貯める&備える
2019/10/13

【FPが選ぶ】保険の見直し相談比較ランキング【2019年最新】

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
見近な人が病気やケガをして入院したと聞いたとき、自分の保険内容が心配になるのではないでしょうか。結婚、出産、マイホームの購入など、生活環境が変わるときも、保険の内容が自分に合っているか確認したいですよね。ムダな部分があれば、貯金に回すこともできます。でも、保険を見直したいけど自分で選ぶのはちょっと面倒なもの。そんなときに頼れる相談先をランキング形式で紹介します。

FPが考える保険の見直し相談の選び方

(写真=PIXTA)

保険の見直しを検討しているときに利用できるサービスはいろいろとあります。すでに見直す内容が決まっていれば、保険会社に電話で問い合わせたり、資料を送ってもらったりと自分で選ぶこともできるでしょう。メールやチャットで相談できるサービスもあります。

自分に合った保険選びのサポートをしてもらいながらじっくり検討したい人は、複数の保険会社から選ぶことができる保険代理店や、保険募集代理店の担当者と直接会う方法がおススメです。

保険の見直し相談には「無料相談」と「有料相談」があり、保険代理店により異なります。保険代理店は、相談者が保険契約を結ぶと保険会社から契約手数料を受け取ることになっているので、無料で相談を受けています。まずは「無料相談」を利用してみましょう。

また、相談場所によって、相談者が店舗に出向く「来店型」と、保険担当者が自宅や勤務先、ファミレスなど指定した場所に来てくれる「訪問型」があります。

近くに保険ショップがあるので出向いても構わない、遊び盛りの子供の対応を任せて相談に集中したい、などの希望がある人は「来店型」。近くに保険ショップがない、小さい子がいるので自宅に来てもらいたい、人目を気にせず相談したい、などの希望がある人は「訪問型」を選ぶと良いでしょう。両方から選べたり、インターネットを使って顔を見ながら相談できたりする保険代理店もあります。

大切なことは、相談者であるあなたの意向に沿った保険のプランを考えてくれるかどうかです。一度の相談で契約まで決めなくてもいいので、信頼できる担当者か、納得できるプランになっているか、しっかりと見極めましょう。

来店タイプの無料保険相談ランキング

(写真=PIXTA)

来店タイプのおすすめ無料保険相談を店舗数の多い順に紹介します。

保険の窓口

生命保険と損害保険の40社以上を取り扱っています。保険ショップ数は715店舗、窓口販売提携銀行は22行です。相談料は何度でも無料で受けられます。

保険見直し本舗

取扱保険会社は40社以上で、豊富な商品から比較・検討ができます。保険ショップ数は257店舗あるうえに、訪問による保険見直し相談も無料で行っています。

保険クリニック

取扱保険会社は40社、保険ショップ数は203店舗で、訪問による相談も無料で行っています。各種試験や資格制度に合格した担当者が保険の見直しのサポートをしてくれます。

みつばち保険

取扱保険会社は30社以上、保険ショップ数は80店舗あります。何度でも無料で相談できて、担当者と相性が合わなければ変更してもらうことも可能です。

ほけん百科

取扱保険会社は28社、保険ショップ数は74店舗あります。スタッフの多くが女性で店舗に入りやすく、女性特有の病歴や悩みも相談できます。

訪問タイプの無料保険相談ランキング

(写真=PIXTA)

訪問タイプのおすすめ無料保険相談を取扱保険会社の多い順に紹介します。

保険コネクト 

取扱保険会社は44社です。細かい審査基準で選ばれた経験5年以上のプランナーが在席し、相談者に合ったプランナーを紹介してもらえます。相談後には全員にプレゼントがあります。

保険見直しラボ 

取扱保険会社は31社です。コンサルタントの平均経験年数は12.1年と長いですが、過度な営業行為などがあればイエローカード制度で担当者を変更してもらうことが可能です。保険相談とアンケートの回答でもれなくプレゼントがもらえます。

保険マンモス

FPが家計を診断してライフプラン全般から保険選びのアドバイスをしてくれます。平均22社の保険を扱っています。自分に合ったおすすめFPを選んで相談することもでき、相談後にはもれなくプレゼントがもらえます。

保険のビュッフェ

取扱保険会社は21社で、平均経験年数9.5年という経験豊富なFPが1,000人以上在籍しており、希望を踏まえたライフプランを提案してくれます。相談者の都合によって来店と訪問のどちらでも選べます。

保険GATE

FPが保険と家計の両方の見直しをサポートしてくれます。取扱保険会社は、登録しているFPが所属している保険代理店によって異なります。

どうしても悩んだら有料相談の利用もあり

(写真=PIXTA)

もっとよく知りたい時には「有料相談」を活用するとよいでしょう。保険代理店で選べるところもありますが、主に有料相談を行っているのは、保険の販売をしていない独立系ファイナンシャル・プランナーです。

有料相談の場合は、保険の見直しだけではなく税金や社会保険、相続など、将来に向けて総合的で詳細なアドバイスを受けることができます。ファイナンシャル・プランナーは、FP協会のホームページで探すことが可能です。納得できる保険選びができるように保険の見直し相談を活用してください。

文・藤原洋子(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
苦しくない、続く「節約術」まとめ
40代シングル女性のリアル貯蓄と節約
一人暮らしから大家族までできる10の節約貯金術
節約して一人暮らしアラフォーライフを満喫するには?
効率よく100万貯める節約生活12ポイント
PREV 生命保険の死亡保険金は相続時にどのような扱いになるのか
NEXT 外貨預金を始めるタイミングはいつがおすすめ?

続きを読む

Feature