貯める&備える
2020/07/08

【FPが選ぶ】保険の見直し相談比較ランキング! 2020年最新

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
身近な人が病気やケガをして入院したと聞いたとき、自分の保険内容が心配になるのではないでしょうか。結婚、出産、マイホームの購入など、生活環境が変わるときも、保険の内容が自分に合っているか確認したいですよね。ムダな部分があれば、貯金に回すこともできます。でも、保険を見直したいけど自分で選ぶのはちょっと面倒なもの。そんなときに頼れる相談先をランキング形式で紹介します。

FPが考える保険の見直し相談の選び方

保険の見直しを検討しているときに利用できるサービスはいろいろとあります。すでに見直す内容が決まっていれば、保険会社に電話で問い合わせたり、資料を送ってもらったりと自分で選ぶこともできるでしょう。メールやチャットで相談できるサービスもあります。

自分に合った保険選びのサポートをしてもらいながらじっくり検討したい人は、複数の保険会社から選ぶことができる保険代理店の担当者と直接会う方法がおススメです。

保険の見直し相談には「無料相談」と「有料相談」があり、保険代理店により異なります。保険代理店は、相談者が保険契約を結ぶと保険会社から契約手数料を受け取ることになっているので、無料で相談を受けています。まずは「無料相談」を利用してみましょう。

また、相談場所によって、相談者が店舗に出向く「来店型」と、保険担当者が自宅や勤務先、ファミレスなど指定した場所に来てくれる「訪問型」があります。

近くに保険ショップがあるので出向いても構わない、遊び盛りの子供の対応を任せて相談に集中したい、などの希望がある人は「来店型」。近くに保険ショップがない、小さい子がいるので自宅に来てもらいたい、人目を気にせず相談したい、などの希望がある人は「訪問型」を選ぶと良いでしょう。両方から選べたり、インターネットを使って顔を見ながら相談できたりする保険代理店もあります。

大切なことは、相談者であるあなたの意向に沿った保険のプランを考えてくれるかどうかです。一度の相談で契約まで決めなくてもいいので、信頼できる担当者か、納得できるプランになっているか、しっかりと見極めましょう。

保険相談窓口を利用するメリットとは?

保険の見直しを検討している方が、保険相談窓口を利用するときの主なメリットを4つご紹介します。

1)複数の保険会社の商品をまとめて比較できる

一般的に、保険を比べて自分の希望に合ったものを選びたいときは、それぞれの保険会社の担当者から説明を聞いたり、見積もりを取ったりする必要があります。売れている商品があっても、自分に合っているかどうかがわからないこともありますよね。保険相談窓口では、複数の保険会社の商品を扱っているので、1回の相談で各社の保険の特徴がわかったり、保険料を比較したりすることができます。

2)何度相談しても無料

結婚や出産をきっかけに保険に加入しようと思っても、「どの保障が必要か、どれくらいの保障額が必要なのかわからない」という人がほとんどでしょう。

保険相談窓口なら、保険やお金に関するプロが保険選びのアドバイスをしてくれます。1回の相談で決められなくても、何度でも無料で相談に乗ってもらえるので、時間をかけて選ぶことができます。

3)契約手続きをサポートしてもらえる

自分で契約手続きをする場合は、記入した項目にミスがあっても気付かずに提出してしまい、手続きに時間がかかってしまうこともありますし、契約できてもいざというときに保険金などが支払われない可能性もあります。

保険相談窓口では、複数の保険会社の保険に加入する場合でも、一括で契約手続きがスムーズに進められるようにサポートしてもらえます。保険料は、自分で手続きする場合と変わりません。

4)契約後の手続きも対応してもらえる

契約手続きが完了した後も、住所変更や保険金の受取人の変更など、手続きが必要になることがあります。加入している保険会社が複数の場合は、それぞれで手続きをする必要がありますが、保険相談窓口ならまとめて対応してもらえます。また契約時のデータが残っているため、保険を見直すべきときになったら、あらためて相談することもできます。    

保険相談窓口の選び方

人気の保険相談窓口をご紹介する前に、まずは保険相談窓口を選ぶ際のポイントを確認しておきましょう。

どんな保険を扱っている?

保険相談窓口を選ぶ際は、加入する目的に合った保険商品を扱っているかどうかを確認しておきましょう。

保険は大きく分けて、ヒトに関わるリスクに備えることを目的とした「生命保険」と、モノや財産に関わるリスクに備えるための「損害保険」に分けられます。死亡保険や医療保険、自動車保険、ペット保険など数種類の保険をまとめて相談したい場合は、取り扱っている保険会社の種類が多い窓口を選ぶと、ニーズに合った保険の提案を受けられ、契約後もサポートしてもらえます。

保険会社の種類や取り扱い数は?

取り扱っている保険会社の数は窓口によって異なり、80社以上の保険会社に対応しているところもあります。保険会社によっては、特定の保険商品のみを扱っていることもあります。希望する保険会社や保険種類が決まっている場合は、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

また相談員によって、取り扱う保険会社数や保険商品が異なる場合もあります。相談を申込む際、要望があれば伝えておくといいでしょう

相談員の経験値や知識は?

相談員がどんな人なのかも、チェックしておきたい点です。経験年数や顧客満足度などがウェブサイトで紹介されているので、参考にして選ぶといいでしょう。深い知識を持っているコンサルタントが在籍している窓口の他、ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持つ方に相談できる窓口もあります。

FPは保険に限らず、住宅ローンや年金、資産運用など、トータルな視点でアドバイスをしてくれます。

窓口のタイプは?

