表示方法は会社によって異なります。例えば、大手格付け会社のS&Pの場合は、段階的にAAA(トリプルエー)からDまであり、AAAが最も高い評価で「金融債務を履行する債務者の能力は極めて高い」、次のAA(ダブルエー)が「金融債務を履行する債務者の能力は非常に高く、最上位の格付け(「AAA」)との差は小さい」などと定義されています。

また、AAAなどの格付けの中でも、プラス記号やマイナス記号によりさらに細かく安全性の度合いが表記されています。

詳細はこちら。
1 2
Page 1 of 2
PREV メリットはある?50代におすすめできる個人年金とは
NEXT 公的年金の種類とは?受け取れる年金別に解説

続きを読む

Feature