貯める&備える
2019/08/16

銀行口座を複数持つとお金が貯まる。最低限必要な3つの口座

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
皆さんは銀行口座をいくつ持っているでしょうか。今はほとんどの人が給与を銀行振込で受け取っているので、最低1つは持っているはずですが、その給与振込口座で生活費や貯蓄、支払いなどをすべて管理している人も多いのではないでしょうか。口座を1つに絞るか複数持つかは悩ましいところですが、貯金をするなら複数持つ方が断然有利です。今回は貯金のために必要な3つの口座をご紹介します。

給与や支払いの基本となるメイン口座

(写真=PIXTA)

メイン口座は生活の基本

メイン口座は収入と支出の中心となる口座です。会社員の方であれば給与の振込口座をメイン口座として使っている人がほとんどでしょう。生活費の引出しはもちろん、公共料金、クレジットカードの引き落とし、また他の口座への振込など、もっとも使用頻度が高い口座になります。

メイン口座はこうやって選ぼう

メイン口座は給与の振込口座になるので、会社から指定され、自分で選べないこともあります。しかし、自由に選べるならば使用頻度が高いことを考え、利便性を一番に考えましょう。自宅や会社の近くに支店があると手続きなどに便利ですし、ATMの利用や他行への振込の機会が多くなるので、手数料もよく比較して選びたいところです。