保険相談窓口には、来店型と訪問型があります。来店型はショッピングモールの中や商店街などにある店舗に出向いて相談するタイプで、訪問型は自宅や勤務先など指定した場所に相談員が来てくれるタイプですね。

保険の相談は、1回目は持ち帰って家族で話し合い、その後2回、3回と続くことも少なくありません。「何度も出向くのは面倒」「知らない人を自宅に招くのは不安がある」という人もいらっしゃるでしょう。両方に対応できる窓口や、電話相談・オンライン相談もできる窓口もあるので、相談を申し込む際は併せて確認しておきましょう。

来店タイプの無料保険相談ランキング

来店タイプのおすすめ無料保険相談を店舗数の多い順に紹介します。

日本最大級の保険相談窓口の検索・予約サイト:保険相談ニアエル

現在、1,500店舗が掲載されています。近所にある保険相談窓口を検索して、店舗ごとのサービスの特徴や違い確認した上で、簡単に予約できます。日本生命グループという安心感があります。

店舗数は全国に750以上!保険についてのすべてをお任せ:保険の窓口

生命保険と損害保険の40社以上を取り扱っています。保険ショップ数は754店舗です。相談料は何度でも無料で、FPなどの専門資格を持ったプロからアドバイスを受けられます。無料キッズコーナーや、女性スタッフが在籍している店舗もあります。

取り扱い保険会社数84社!来店・訪問どちらにも対応:保険市場 

取扱保険会社数は84社、コンサルティングプラザ・協力店が全国に633店あります。来店・訪問どちらも選べる上に、オンライン保険相談もできます。FPなどのプロから、アドバイスを受けられます。保険に申し込むと、国内外20万ヵ所の優待対象施設を利用できます。

幅広い保険商品から最適なプランを提案:保険見直し本舗

取扱保険会社は40社以上で、専属のコンサルティングアドバイザーのアドバイスで、豊富な商品から比較・検討ができます。保険ショップ数は312店舗あるうえに、訪問による保険見直し相談、オンライン相談・電話相談も行っています。

保険IQシステムがポイント:保険クリニック

取扱保険会社は40社、保険ショップ数は225店舗で、訪問による相談も無料。オンライン保険相談も行っています。独自に開発した「保険IQシステム」を利用し、専門のコンサルタントや各種試験や資格制度に合格した担当者が保険の見直しのサポートをしてくれます。

訪問タイプの無料保険相談ランキング

訪問タイプのおすすめ無料保険相談を取扱保険会社の多い順に紹介します。

国内最大級の訪問型代理店:保険見直しラボ 

取扱保険会社は32社、全国に70ヵ所の拠点があります。コンサルタントの平均経験年数は12.1年と長く、過度な営業行為などがあればイエローカード制度で担当者を変更してもらうことが可能です。保険相談とアンケートの回答でもれなくプレゼントがもらえます。

お客様一人ひとりに最適な保険商品を提供:ほけんのぜんぶ

取扱保険会社は32で、ファイナンシャル・プランナーの資格を持った相談員が訪問し、将来のライフプランに応じたアドバイスを受けられます。年間社員定着率の高い会社です。面談後のアンケートに答えると、もれなくプレゼントがもらえます。

無料でお金のプロを紹介:保険マンモス

FPが家計を診断してライフプラン全般から保険選びのアドバイスをしてくれます。平均22社の保険を扱っています。自分に合ったおすすめFPを選んで相談することもでき、相談後にはもれなくプレゼントがもらえます。

保険の相談はもちろんライフプランに関わるお金のことも相談できる:マネードクター

取扱保険会社は21社で、47都道府県に拠点を構えています。平均経験年数9.5年という経験豊富なFPが1,000人以上在籍しており、そのうち238名は生命保険と金融サービスの専門家による国際的組織であるMDRTの会員です。相談者の都合に合わせて来店と訪問、オンライン相談を選ぶことができます。

国内最大級の保険比較・相談サイト:保険コネクト

取扱保険会社は44社です。細かい審査基準で選ばれた経験5年以上のプランナーが多数在席し、しつこい営業行為は禁止され、相談者に合ったプランナーを紹介してもらえます。相談後には全員にプレゼントがあります。

どうしても悩んだら有料相談の利用もあり

もっとよく知りたい時には「有料相談」を活用するとよいでしょう。保険代理店で選べるところもありますが、主に有料相談を行っているのは、保険の販売をしていない独立系ファイナンシャル・プランナーです。

有料相談の場合は、保険の見直しだけではなく税金や社会保険、相続など、将来に向けて総合的で詳細なアドバイスを受けることができます。ファイナンシャル・プランナーは、FP協会のホームページで探すことが可能です。納得できる保険選びができるように保険の見直し相談を活用してください。

■保険選びの相談が何度でも無料!
>>保険見直し本舗はこちら

文・

所属・フィナンシャルプランナー
生命保険会社で営業職を経験し、AFP資格を取得。現在は、独立系ファイナンシャル・プランナーとして、執筆、相談、セミナーを通して活動しています。

【こちらの記事もおすすめ】
【FPが選ぶ】無料の保険相談窓口おすすめ5選
間違いだらけ!?アラフォー独身「おひとり様」の保険選び
知っておきたい保険見直しの「タイミング」
お金を増やす保険がある?2つのメリットと注意点
女性保険は必要?女性特有のリスクに備えた保険の選び方
PREV 生命保険は掛け捨てと貯蓄型どっちが良い?メリット・デメリットを比較
NEXT みんな医療保険いくら払ってる?相場の平均とおすすめの選び方

続きを読む






Feature