貯める&備える
2019/11/10

貯金なし女性は30代で見直す必要あり?貯められる人になる方法とは

(写真=getty images®)
(写真=getty images®)
30代で貯金がない女性は何が原因なのでしょうか。婚活・子育て・マイホーム購入など、何かと忙しくなる年代ですが、忘れていけないのが『老後の資金を貯めること』です。今、十分な貯金がない人でも上手に資産形成をするコツを紹介します。

30代で貯金なしはマズい?

(写真=getty images®)

キャリアアップや結婚、出産など、ライフスタイルに変化や格差が表れはじめるのが30代です。『30代で貯金なし』は、どんな不安が待ち受けているのでしょうか?

婚活に不利となるケースも

30代で貯金がほとんどない人は、他の人の目にはどう映っているのでしょうか。

何らかの理由で働けない期間が長かった、収入が極端に少ない、マイホーム購入などの大きな出費があったなどの理由をのぞいては、『30代で貯金ゼロ』はなかなか考えにくいものです。

多くの場合、『やりくりの下手さ』が関係しているといえますが、婚活では相手から『浪費癖がある』と判断されてしまうかもしれません。貯金なしの女性には、安心して家計を任せられないのが多くの人の本音です。

金銭感覚の違いから「浪費家の奥さんをもらったら自分が苦労しそう」と思う人も少なくないでしょう。

老後の生活に不安を抱えることに

多くの人が金融資産を増やそうとする理由の一つは、老後への不安があるためです。女性の平均寿命を87歳とし、60歳から寿命までに必要な生活費を算出してみましょう。

住む地域にもよりますが、1カ月当たりの生活費を平均15万円とすると、87歳までに4800万円以上かかる計算になります。

今後は退職年齢が上がり、年齢を重ねても元気に働く人が増えると予想されますが、無職の高齢世帯の場合、社会保障だけではまかないきれず、毎月赤字になる可能性は高いです。

金融広報中央委員会の『家計の金融行動に関する世論調査』では、『心配である』と答えた世帯は83%以上で、『十分な金融資産がないから』『年金や保険が十分ではないから』という理由が挙がっています。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」(単身世帯調査)
出典: https://www.shiruporuto.jp

30代女性の貯金の必要性

(写真=getty images®)

長期的に見た貯金が必要ですが、30代は何かと出費が多い世代です。近い将来の大きな出費を予測し、コントロールすることも大切です。

結婚資金は必須ではないが、あると安心  

30代で準備しておきたい大きな資金の一つが『結婚資金』です。結婚資金に含まれるのは、結納金・結婚式代・両家の顔合わせの食事会・指輪などでしょう。結納金は約200万円、結婚式代は、規模にもよりますが300~500万円が相場です。

とはいっても、最近は結婚式を挙げずに、両家の顔合わせや食事会だけで済ませるミニマムな結婚も増えています。相手によっては結納金を必要としないケースもあるでしょう。

結婚は縁やタイミングによるところが大きく、資金がないと結婚できないわけではありません。

結婚資金は毎月のお金に余裕があれば、コツコツと貯めておくのが理想です。必須ではないものの、少しでもあったほうが、相手に大きな負担をかけずに済むでしょう。

既婚女性もお金のかかるイベントが多数

30代というと、仕事でのキャリア形成や子育てに追われる年代です。30代既婚女性で、貯金が貯まらないケースを考えてみましょう。

30代から40代にかけては、『マイホーム』を購入する人が多く、頭金のほかに、毎月のローンの支払いが発生します。

子供がいる家庭の場合、『子供の養育費』が大きな支出になるでしょう。地域にもよりますが、小学校6年間の授業料は公立で180万円、私立では800万円以上かかるといわれています。

子供が成長するにつれて、食費や被服代なども増えていくため、共働きでもなかなか貯金ができない状況も多くなるでしょう。

同世代の人はいくら貯金できているの?

(写真=getty images®)

貯金があってもなくても、気になってしまうのが同世代の平均貯金額です。30代の貯蓄の平均額や中央額はどのくらいなのでしょうか?あくまでも一つの目安として紹介します。

30代の平均年収  

毎月貯金できる金額は、月にいくらの収入があるのかにも起因します。求人情報・転職サイト『doda』(デューダ)の調査(平成29~30年)によれば、30代の平均年収は452万円、そのうち、女性の平均年収は382万円です。

一方で、給与が300万円に満たない人は、全体の24%以上にものぼっています。

毎月どのくらい貯金に回せるかは、親と同居している人と一人暮しの人では金額が異なってくるでしょう。また、ボーナスの有無も大きく関係しています。

女性の平均年収ランキング 2018 年齢別<br>
出典: https://doda.jp

30代半ばまでに、いくら貯金が必要?

長期的に貯金を貯めていくとして、30代半ばの段階では、どれくらいの貯金があるのが理想でしょうか。

doda(デューダ)では、それぞれの年齢における実際の貯金平均額を調査していて、34歳の平均貯蓄額は464万円という結果が出ています。

この結果はあくまでも平均値で、貯金額が3000~5000万円という一部の富裕層が数値を上げていることも忘れてはいけません。

「30代半ばまでにいくら貯金が必要か」という答えは、「どんな人生を生きたいか」によって変わってきます。結婚や出産、マイホームの購入、突然働けなくなったときなど、将来の目標を設定して、それを目安に貯めるのが理想です。

ビジネスパーソンの貯蓄事情2012−年齢別
出典: https://doda.jp
1 2
Page 1 of 2
PREV iDeCoを始める時に考えたい資産配分の組み合わせ
NEXT いまさら聞けないiDeCoのメリット・デメリット

続きを読む

Feature