貯める&備える
2019/09/09

出産後に職場復帰。知っておきたい金銭面での注意ポイント

(写真=Dean Drobot/Shutterstock.com)
(写真=Dean Drobot/Shutterstock.com)
共働き夫婦の場合、妻の妊娠・出産は喜ばしいことである反面、お金の面で気になることがある人も多いのではないでしょうか。「なるべく早く職場復帰することで金銭面の不安も払しょくできる」かと思いきや、職場に復帰したことによって、子どもには保育費がかかるようになります。妻が職場復帰する際、子どもの保育費としていくら必要になるのか考えてみましょう。

出産後に妻が職場に復帰する……金銭面での注意ポイント

職場復帰するにあたり、最も費用がかかるのが保育費です。保育園の場合には、給食費なども必要になります。入園準備品にも、まとまった費用が必要です。

入園準備に必要なお金の用意

初めに、入園準備にかかる費用について調べてみましょう。保育園に入園する際には、着替えセット、紙オムツ、タオル数枚、登園用カバン、お昼寝用布団、散歩用の帽子、水筒、ミルクなどが必要になります。これらの準備費用として、3~5万円ほど用意しておくと安心です。

0歳で保育園に入所した場合の想定費用

保育料は、世帯の市町村民税の所得割課税額と自治体からの認定区分によって金額が決められています。認定区分には1号認定、2号認定、3号認定があります。1号認定は3歳以上で保育を必要とする事由に該当しない子ども、2号は3歳以上で保育を必要とする事由に該当する子ども、3号は0歳~2歳で保育を必要とする事由に該当する子どもです。

子どもが0歳で職場復帰をする場合、認定区分は3号にあたります。例えば、東京都小平市に住む世帯の市町村民税の所得割課税額が9万7,000 円以上10万7,000 円未満で、保育時間が最長8時間だった場合、毎月かかる保育費は1万7,200 円となります。

このほか、保育園によってはPTA会費や父母会費、保育園のバスで通園する場合にはバスの費用もかかります。上記の場合には、毎月のオムツ代も考えると、毎月2~3万円ほど必要と考えておくとよいでしょう。
1 2
Page 1 of 2
PREV 子どもや主婦なら知っておきたい遺族年金のこと
NEXT 50代で子育て一服「高年収だけど蓄えゼロ」

続きを読む

Feature